忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5348] [5347] [5346] [5345] [5344] [5343] [5342] [5341] [5340] [5339] [5338]

 

Angel of Sanctions (3)(W)(W) M

クリーチャー・天使

3/4 飛行 不朽(5)(W)

〜が戦場に出たとき、対象の、対戦相手のコントロールする土地でないパーマネントを、〜が戦場を離れるまで追放する。

 この世界の神話天使。出で立ちも何となくエジプトっぽさが出ているので、おそらく彼らもアモンケットの生活に溶け込んだ存在なのだろう。しかし、遠目で見る限りではなんだかマッチョなマンに見えるのだが……天使に性別は無いとは言っても、こんなに男らしい天使って過去にいたかねぇ。まぁ、その腕っぷしの強さは能力にも表れており、能力は「払拭の光(JOU)」である。汎用性の高い万能除去に、5マナというギリギリ現実感のあるコスト設定、そして3/4という最低限のステータス。「払拭の光」が3マナだったことを考えれば、2マナの追加で3/4フライヤーもついてくるのは悪くない相談。そして、ブロックギミックとしての不朽までついているおかげで天使は二度死ぬのである。ここまで来ればそこそこ神話っぽさは出ているか。とはいえ、神話天使の歴史の中では割と地味な方。普通に考えると「大天使アヴァシン」の代わりになるとは思われないのでしばらくは出番がないんじゃなかろうか。まぁ、アヴァシンとこいつでは求められる仕事が違い過ぎるから何とも言えないけどね。アヴァシンが入らないデッキ=そこまで攻めないデッキだろうから、除去とフィニッシャーを兼ねられるようなじっくり固めるコントロール系で検討されるかねぇ。あ、リミテなら(略)

 

Approach of the Second Sun (6)(W) R

ソーサリー

〜があなたの手札から唱えられており、さらにあなたがこのゲームで〜という名前の呪文を他に唱えていたなら、あなたはゲームに勝利する。そうでないなら、あなたは7点のライフを得て、〜をあなたのライブラリの上から7番目に置く。

 まーた変なカード作る。最初にテキストを読んだ直後には「え? こんな簡単に勝っていいの?!」って思ったんだが、冷静に考えると簡単ではないな。勝利条件が「手札からのキャスト」なので、「霊気地の驚異」は使えないんだな。ただし、実はちょっとだけならごまかせる部分もある。構築でこの勝利法を目指すならデッキにフル投入して2枚を連続して唱えることになるだろうが、実はこれ、1枚目のキャストは手札からじゃなくてもいいんだよね。別に「霊気池」にこだわる必要も無いかもしれないが、「霊気池」で1枚目をとなえ、2枚目を手札から正規の方法で唱えれば勝てる。ただ、その場合にはこの呪文を大量に投入して手札でダブつく危険性と常に付き合っていかなければいけないし、「霊気池だったらウラモグでいいのでは」みたいな現実感とも戦わなきゃいけないのだが。でもなんだろ、割と夢がある気がするんだよな。何か抜け道がありそうというか、たまたま条件が揃っちゃうイージーウィンが割とありそうというか。もう、めんどくせぇから「全知(M13)」使おうぜ! デッキのマナ勘定はどうなっちまうかな!

 

Glory-Bound Initiate 栄光半ばの修練者 (1)(W) R

クリーチャー・人間、戦士

3/1

督励 - 〜はターン終了時まで+1/+3の修正を受けるとともに絆魂を得る。

 志半ばっていうけどさぁ、2ターンに1回しか本気で殴りに行かないようなやつの志なんてたかが知れてるよな。なんで体調管理にそんなに気を配るんだよ。さっさと仕事しろよ。でもまぁ、2マナで4/4絆魂が本気なのだとしたら重役出勤もやむなしか。コストを考えればワンパン入れただけでも元が取れる可能性すらあるわけで、後は野となれ山となれ。次の週末もパーリナイだ。もちろん、相手にブロッカーがいないなら2マナ3/1という普通に前のめりな身体を活かして突っ込む役割も担当できる。偉そうにふんぞり返っているだけの能なしではないのだ。しいて弱点を上げるなら、ほとんどのタイミングはタフネス1の貧弱さを誇ること。特にこの世界には−1/−1カウンターという天敵がいるでの、のんきに構えて「まぁ、今回は督励いらないっすわ」とかいうとあっさり殺される可能性も。まぁ、インスタント除去があったら督励しようがすまいが死ぬんだけどさ。目指せワンパン。

 

Regal Caracal 威厳あるカラカル (3)(W)(W) R

クリーチャー・猫

3/3

あなたのコントロールする他の猫・クリーチャーは+1/+1の修正を受けるとともに絆魂を得る。

〜が戦場に出たとき、1/1で絆魂を持つ白の猫・クリーチャー・トークンを2体戦場に出す。

 Magic業界を揺るがす、史上最大のロードが登場。何が最大って、そりゃファン層に決まってるじゃないですか。世界にはゴブリン好きは沢山いるし、天使好き、ドラゴン好き、ひょっとしたらウーズ好きや執政官好きなんてマニアックな人間もいるかもしれず、多くの種族がロードの登場を待ちわびている。しかし、誰が何と言おうと世界で最も愛される動物は猫だ。つまり、もっとも愛されているクリーチャータイプは猫なのだ。その猫を強化出来る史上初のロードなのだ!! うん? 「黄金の若人ラクシャ(5DN)」がいたって? あんなもん、猫のロードじゃなくてレオニンのロードだろ。僕が求めてるのはムサくるしい亜人じゃないの! 純粋な猫なの! さぁ! これでさっそく猫デッキを組むんだ。5マナと随分重くなってしまったが、他の猫を大きくする純正ロード能力に、なんと子猫を引き連れてくるという阿漕なチャームポイントまで。トータルのステータスは3+2+2になるので充分だし、ロードが生きようが死のうがトークンの絆魂だけは残る。まぁ、つまりは「訓練されたカラカル(RTR)」なんだけどな。子カラカルが各々1マナ換算だと、ロード本体は3マナ3/3だぞ。すげぇ! さっそく現行スタンダードで使える猫をピックアップしようぜ! →「たかり猫猿」 →「狡猾な猫猿」 ……違う、俺が夢見た猫デッキはこんなんじゃない……。「黒猫(M15)」は絶対いれるからな。あと「無害な申し出(EMN)」も忘れずに。なんて可愛らしいお顔だこと!

 

Supply Caravan (4)(W) C

クリーチャー・ラクダ

3/5

〜が戦場に出たとき、あなたがタップ状態のクリーチャーをコントロールしているなら、1/1で警戒を持つ、白の戦士・クリーチャー・トークンを1体生成する。

 史上最大のラクダ。「着飾ったラクダ(KLD)」の時にも触れたのだが、過去にラクダクリーチャーというものはほとんどおらず、0/1の「Camel(ARN)」、1/5の「ドローマッドの純血種(RAV)」、そして0/4の「着飾ったラクダ」で3種類目。歴代オールスター総出演でもパワーの合計値が1というとんでもない種族だったのだ。しかし、ここに来てそんなラクダ博愛伝説は脆くも崩れ去る。3/5というシュートなボディに、更にトークンのおまけ付き。単純な勘定なら4/6相当である。流石エジプト次元。ラクダの質も段違いだ。実際、白の5マナ枠は3/5のバニラでお茶を濁されるというマストドンの呪いみたいなものがあったのだが、今回はそこにちょっとした気遣いが見えたのだ。それだけでも満足しようじゃないか。フレーバーを加味すると「タップ状態のクリーチャー」って「倒れてた旅人」みたいなものを表してるんでしょうかね。もし困ってる人がいれば、ラクダがサポートの戦士を連れてきてくれるのだ。ラクダ優しい。よだれを顔に塗って日焼け止めにしよう。え、ならないの? まぁ、いいじゃん。

 

Winged Shepherd (5)(W) C

クリーチャー・天使

3/3 飛行 警戒 サイクリング(W)

 天使だって容赦無くサイクリングしちゃう次元、それがアモンケット。高コストクリーチャー+サイクリングというのはもちろんお馴染みの設計で、そこそこのクリーチャーをデッキに確保しつつ、重たいカードばかりで辟易するという事故を回避してくれる優しさ溢れる1枚。過去には4/4飛行がサイクリング出来る「逃げ出したプライモック(LGN)」や同じ6マナで島サイクリングになる「海辺のレインジャー(SCG)」なんかがリミテッドでもちょいちょい見かけたカードである。今回は天使ということで警戒持ちになっている。ただ、やはり汎用性を優先した結果6マナのカードとしてはいささか地味。そこそこ「セラの天使」っぽさを出しつつ、決してその高みに到達出来ないあたり、これがコモンの限界だろう。ちなみに、気高さの象徴である天使がコモンになるという事例は普通の次元ではなかなか見られない現象で、最近では(といってもだいぶ前だが)天使が溢れていた「アヴァシンの帰還」に数体のコモン天使が居た程度である。アモンケットだと天使の地位は低いのかもしれない。まぁ、あいつが元首だからな。

 

Curator of Mysteries 秘宝の管理者 (2)(U)(U) R

クリーチャー・スフィンクス

4/4 飛行 サイクリング(U)

あなたが手札を1枚サイクリングするか捨てるたび、占術1を行う。

 しれっと4マナ4/4フライヤーを実現させているレアスフィンクス。青のレア枠もスフィンクスを置くことに随分慣れてきたが、考えてみたらアモンケット以上にスフィンクスが似合う環境ってないよな。まぁ、むしろ生きてるスフィンクスが闊歩してる様子は違和感すらあるんだが。とりあえず4マナで4/4フライヤーなので超強い。サイクリングがついてる気もするけど、相手が「過酷な精査」とか「精神背信」でも使わない限りは起動しないので気にするな。そして、青黒のテーマであるサイクリング支援で他のカードにも強くエールを送る。サイクリングの場合、手札を捨ててマナを払って能力を起動した時点でこの占術が誘発するので、サイクリングで引くカードを選別出来るようになるのだ。そりゃ何ともありがたい。まぁ、こいつが生き残って機能してるようなら、サイクリングなんて大して使わずともビート出来る気もするけど。今の環境だと「なんか変な名前の飛行船に激突死」っていうオチが一番多い気がするけども。

 

New Perspectives (5)(U) R

エンチャント

〜が戦場に出たとき、カードを3枚引く。

あなたが手札が7枚以上である限り、あなたはサイクリングコストの代わりに(0)を支払っても良い。

 これまた色々とドリームを刺激してくれるナイスカード。とりあえず3枚引けるから黙って使え、という説得力が分かりやすい。まぁ、6マナソーサリーでの3ドローは青だとそこまで効率が良いわけではないので、このカードを投入するかどうかは下の効果がどれくらい活きてくるかにかかっている。手札が7枚を超えればサイクリングが全品無料。うーむ、すごいんだかすごくないんだか分からないボーナス。3枚引けるとはいえ条件達成は容易ではないし、達成したとして、サイクリングをひたすら繰り返すことに何の意味があるやら。意味を見出すとしたら、まず1つ目は「墓地が増やしたい」という動機があるかもしれない。サイクリングクリーチャーを墓地に送り、「死せる生(TSP)」で一気に釣り上げるデッキはモダンに根強く存在している。似たような効果を狙うリアニデッキは、どこか別の時代にも存在出来るかもしれない。そしてもう1つの理由は、サイクリングそのものを目的とした場合。今回はサイクリングによって恩恵を受けるカードが何枚か用意されており、それらがこのカードによってフル回転し始めればゲームに勝つプランも出てくるかもしれない。かつては「波動機(USG)」が時代を席巻したこともあったのだから、このカードだって、ひょっとしたら何か。……6マナかぁ。

 

Cruel Reality 残酷な現実 (5)(B)(B) M

エンチャント・オーラ、呪い

エンチャント(プレイヤー)

エンチャントされたプレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーはクリーチャーかプレインズウォーカーを1体生け贄に捧げる。それが出来ない場合、そのプレイヤーは5点のライフを失う。

 突然の呪い!!(効果線省略) 呪いといえばイニストラードブロックに固有のエンチャント・サブタイプだったが、こんなところにぽつんと1枚。ちなみにカード名に「呪い/Curse」という言葉が入っていない呪いカードは史上初である。おそらくこれは呪いがサブテーマとして導入されたわけではなく、フレーバーを優先した結果の名付けだろう。統率者デッキなんかでもぽつぽつ呪いカードは増えており、少しずつ呪いファン(がいるとすればだけど)を満足させられるように、新たなカードを印刷しているのだと思われる。こうして少しずつ「不幸の呪い(DKA)」の強さは上がっているわけですよ。さておき、この世界では呪い云々は関係無しに単体での評価となる。効果は非常に大きく、あのオブ・ニクシリスの恨みが籠もった「無情な処罰(OGW)」と同等の効果を毎ターンたたき込み始める。クリーチャーがいない状態なら4ターンで死が確定するわけで、まさに呪いというに相応しい効果だ。……まぁ、7マナだからね……7マナもかかってプレイした割に、効果としては毎ターンクリーチャーが減っていくだけってのはそこまで魅力的なもんではない。他のクリーチャーを全部根こそぎ出来るくらいに除去全力投入したデッキが、これ1枚で相手のライフを削りきるくらいの気概があれば別だが、普通はもっと効率の良いカードがあるだろう。他の環境で呪いデッキが組みたい人のファンカードとしてはそれなりに。神話かぁ。

 

Liliana, Death’s Majesty 死の権威、リリアナ (3)(B)(B) M

プレインズウォーカー・リリアナ

<+1>: 2/2で黒の、ゾンビ・クリーチャー・トークンを1体生成する。あなたのライブラリを上から2枚墓地に置く。

<-3>: 対象の、あなたの墓地に歩くリーチャー・カードを戦場に戻す。それは、本来のタイプと色に加えて、黒のゾンビでもある。

<-7>: 全てのゾンビでないクリーチャーを破壊する。

【5】

 新リリアナさんもお目見えだ。登場するたびに多方面に迷惑をかけるギデオンと違って、リリアナさんのカード化は空気を読んでほどよい場合が多い。ヴェールを使ったときはちょっとはっちゃけたが、その他のリリアナさんは「そこそこ構築で活躍」くらいのバランスを保ってくれる良い人なのだ(「リミテですらしんどい」とかいう1枚は置いとくとして)。さて、今回はどんな素敵な技を見せてくれるのだろう。

 5マナという設定はそこそこのハードル。このコスト域まで行くと、それなりにゲームを決める能力が無いとデッキインされにくくなる。そうしてみると、プラス能力のトークン生成はやや抑えめか。同じコスト域の「原初の狩人、ガラク(M13)」に劣っているのはちょっと気になるが、でもまぁ、墓地を肥やしながらという小技も効いているし、あんな脳筋馬鹿と比べる意味も無いか。初期忠誠度がそこそこあるので、プラス能力はとりあえず身を守れるというだけでもOKだろう。小マイナスは「ゾンビ化」。デザイン面を考えるとプラス能力でガンガン落としたカードをこいつで拾い上げるのが理想なのだろうが、そのためのコストとして3はやや辛い。どうせなら最初から墓地を肥やすタイプのリアニデッキを組んで釣り竿の1つとして使う方が正しいのかもしれない。プラス能力で時間を稼ぎ、少しずつアドバンテージが取れそうな大物を釣り上げていくムーブが理想的な展開だろう。となると速いデッキは難しいので、やはりじっくり腰を据えたコントロール、しかもクリーチャーがそれなりの数入ってるデッキとなると、おそらく「イシュカナ」あたりが入っている昂揚タイプのミドルレンジが相応しい居場所になるんだろう。現環境だとちょっと厳しいか? でもまぁ、やってやれないこともない。序盤に「最後の望み、リリアナ」を出して墓地サポートしてもらうなんてのも面白かも。大マイナスも一応他の能力と組み合わせることが想定されているが、普通の奥義と違って「使ったら勝ち」でないのは厳しいし、下手したら相手にも効かない可能性すらあるっていう。奥義を目指すムーブよりも、やはり何度も使えるリアニ役として、釣り名人を狙うべきカードだろうな。ウラモグ釣り上げてニッサにキレられるリリアナ。バラルを釣り上げてチャンドラにキレられるリリアナ。このおばちゃんならやりかねないから怖い。

 

Battlefield Scavenger 戦場のゴミあさり (1)(R) U

クリーチャー・ジャッカル、ならず者

2/2

あなたは、〜が攻撃するたびにこれを督励しても良い。

あなたがクリーチャーを督励するたび、手札を1枚捨てても良い。そうしたなら、カードを1枚引く。

 なかなか面白いデザイン。当ブログでは文字数削減のために勝手に督励のフォーマットを省略していたのだが、こいつだけはそのフォーマットで書けないという悩ましいクリーチャーだったのでテキストは割とそのままになっている。「クリーチャーを督励する」というのはキーワード能力となった督励に定義された効果であり、これを行うことで、こいつの誘発型能力が誘発するという2段構えの能力。これにより、自身だけでなく他のクリーチャーの督励でもルーター能力が起動出来るようになった。何故こいつだけがこんな特権的な能力になったのかは謎だが、とにかく大幅に強化されることになったわけだ。こいつ自身は2マナ2/2と普通のステータスなので、あんまり督励をトリガーすることは出来ない。督励デッキに組み込んで周りのお友達に頑張ってもらい、こいつは脇でのんびり見ているのが主な仕事になるだろう。そう考えると、単体では活用しにくいからそこまで使いやすくもないのかね。督励が多いのは白、赤、緑。手札を捨てた時の誘発能力が多いのが黒、青。うーん。

 

Hazoret’s Favor ハゾレドの指名 (2)(R) R

エンチャント

あなたのターンの戦闘開始時に、対象の、あなたのコントロールするクリーチャーがターン終了時まで+2/+0の修正を受け、速攻を得ることを選んでも良い。そうしたなら、次の終了ステップの開始時にそれを生け贄に捧げる。

 刹那を生きる激情の神、ハゾレドさんからの直々のご指名。召集令状には一言「心臓を捧げよ」とだけ書かれているとかいないとか(いないです)。毎ターン任意の1体を強化して突っ込ませることができるが、選ばれた方は肉体の限界を超えているために代償として命を失う。この特攻精神は「殉教の鐘(CHK)」とほぼ同じニュアンスで、いつの時代も神にご指名されるとろくでもない結果になるということがよく分かる。ハゾレドさんの特徴は速攻を与えてくれるところで、例えばそのターンに生成した適当なトークンなんかでもあっさりと決戦兵器に変えることが出来るのは注目点。単なる戦士トークンなら数合わせでも、3/1速攻「火花の精霊(10ED)」が手軽に出てくる世界になればだいぶ殺伐としてくるはずだ。わざわざエンチャントを設置してまでして狙う効果なのだから、しっかりハマる構築を狙いたいところ。不朽なんかでトークン多めの白、トランプル多めの緑あたりとの組み合わせで一億総火の玉な勝利を目指そう。

 

Magma Spray/マグマのしぶき(JOU)」 C

 「ニクスへの旅」に続いて2度目の再録。今回は不朽クリーチャーという明らかにターゲットにしているカード層が分かりやすく、以前よりもその恩恵を感じやすいんじゃなかろうか。そして何と言っても構築での働き。これがあればお手軽に「屑鉄場のたかり屋」をシャットアウト出来るのだ。まぁ、本体も狙える「傷痍流」とどちらを優先するかは難しいところだが、今後の世界では常に検討に値する1枚だろう。

 

Nimble-Blade Khenra (1)(R) C

クリーチャー・ジャッカル、戦士

1/3 果敢

 みたことあるやつゥ。「ジェスカイの学徒(KTK)」が色を変えた「苛虐な魔道士(SOI)」の、更に種族変更再版。どうやらWizards社はよっぽどこのステータスの果敢持ちが気に入ったらしい。実際、リミテッドにおける先輩2枚の活躍は注目に値するもので、果敢能力が初登場したタルキールでは当初1/3の「ジェスカイの学徒」は「あんまり魅力ないなぁ」と思われていたが、変異が止められる安定感と、一方的に勝てるポテンシャルが評価され、リミテッド後期ほど重宝したいぶし銀(我々コミュニティ調べ)。イニストラードに登場した「苛虐な魔道士」も、吸血鬼という種族のサポートもありつつ、赤青マッドネスなどのスペル中心のデッキで攻守にわたって基盤を支えた功労者である。今回の環境ではどんな活躍になるのか分からないが、きっとまたやってくれるはず。クリーチャー以外のスペルを唱えるチャンスが多くなる試練-カルトーシュの絡みとかも期待したいですね。あと、イラストがとてもエジプトなのがグッド。

 




Soul-Scar Mage 損魂魔道士 (R) R

クリーチャー・人間、ウィザード

1/2 果敢

あなたのコントロールする発生源が対戦相手のコントロールするクリーチャーに戦闘ダメージでないダメージをあたえるなら、代わりにそれに等しい数の−1/−1カウンターを置く。

 あらゆる火力を「萎縮」にしてしまう物騒な能力持ち。萎縮は、−1/−1カウンターがテーマになっているアモンケットに再録が検討され、かなり現実的なところまで調整がすすめられたそうなのだが、クリーチャー戦闘が消極的になってしまうという理由から外されてしまった。このクリーチャーはそんな萎縮コンセプトの名残なのだろう。萎縮の草分けであるシャドウムーアにもあらゆるダメージが萎縮になる「恒久の拷問(SHM)」というカードがあったのでコンセプト自体は新しいものではないのだが、戦闘ダメージをチェックしないので火力限定を明言しているのがこいつの特徴。果敢がついていることからも分かるように、細かいクリーチャーと火力で攻めるバーン、スライでの活躍が見込まれたクリーチャーということだ。他のスペルと合わせて使わないといけないので能力自体はそこまで決定的なものではないのだが、あの「僧院の速槍(KTK)」と同じ1マナ1/2果敢というステータスはそれだけで価値があるもの。今後、速いデッキに出番があれば可能性はあるか。

 

Champion of Rhonas ロナスの勇者 (3)(G) R

クリーチャー・ジャッカル、戦士

3/3

督励 - あなたの手札からクリーチャー・カードを1枚戦場に出しても良い。

 どんなクリーチャーでも自由自在。実物を提示する教育的な督励能力を持つチャンピオン。督励のデメリットは「次のターンに起きない」という部分だが、このクリーチャーならそんなデメリットは関係無い。なんにせよこれで特大クリーチャーを一枚出してしまえばそれで仕事は終わるからだ。キャストするわけではないのでエルドラージとのシナジーは無いが、別に「霊気風浴び」くらいでも充分ゲームは決められるだろう。あとは、督励のもうひとつのデメリットである「攻撃しなきゃ駄目」をなんとかしないといけないわけだが。4マナのクリーチャーを出してワンパン入れるくらいはそこまで大きなハードルではないはず。こいつ自身も最低限の肉なのだし、何か一撃必殺デッキの夢を見られないものだろうか。なお、アタック後に「暁羽の鷲」を出して増強する、っていうプランは見た目に割と綺麗でオススメなんだけど、多分単に「警戒意味無いやん!」って言いたいだけ。

 

Dissenter’s Deliverance 造反者の解放 (1)(G) C

インスタント

対象のアーティファクトを破壊する。

サイクリング(G)

 アーティファクト・エンチャント破壊呪文というのは使えるタイミングと必要のないタイミングがはっきりと分かるので、サイクリングをつける最良の対象である。ただ、以前のサイクリング環境はまだ白がそうした呪文のオーソリティだったため、「排除(USG)」「拭い去り(SCG)」といったエンチャント破壊が白に与えられた程度で、緑で該当する呪文は4マナソーサリーの「破断(SCG)」だけだった。この度、世にはびこる忌まわしいアーティファクトを根絶するために新たに開発されたのが、今や赤を凌いでアーティファクト破壊の専門家に成り上がった緑の新作呪文。「粉砕(KTK)」が色を変え、そこにサイクリングが追加された純度の高い対策スペルだ。アモンケット環境は別にアーティファクトに傾倒しているわけではないので、主な活躍の場は悪いアーティファクトが暴れまくるスタンダード、そしてそれより下の環境ということになるはず。まぁ、サイクリングっていうメリットがどの程度求められるかはまだ分からないけども。メインから突っ込んでもいいっていうのはメタ次第ではけっこうな利点になりうるので、こうした基本呪文みたいなデザインでも案外馬鹿にならないのでは。

 

Manglehorn 刻み角 (2)(G) U

クリーチャー・ビースト

2/2

〜が戦場に出たとき、対象のアーティファクトを破壊しても良い。

あなたの対戦相手のコントロールするアーティファクトはタップ状態で戦場に出る。

 現在のスタンダード環境に鋭く突き刺さる逸品。Wizards社が何とか環境を動かそうとメタに刺さるカードを慌てて作ったみたいなイメージだよな。いや、製作時期を考えるとそんなことはないんだろうけど。緑の伝統である「ウークタビー・オランウータン(6ED)」「ヴィリジアンのシャーマン(10ED)」の流れでアーティファクト破壊力が純正強化され(破壊が任意になった)、更にアーティファクト版の「宿命(6ED)」まで内蔵。どんだけアーティファクトが憎いんだ、っていう素晴らしいポテンシャルだ。機体を破壊しながら前進出来ることはもちろん、こいつを先に展開出来ればサヒーリコンボも根絶出来るという、2つのメタを同時に解決するお手並み。製作チームは何とか禁止カードを出さずにスタンダードの現状を打開したいと考えているようだが、このビーストがその一助になるかどうか。一ヶ月後に注目だ。

 

Watchful Naga 用心深いナーガ (2)(G) U

クリーチャー・ナーガ、ウィザード

2/2

督励 - カードを1枚引く。

 シンプルイズベスト。かどうかは定かでないが、攻撃するだけでカードが引けちゃうヘビ。攻撃が必要なのはいわゆる「泥棒カササギ(10ED)」能力と同じだが、カササギと違って殴った時点でドローが確定し、アドバンテージロスが無くなるがポイント。ただ、こいつ自身が2/2と大した能力じゃないし、普通に運用すると2枚目のカードが引けるのは登場から4ターン後。流石に相手もそんな悠長なプランを待ってくれるようなお人好しばかりではないので、単体で使うにはやや力不足。デッキインするならある程度のサポートは考慮する必要がある。この世界でお勧めの相方は「蜘蛛の掌握」。4ターン目にこいつが殴った場合、相手も「はいはい、ドロードロー」と諦めて最低限相打ちくらいは取りに来るはずなので、そこを増強で返り討ちにし、なおかつアンタップするので次のターンにもう1枚のドローが確定する。そこまで大それた結果でもないのだが、相手がイラッとするのは間違いないはず。白にもアンタップとプリベントを合わせた「デジェルの決意」があるし、督励用のサポートを多く投入したデッキなら手軽にリソースを稼げる選択肢にはなるかもしれない。

 

Bounty of the Luxa ルクサの恵み (2)(G)(U) R

エンチャント

あなたの戦闘前メインフェイズの開始時に、〜の上から洪水カウンターを全て取り除く。この方法でカウンターが取り除かれなかったなら、〜の上に洪水カウンターを1つ置き、カードを1枚引く。そうでないなら、あなたのマナ・プールに(C)(G)(U)を加える。

 エジプト次元を作るなら、やはりナイル川の存在は無視出来ない。文明は常に大河とともにあり、乾いた大地を氾濫で潤すナイルの存在は、他の文明と比べても際だった存在感である。この世界ではナイルではなくルクサと呼ばれているが、この川も実に気紛れに土地を育んでいる様子。設置した次のターンにはドローを提供、そして次のターンにはマナを提供。あとは交互にこの繰り返しだ。どちらのご褒美も「そこそこ」レベルだが、恒久的に頂けるというなら悪い相談ではないだろう。リミテッドなら充分決戦兵器になりうるし、構築クラスでもナイルの恵みでひたすら食いつなぐような自然崇拝なデッキが組めるかもしれない。ちなみに公式記事でも触れられているが、過去に「洪水カウンター」に言及しているカードは「水銀の泉(MRD)」と「水大工の意思(LRW)」の2枚。どちらも土地に置くカードなので特にシナジーは無いが、何となくジャブジャブしたい人は並べてもみてもいいかもしれない。何とかして洪水カウンターをいじって毎ターンドローがしたいんじゃ! という欲張りさんは、「時計回し(TSP)」で川の流れではなく時間の流れそのものを支配してください。

 

Failure 腹背 (1)(U) R

インスタント

対象の呪文を、そのオーナーの手札に戻す。

Comply 面従 (W)

---------------

ソーサリー

余波

カード名を1つ選ぶ。次のあなたのターンまで、あなたの対戦相手は、選ばれた名前の呪文を唱えられない。

 「面従腹背」は「上っ面だけは従って腹の中では反対している」という状態のことで、「腹背」だけだと基本的には単に「お腹と背中」の意味しかない。英語との対訳という意味でも若干の矛盾があり、「Failure to comply」で「不従順である」「従わない」という意味が出てくるだけで、「Failure」だけなら「失敗、怠慢」といった意味しかもたない。つまり「Failure」に「腹背」という訳語を当てるのは確実におかしいのだが……まぁ、合わせた時の意味を優先したんでしょうね。とにかく、相手に背く効果を取りそろえた青白のいやらしい呪文がこちらだ。上部分はあの「造物の学者、ヴェンセール(FUT)」同様の疑似カウンター。根絶は出来ないが相手のタイミングを崩すことは可能だ。そして、最軽量の余波呪文である下部分はプチ「金輪際(ISD)」。あの史上最悪のハゲと名高い「反射魔道士(OGW)」を思わせる効果で、1ターンの間、呪文の再登場を阻む。単体ではさほどでもない効果だが、相手ターンに呪文を差し戻し、次のターンに余波で蓋をしておくと、1マナでもう1ターンだけ登場を阻害出来るので、相手のキーアクションをカウンター出来た場合にはそれなりの時間を稼ぐ事が出来る。これ、カードの名前が別々になってるせいで「俺は腹背(背く)けどお前は面従しろ」っていう恐ろしくエゴイスティックな効果になってるんだよな。

 

Hapatra, Vizier of Poisons 毒物の侍臣、ハパチラ (B)(G) R

伝説のクリーチャー・人間、クレリック

2/2

〜がプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、対象のクリーチャーの上に−1/−1カウンターを1つ置いてもよい。

あなたが1つ以上の−1/−1カウンターをクリーチャー1体に置くたび、1/1で接死を持つ、緑の蛇・クリーチャー・トークンを1体生成する。

 ハパチラ。なんか口に出して読みたい名前、ハパチラ。もう、オケチラだのハパチラだの、この次元の連中はチラ見せ大好きやな。さておき、いかにもゴルガリらしい二つ名を持つ−1/−1カウンターの使い手。この色合いが毒物の専門家ってのはファリカさんが見守っていたテーロスからのお約束である。そして、こちらのチラさんも接死持ちのヘビを生み出すという部分はファリカと同じだが、その手管はアモンケットオリジナルで−1/−1カウンターを用いる。もしどこかにカウンターを置くことが出来たら接死ヘビ。おそらく緑黒ならさほど意識せずともカウンター絡みのカードは集まってくるはずだ(緑は自分に置くカードだ)。そして、どうしてもカウンターが置けない時は自分で殴りに行って強引に設置するプランも一応用意してある。ただ、その場合は相手プレイヤーに何とかしてダメージが届かないと駄目なので、デスクワークが基本のこいつだけではちょいと心許ないか。せめて自分も接死を持っててくれれば多少は選択肢も増えたのだが。戦闘ダメージを通すのが条件で、そのご褒美がクリーチャーにカウンターって自己矛盾を孕んでる気もするけど、まぁ、相手もこいつがいる限りは軽々に殴れなくなるから悪くはないのか。そこはかとなく醸し出す空気タシグルっぽいのが死亡フラグにならないことを祈るばかり。

 

Throne of the God-Pharaoh 王神の玉座 (2) R

伝説のアーティファクト

あなたのターンの終了ステップの開始時に、各対戦相手はあなたのコントロールするタップ状態のクリーチャーの数に等しいライフを失う。

 「God-Pharaoh/王神」とは、この世界では二本角のでっかいアイツ、創造主のドラゴンのことを指す。どうなんだろ、現時点のストーリー紹介だと現地民がボーラスさんに実際であったことがあるのかどうかは分からないけど……。流石に見たこと無かったらこんな珍妙なオブジェは作らないかね。フレーバーには「啓示の刻が始まり、その後が栄光の刻、約束の刻、永遠の刻と続く」らしいんですが、次のセットの名前は……あぁもう。さておき、そんな王神さんが鎮座する(予定)玉座。能力は実に禍々しく、玉座にかしずいた人数(タップしたクリーチャー)に応じて、相手プレイヤーの生気をむしり取っていくというダイレクトな嫌がらせだ。督励したクリーチャーでもこいつがあればダメージソースになるし、パンチパンチから毎ターン2,3点を減らせるだけでも2マナの置物としては上々の働きだ。リミテッドなら割とお手軽なエンドカードになりうる。構築でも3ターンで全手札を使い切っちゃうようなビートなら悪くないかもしれないが、全体除去からのリカバリーが効かないのでちょっとやり過ぎかな。いまいちボーラス感が足りないカードだが、ひょっとしたら新しいボーラス・プレインズウォーカーとのシナジーがあるのかもしれない。

 

 

 

 

ここからしたはプレインズウォーカーデッキ専用のカードなので、適当に。

 

Companion of the Trials 試練の相棒 (2)(W) U

クリーチャー・鳥、兵士

2/2 飛行

(1)(W):対象のクリーチャーをアンタップする:この能力は、あなたがギデオン・プレインズウォーカーをコントロールしている時にのみ起動出来る。

 アンタッパーが入るってことは、多分白のギデオンデッキは督励テーマだ。ステータスも悪くないし、ギデオンはもっとも場に残りやすいPWなので何か構築でも使えないかと思うのだが、やっぱりこの能力は別にいらんな。

 

GIdeon, Martial Paragon 武芸の模範、ギデオン (4)(W) M

プレインズウォーカー・ギデオン

<+2>: あなたのコントロールする全てのクリーチャーをアンタップする。これらのクリーチャーはターン終了時まで+1/+1の修正を受ける。

<0>: ターン終了時まで、〜は5/5で破壊不能を持つ人間・兵士・クリーチャーとなる。これは引き続きプレインズウォーカーでもある。このターン、〜に与えられる全てのダメージを軽減する。

<-10>: あなたのコントロールするクリーチャーはターン終了時まで+2/+2の修正を受ける。あなたの対戦相手のコントロールする全てのクリーチャーをタップする。

【5】

 どこを取ってもギデオンらしい素直なギデオン。わざわざ戦闘前にアンタップするプラス能力は督励があるこの環境ならではのものだ。別に警戒もつかないし。手堅い出来なので構築でワンチャン……て思うが、やっぱりこれで5マナは無いな。

 

Gideon’s Resolve ギデオンの決意 (4)(W) R

エンチャント

〜が戦場に出たとき、あなたの墓地やライブラリから「武芸の模範、ギデオン」という名前のカードを1枚探し、それを公開して手札に加えても良い。その後、あなたのライブラリを切り直す。

あなたがコントロールするクリーチャーは+1/+1の修正を受ける。

 2マナ重いギデオン専用の「栄光の頌歌(10ED)」。雑に強い。

 

Desiccated Naga 干からびたナーガ (2)(B) U

クリーチャー・ゾンビ、ナーガ

3/2

(3)(B):対象の対戦相手は2点のライフを失い、あなたは2点のライフを得る。この能力は、あなたがリリアナ・プレインズウォーカーをコントロールしているときにのみ起動出来る。

 なんか、ギデオン軍団に比べてリリアナ軍団は地味なような……。顔が怖い

 

Liliana, Death Wielder 死の使い手、リリアナ (5)(B)(B) M

プレインズウォーカー・リリアナ

<+2>: 最大1体までの対象のクリーチャーに、−1/−1カウンターを1つ置く。

<-3>: 対象の、−1/−1カウンターが置かれているクリーチャーを破壊する。

<-10>: あなたの墓地から全てのクリーチャー・カードを戦場に戻す。

【5】

 7マナはちょっと……。

 

Liliana’s Influence リリアナの影響 (4)(B)(B) R

ソーサリー

あなたのコントロールしていない各クリーチャーに−1/−1カウンターを1つ置く。あなたの墓地やライブラリから、「死の使い手、リリアナ」という名前のカードを1枚探し、それを公開して手札に加えても良い。その後、あなたのライブラリを切り直す。

 ギデオンが全軍を恒常的に強化するエンチャントで5マナなのにリリアナさんがこれで6マナってひどくない?

 

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター