忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4699] [4698] [4697] [4696] [4695] [4694] [4693] [4692] [4691] [4690] [4689]

「コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜THE LAST SONG」 5→6

 評点どうしようか随分悩んでたんだけど、最終回を観たらそりゃ加点で文句無いでしょう。シナリオは存外無難にまとまったし(まぁ、どう考えても詰め込みすぎだが)、何よりも映像部分での気合いの入り方が尋常じゃなかった。やりたいことを全部やって嵐のように去っていった作品である。

 本当にとっ散らかった作品だった。1期の頃から「昭和レトロ」に「人ならざるもの」というテーマを掲げ、そこから「正義とはなにか」という定番の議論を展開。正直そのあたりの善悪の議論については簡単に答えが出るような問題でもないし、そこに決着を付けようと思って作ってる作品ではない。あくまでもジローというキャラクターを中心に置いて善悪の葛藤を描くことで、そこに関わる「超人」という雑多過ぎるカオス・カテゴリを全て問題の渦の中にぶち込んでしまおうという目的のためのお膳立てだ。極論すれば、超人たちが関わってくれば、それが正義だろうが悪だろうがどうでもよくて、「他とは違う」ことさえ描かれていればいいのである。

 2期に入ったらもっとこの超人の是非を巡る「縦糸」部分に収斂していくのかと思っていたのだが、存外、「とっ散らかり」方は1期と変わらないレベルだった。各話完結で新たな超人が登場し、1つ1つについてオムニバスのように小話を刺し込んでいく。その顛末を観て、ジローたちがひとしきり悩むという構図だ。もちろん、終盤の数話はそうした蓄積を全て引っくるめて、一気に吐き出すことで今作の売りである「カオス」が加速することになる。多分、このアニメで一番楽しむべきはその画面のぐちゃぐちゃとした猥雑さだろう。映像のテイストに至るまで、全て個々の超人に合わせたデザインがなされており、「異質なものが異質なものとぶつかり合っている」という違和感を楽しむことが出来る。どうしたって「ごみごみしていて観づらい」という意見も出てきてしまうだろうが、せっかくのオリジナルアニメなのだし、このくらい「このアニメでなきゃ出来ない」映像表現をガンガン垂れ流してもらう方が存在意義はあるはずだ。普通、「ならでは」という映像表現ならばシリーズを通して一貫するものだが、今作はそれすらも数多の存在を清濁併せ呑み、ごった煮過ぎる印象をオリジナルの武器にしたのが面白いところだ。

 正直、「昭和レトロ」の部分については取り扱いが難しい部分だったと思う。私も含め、深夜アニメの視聴者層って、あんまり昭和テイストが響かない人間が多くなってるとは思うんだよね。「ヒーロー」「超人」というあり得ないもの、荒唐無稽なものを語る上で「昭和」っていう舞台が最適だし、そのノスタルジックな感じをさらに作品のオリジナルな味にまで昇華して活用しようっていう狙いは分かるのだが、クドくなってしまうと余計な匂いがついてしまうことも。曲選びの段階で昭和歌謡を持ってくるくらいなら素敵なのだが、それ以外の小ネタなんかでちらちらと不可解な台詞を挟まれても分からなかったりするしなぁ。

 ただ、こうした「昭和」テイストってのが最終的に「ベタだけどアツい王道展開」に結びついて、「未来を見据えて燃えつきたジロー達にとって、我々の生きる平成の世が、超人達の魂を受け継いだ未来そのものなのだ」っていう展開はとても良い。お化け、地底人、宇宙人に悪魔。今の世の中では「いることすら許されない」存在も、過去のどこかの時点では、ひょっとしたら有り得べき「今」の可能性になっているってのは、とても夢のあるお話ですよね。脚本の會川昇も当然「おっさん」ですんで、そういう懐古と革新の狭間を見つめながら、なにか愉快なお祭り騒ぎを残したかったんでしょう。全部が全部理解出来たわけではないんだけど(下手したら半分も理解出来てないんだろうけど)、少なくとも映像を見ていれば楽しかったわけで、これはこれで、意味のある試みだったんじゃないかと。こういう自分勝手な(?!)アニメオリジナル、もっと増えてくれると嬉しいんだけどなぁ。

 中の人については、最終話まで来ると本当に笑美さんが良いキャラに仕上がったなぁ、っていうのが印象的だったので、豊崎愛生が殊勲賞です。笑美さんはなかなか真意を見せなかったので1期時点では感情が追いにくかったけど、2期目に入ってからはお姉さんぶってる割には案外直情的なところもあって、素直に未熟な星の子との対比が面白かった。あとは名バイプレイヤーとして作品全体を管理・統括してくれた風朗太、そして中の人である中村繪里子。今作が破綻しそうでしないギリギリのところを走り切れたのは、風朗太の働きが大きかったと思うんだよね。あと、単純に可愛い。

 このエンディングだと流石に続編は無理だろうけど、スピンオフ的な作品展開はいくらでも出来るワンダーランドなわけだし、今後新しい展開があったら嬉しいんだけどなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター