忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4922] [4921] [4920] [4919] [4918] [4917] [4916] [4915] [4914] [4913] [4912]

「スカーレットライダーゼクス」 4→3

 当落線上ギリギリにいた作品。何のラインかというと「観るのを断念するかどうか」である。今期は放送本数が多かったことで、ついに視聴を断念する作品もいくつか出始めた。せっかくなのでここに記録しておくと、夕方アニメなので流石にモチベーションが付いていかなかった「パズドラクロス」と、もうシナリオが全然分からなかった上に放送時間の関係で録画に労力がかかりすぎた「D.Grey-man」の2本だ。逆に言うと、それ以外の作品は一応全部(横目の場合もあるが)目を通している。そして、今作はこの2作に続いて「もういい加減録画しなくていいのでは」と思った作品だったのだ。

 先に、じゃぁなんで最後まで観たのか、っていう部分を書いておくと、終盤の世界大回転の顛末が気になったからである。もっと具体的に言えば「あけこのキャラ(あいかわらず名前覚えてない)の正体と、結末が気になった」である。なんかよく分からない多重世界設定になり、さらに記憶の移植やらキーパーツのコピーやらと、「おっ、割とエグい設定ぶっ込んできたな」っていう部分があったので、ギリギリ脱落を逃れ、オチを見届けるに到った。

 しかしまぁ、オチも何もな……訳分からんかったな。とりあえず「宮野がおかしくなるアニメ」フォルダに新しい作品が1つ増えた、っていうだけでも覚えておこうか。まー、元々「そっち向け」感が強かった作品なのだから私に合わなくてもしょうがないのだが、本作の場合はあらゆる面に絶妙なダサさとやる気の無さが見え隠れしたのが最大のハードル。変身ヒーロー(?)ものなのに変身後が抜群にダサく、バトルシーンも非常にもっさりしていてさわやかさの対極にある。キャラの造形も(女の子は決して悪くないのだが)全体的に学園ハンサム寄りなのでギャグにしかみえないし。各人についてるスタンドみたいなやつも、その内ちゃんと説明されるんだろうと思ってたら大したフォローもなく「ただなんとなくそこにいるだけ」でストーリーを膨らませる役割を果たさず、画面がごちゃごちゃする原因になっただけ。バディものの要素があるはずなのに、何で人間どうしの絡みばかりをクローズアップしてあの変な連中を有効利用しなかったのだろう。バンドものとしての側面もあるはずなのに、作中では「弾くぜぇ、超楽器弾くぜぇ」と言うばかりでライブシーンや演奏シーンを見せる気配もない。一体何が売りで、どんな客にサービスしようとしているのか、全く分からずに明後日の方向へと消えていった作品である。

 まぁ、最期まで見届けられたのはある意味幸せだったかもしれないのだが、結局あけこのキャラは浮かばれないまま死んでいったのはやるせない気持ちでいっぱいです。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター