忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5106] [5105] [5104] [5103] [5102] [5101] [5100] [5099] [5098] [5097] [5096]

「魔法少女育成計画」 6→7

 楽しかったです。なんだろね、女の子が殺される姿を見てワクワクするタイプの人種だと思われたらマズいが……別に女の子じゃなくてもいいんですよ。基本的に好きなんだよね、デスゲーム設定。最近ちょくちょくいくようになった漫画喫茶でもデスゲームに限らずなんか胡散臭いゲームで命のやりとりをする漫画ばっかり読んでます。最近ホントにおっそろしくたくさん湧いてるのでね。

 今作はデスゲームの中でも「殺し合う魔法少女」という殺伐感が愉快な一品。ぶっちゃけ「魔法少女もの」という認識は相当序盤でなくなってしまうので「特殊能力デスゲームもの」でしか無いのだけど、一応魔法少女の仮面を被っているそのギャップがまず楽しい。殺伐系魔法少女の草分け的存在であり、金字塔となった「まどマギ」と比べても「魔法少女」としてのデザイン性やファンシー感では見劣りしていないだろう。差があるのはキャラ1人1人の掘り下げの度合いで、今作のどのキャラを見ても、さやかやほむらの足元にも及ぶまい。しかし、今作の場合はそうした「掘り下げ」は必要最低限に留められているのだからしょうがない。あくまで描きたい物が違うだけであって、そこに優劣を定めるのはナンセンスである。何しろあちらは1クールで3人が死んだ(or魔女化した)だけだが、こちらはなんと1クールで16人の殺し合い。流石に同じペースで1人1人の顔を見ていくわけにはいくまい。

 普通に考えれば1クールで16人は無茶である。しかし、今作は最低限の描写でギリギリそれを可能にしている。具体的にどうやってこの尺の問題をクリアしたかといえば、上手いことテンプレを活用して説明を簡略化させたのだ。デスゲームものがこれだけ定着したからこそ可能な芸当だが、「視聴者の方だって大体わかってんでしょ」って部分はザクザク省略し、みせたい部分だけをクローズアップして全編をクライマックスに仕上げているのだ。例えばシスターナナとウィンタープリズンの物語なんて、掘り下げようと思えばもっといくらでも尺を費やして面白い百合関係を描けただろうが、あくまであそこはシスターナナの善意(独善ともいう)が無残に踏みにじられる部分が描きたかったわけで、WPの最期も、シスターの失意も、少ないカットだけで大体こちらは理解出来る。そうして紡がれた「コロシアイ魔法少女もの」は、決して新奇なアイディアが見られたわけではないのだが、求められた殺伐要素をテンポ良く処理し、悲しんだり、惜しんだり、悔しがったり、嘲笑ったりと、色々な感情を1クールでギュギュッとみせてくれた。実際、あれだけの尺でなんとなーく描かれただけなのに、トップスピードの死はちゃんと悲しくなったし、カラミティメアリの死は爽快感があったのだ。シナリオの組み方、シリーズの構成の仕方は、ほぼベストだったと見ていいのではなかろうか。

 あとはまぁ、どれだけギャップを引き立たせる画が作れるかだ。橋本監督は見事に「かわいいキャラ」の扱いを心得ており、最後まで徹底して「可愛らしい少女の生き残り」という、どこか現実感に欠けるファンシーなデザインを守り抜いた。その上で容赦無く残酷な部分も描くことで魅力は増していく。適当な作画、演出ではここまでの背徳的な満足感は得られなかっただろう。最後の1話までしっかりとキャラ画を維持して走り抜けたラルケスタッフの頑張りもありがたい。この作品、まだまだ姉妹品は多いみたいだし、是非とも続編を期待したいところですね。

 中の人については、毎回色んな方向から楽しませてくれたのでどのキャラも完璧でした。捨てキャラが1つもないってのは素晴らしいところだが、やっぱり推しでいうと1人目はルーラ。あのキャラ、あのこけおどしじみた威厳があったからこそスイムスイムが成立したことを考えると、やっぱり日笠陽子の持つバイタリティって素晴らしい。厄介なボスキャラ級を井上喜久子・緒方恵美というベテラン2人に任せたキャスティングも絶妙で、特にクラムベリーは緒方キャラの中でも屈指の胡散臭さが絶妙にキャラの不気味さをかき立ててくれた。本当に恵まれた作品である。まぁ、当然一番はトップスピードの中の人なんですけどね! 突き抜けた良い人感。昔やんちゃしてたのも笑ってすまされる勢い。ギャル系声優と言われた内山夕実も、今となっちゃすっかり業界の一枚看板ですよ。沼倉愛美とのタカオ・キリクマコンビ、またどこかでお目にかかりたいもんです。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター