忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4917] [4916] [4915] [4914] [4913] [4912] [4911] [4910] [4909] [4908] [4907]

SERVAMP -サーヴァンプ-」 5→4

 まぁ、「向き」じゃない作品でしたかね。どうにも今後のアニメ業界は女性向けのアニメの割合が多くなっていくようなので、その中から、男性視聴者にも楽しく観られるアニメを上手いこと選別していきたいところですが。

 アニメとしてのクオリティは決して低いものではなかった。今作最大の特徴は、バトルものなんだけどそのバトルの様式の訳が分からないところで、突然ピアノを引っ張り出してきて戦うやつとか、色々と埒外の攻撃イメージが多かった。そうした「化け物たちの戦い」について、なるべく安易にならないよう、不可解に見えるように描こうという部分はアニメとしても面白いところで、お耽美なイメージも加味すれば、割と原作ファンの女性には嬉しいアニメ化だったんじゃないかという気もする。何よりもキャストがキャストなので、単に動いてしゃべってくれれば満足、っていう層も一定数いるだろうしね。

 ただ、そんな中で難点をあげるなら、実は同じく「不可解なバトル展開」部分に帰因する気がするのも難しいところ。端的に言えば、バトルの勝敗がわからんのよ。最終回なんてその最たるもので、終わったのか終わってないのかもよく分からないふわっとした処理で非常にもやもやする。せっかく「いかにもラストバトルッ」って感じのセッティングになっていたのに、そこからの大々的なカタルシスが無いというのはやはり不満点。まぁ、原作は終わってないのだろうし、アニメだけで綺麗に落とせないのはしょうがないところなんだろうけども。最終決戦以外でも、誰がどういう戦い方をして、何が理由で勝ったり負けたりするのかが分かりにくいっていうのは見ていてすっきりしないところで、ただでさえ登場人物が多いところに強弱の概念もうやむやでは、なかなか認識出来ない。まぁ、「よりオサレな方が上を行く」「何となく雰囲気で大技っぽいものが出る」なんてのは「聖闘士星矢」にしろ「BLEACH」にしろジャンプ漫画の王道路線でもあるのだろうが。どうしても男の子脳には「バトルをもっとハッキリ描いて欲しい」という欲求が先に来た。

 結局、そういう部分ってのは「向きじゃない」っていう話なんだと思う。別にメインターゲットの女性層は「手に汗握るバトル」が見たいわけじゃないだろうし。私としても野郎共が組んずほぐれつの群像劇が観たいわけでなし。これでもうちょっと女の子が出てきてくれれば視聴モチベーションもあがったのだろうけども……ショウガナイネ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター