忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5534] [5533] [5532] [5531] [5530] [5529] [5528] [5527] [5526] [5525] [5524]

7月15日 ドラフト模様(HOU×2 AKH

ピック順 【Sangriter】→【Thraxi】→【Serra】→【Mei】→【Alessi】→【Chrolony】→

 

 さぁ、レッツ新環境。何がどうなるものやらサッパリ分からない手探り環境に加え、快晴の真っ昼間、尋常ならざる暑さの会場には、全てのカードが汗でぐにゃりと歪む地獄絵図。かてて加えて、今回から正式に「7人目」の参加……もう、訳わかんねぇな。ごめんね、せっかくの初戦なのに、俺があんなクソみたいなデッキ組んだせいで、ほとんどの人のデッキの記憶があんまり無いや。

 

 

 

 




 

 

    AL SE TH SA ME SC CH

AL  ー  ×  ◎  ×  ◎  ×  ×  2ー4 5

SE  ○  ー  ◎  ×  ◎  ×  ×  3ー3 4

TH  ×  ×  ー  ×  ◎  ×  ×  1ー5 7

SA  ◎  ◎  ◎  ー  ×  ○  ○  5ー1 1 ○

ME  ×  ×  ×  ○  ー  ◎  ×  2ー4 6

SC  ◎  ◎  ◎  ×  ×  ー  ×  3ー3 3

CH  ◎  ○  ○  ×  ○  ◎  ー  5ー1 2

 

 

1位 【Sangriter】 白 <不屈のエイヴン 糾弾の天使 オケチラの碑>

 環境初戦、一体どんなデッキが優勝を飾るかというのは当然注目される部分なわけだが……なんと白単。まさかの単色。えぇえええ……作者曰く、「なるほど、破滅の刻は単色環境なんやな!」。んなわけない。でもまぁ、今回は白が7人戦でほぼ独占(!)という恵まれた状況でのピック。そういや「霊気紛争」の時も俺らは白を1人に独占させて優勝を持っていかれたよな……全然成長してない。もちろん白が恵まれた理由は1パック目で積極的に白に行く理由が乏しかったという事情ではあるのだが、かなり早い段階から下を白に行かせないよう、強めの色主張をしただけのペイは充分にあったということだろう。レアとしては「糾弾の天使」が開けたパックから登場したし、3パック目では「名誉神話アンコモン」である「オケチラの碑」。「3ターン目に碑、4ターン目に3マナ2体からトークン2体が最高やねん」とのことで、実際俺との試合ではそれを実現させた。FCK。デッキをみると、別にそのムーブを推し進めるためというわけではないだろうが、3マナのクリーチャーが圧倒的に多く、前環境で勝負どころと言われていた2マナにはなんと「結束に仕える者」1体だけ。その分3マナは8体と大量のクリーチャーがひしめいており、なるほど、これなら「碑」でゲームが決まるわけだ。そこまで前のめり一辺倒のデッキではなく、「レト一門の槍の達人」などで堅実な攻めを見つつ、「碑」からトークンラッシュで「ター一門の精鋭」が一番シンプルな決め筋。督励支援のために「デジェルの決意」「英雄的行動」×2とアンタップ出来るカードが多めに使えるのもポイントが高い。まぁ、ここまでのデッキはよほど巡りが良くないと実現しないとは思いたいが……。この環境の速度の1つの指針になる……かなぁ……。

 

 

<結局碑じゃん、まさかの白単>

平地×16 信義の砂漠

 

<クリーチャー類> 15

扇持ち 結束に仕える者

不屈のエイヴン×2 孤高のラクダ

廃却するミイラ 仕える者たち

レト一門の槍の達人×2 陽光鞭の勇者

不動の歩哨 信義の侍臣

ター一門の精鋭 糾弾の天使

威厳あるカラカル

 

<その他> 8

デジェルの決意 絶妙なタイミング

英雄的行動×2 蓋世の英雄の短剣

砂爆破 オケチラの碑

農場/市場

 

2位 【Chrolony】 赤青緑 <霰炎の責め苦 スカラベの責め苦 造反の代弁者、サムト

 今となっては文句無しで一番研究熱心なのがこちらで、他の人間がぼんやりしている間にも、すでに環境の調査を済ませてメタを色々と考えた上で動いている。おかげでピック後は「この環境は赤青が強いらしいんですよ」botに成り下がっていたが、まぁ、せっかく仕入れた知識は誰かに聞いてもらいたいのはしょうがないところだろう。そして、実際に聞きかじった通りのイゼット方向にほぼ決め打ち。1引きの黒レアなんて余裕で無視である。まぁ、今回黒も人気カラーだったし、赤はそれなりに空いていたのでこの決め打ちはむしろラッキーだっただろう。攻めの起点は2マナの「火付け射手」×2あたりから。今回青が大人気だったこともあって「空からの導き手」のような青を推すパーツはほとんど無く、更に赤も直接火力に乏しかったため結局あんまりイゼット風味にはならなかったが、それでも低マナ域から赤のウィニーと青の不朽・永遠、それに両カラーの加虐を絡めた攻めは速度を維持しながらも前のめり一辺倒にならず、中盤以降での押し込みもきちんと繋げられるデザイン。また、今回もっとも多くの砂漠を確保しているのもここで、その理由は最後の詰めに活躍する「ラムナプの遺跡」。これだけでも4〜6点が余裕で見込めるのだから、そりゃ後の部分は何とかなるってもんで。まぁ、とりあえず1つ目の目標はクリアしたようだが、次は何するんでしょうかね。

 

 

3位 【Sea-chicken】 赤青 <血水の化身 敏捷な妨害術師 燃えさし角のミノタウルス>

 「帰ってきた男」である。今週から新環境を契機にメンバーに正式復帰。まさかの出戻り人間が初戦では3勝3敗とまずまずのスタート。なお、しばし遠く東京の地で生活していたのだが、そっちでは寂しさに負けて構築戦やらプレリやらにも参加していたという。この度、その際に購入した大量のレアを私が引き取ることになりました。見積もりは来週お持ちしますのでしばらくお待ち下さい。さておき、今回のデッキは、どこかの見知らぬファンが「シーチキンさんはイゼットのイメージなんです」と言っていたことを意識してなのかどうか、見事にイゼットカラーのアンコモンからスタート。狙っているのは上のデッキと同様に果敢も絡めたスピーディなビート。中でも「ケンラの潰し屋」×4というシュートなアタッカーが目を引く存在だ。威迫+督励ビートの破壊力は満点で、これに「火をつける怒り」のバックアップなんかがつくともう止められない。これだけでもビートとしては充分機能しているし、他にも「道拓きの修練者」とのシナジーや「空からの導き手」によるサポートなど、とにかくケンラ止まらない。あとは「発射」「穿刺の一撃」×2あたりの火力で適当に相手を捌いていけば、4点クロックでジエンドである。うーむ、やっぱり赤はコモンに強カードが多いな……。なお、復帰後も相変わらずピック表の書き方は日本語英語交じりの独特の表記になっている。今回書かれてた「ぜつみょー」はちゃんとカードが判別出来るのでOKの例です。他の人も、カードが識別出来るレベルでなら適当に省略して書いて良いよ。特にカルトーシュとか砂漠とか、長い名前の奴は「青カルトーシュ」とか「赤砂漠」(コモン)とかで分かるから。

 

 

4位 【Serra】 黒青 <ケフネト最後の言葉 致死の一刺し 象形の守り手

 これで青は3人目。今回の色人気は上から青・黒・緑・赤・白の順で、青は上述の通り「ビートのイゼット」狙いの人間が2人、こちらは1引きレアからの決め打ちで、残り1人はただの阿呆である(最下位の欄参照)。「ケフネト最後の言葉」という決定的レアからのスタート、その後は「毒の責め苦」2連引きで黒が空いていることが確定(?)し、そこからは満遍なく黒と青を引いて、何となく余ってるパーツから「除去多め、飛行でフィニッシュ」という古式ゆかしいディミーアデッキ。攻めのイゼットと違い多くのコントロールカードを有しているため、フィニッシャーにはオーバーキル過ぎる「穢れた血、ラザケシュ」なんてものも搭載しているし、中盤のマナ域の「魂刺し」や多めのサイクリングで何とか序盤〜中盤を堪える体勢。飛行ビートと言っても青がメインではなく黒から「屍肉の金切り声上げ」を多く採用しているのが面白いところだ。結果的にはそこそこの成功といったところで、今回はたまたまかもしれないが黒除去は割と多かったので対処手段はそれなりにあった。ただ、その分どうしても攻め手は減ってしまうので、必殺レアの「象形の守り手」を万一対処されるとそこからはちょい厳しいくらいか。このくらいの速度調整でもそこそこ行ける環境だとは思うのだけども。

 

 

5位 【Alessi】 緑黒 <黙示録の悪魔 猛り狂うカバ 横断地のクロコダイル>

 我々のコミュニティ、良くも悪くも性格付けってのがはっきりしてるんで、上述のように「イゼット決めるんじゃオラァ!」みたいな連中ばかりだと、残ったパーツを回収する仕事をさせられるのがこちら。今回は赤青を上家下家に抜かれたし、1引きは黒レアだったので黒が確定。そして緑がクッソ余っていたのでそのままゴルガリカラーになるわけだが……やっぱり「破滅の刻」の緑って全然面白そうじゃないよね……。本人もピック終了後に「雑な肉しかいねぇ!」と不平を漏らしており、毎度ありがちな(これまでだと大体白緑だったが)何となく中堅くらいの肉を並べて殴るだけデッキ。いや、それって別に弱くはないはずなんだけど、前のめり感でヒリつくプレイングが炸裂するわけでもなし、トリッキーな勝ち手段で新環境を満喫するでも無し。まぁ、一応加虐くらいは機能してたし、「オアシスの祭儀師」のマナもそこそこ活用していたけども……やっぱ地味だよな。勝つ試合展開といえば「ロナスの碑」が早めに出てからのトランプルビートである。緑やっててもカルトーシュが無いんじゃワクワク感も半減だぞ。ちなみにどうでもいい補足ですが、今回やたらと「毒の責め苦」を相手に使われて苦しみ、「そんなカードあったっけ? 俺、気付かんと流してたか?」といぶかしがっていたのでピック表で確認したところ、一応目の前を流れていった枚数は3枚ですね。ただ、うち1枚は自分の1引きパックだし、他も引くとしたら2引き、3引きじゃないと駄目だったので、実際はあんまり引くタイミング無かったみたいですね。残念でした。

 

 

6位 【Mei】 緑黒白 <イフニルの死界 ロナス最後の抵抗 天導/人導>

 「イフニルの死界」1引きという、もうこの世界の新コンセプトを楽しむ気満々のスタート。更にそこから2引きが「ラムナプの採掘者」という、絵に描いたような展開である。これで何か砂漠ムーブが爆裂すれば……と思ったが、残念ながら黒は今回人気カラーであり、なかなか身動きが取りづらい。そして残る色である緑は前述の通りにあまり心躍らない。何とか個性を出そうとすると、あとはマナ調整カードをかき集めてのランプ構成にするしかなかったのである。ピック中に「また悪い方向に俺らしさが出てしまう!」という、誰が聞いても「あぁ、あいつまた色広げちゃったんだな……」と丸わかりの台詞を吐いており、毎度のように「進化する未開地」「楽園の贈り物」には頑張ってもらうわけだ。最終的に色はそこまで広がらず、白は圧倒的過ぎる「圧倒的輝き」、それに「排斥」「双陽の熾天使」くらいのタッチ。噂によると「双陽の熾天使」が最速5ターンで舞い降りたという話だし、「ラムナプの採掘者」&「イフニルの死界」コンボも実現し、今回唯一優勝者を負かしているのだからブン回りはあるデッキなのだが、この手のデッキのお約束で「ブン回らない時はホント駄目」というオチ。速いデッキ相手だとどうしたって不利が付くしな。まぁいいじゃん、環境序盤なんて遊んだもん勝ちだよ。

 

 

7位 【Thraxi】 黒青 <夢盗人 正気減らし 砂時計の侍臣>

 そうだよ、やりたいことやったもん勝ちだよ。100%勇気だよ(JASRAC未申請)。まぁ、その、なんだ……ゴメン。今回は久しぶりに初戦決め打ちだよ。とりあえずやらなきゃって思ったんだよ。何をかなんて聞くまでもないだろ。でもまぁ、スポイラの方でも書いてる通り、「最後の明日の予見者」って能力起動に手札食うからそれだけでは勝てないカードなんだよ。そこをどうやって埋めるかを頑張って考えなきゃ、って思ってたけど、当然答えなど無い。しかも1パック目では「予見者」が1体も登場せず、その時点でただひたすら「試合を長引かせる」カードばかりを引いていた私は「これが神の意志か……」と諦めかけていたのだが、2パック目で何の因果か「正気減らし」が登場。Oh My God……。行くしかないのか。結局「予見者」は2パック目で2枚。何とかギリギリ狙えるような、そうでもないような。ただ、同時に「見捨てられた石棺」が手に入ったのは唯一の救いで、これなら青黒サイクリングで純正アドバンテージが稼げるため、何とか勝ちの目も見えてくる。実際、唯一勝てた試合は場を完全に固めてサイクリングカードからのアド稼ぎで間に合ったので、この組み合わせは決して間違ってはいない。序盤の対策を「廃墟ネズミ」×4に任せるというプランだって、決して悪くなかったはずなのだ。でも、残念ながら世間はみんな悠長なデッキに厳しかった……。トランプルで踏みつぶしてくるヤツ、単に5/3フライヤーで4回殴るだけのヤツ、オケチラの碑から(略)。もうちょっとさぁ、心にゆとりを持とうよ……。ライブラリが尽きるくらいにはさ……。

 

 

 

 

今回のピック表

 

Sangriter】(白)→【Mei】(緑黒白)→【Serra】(黒青)→【Chrolony】(赤青緑)

                          

Thraxi】(黒青) ← 【Sea-chicken】(赤青) ← 【Alessi】(緑黒)

拍手

PR

コメント
無題
赤青が強いというのは僕個人の感想でしかなく、別に誰かが知見として言っていたというわけでは...(まあいいか)
【2017/07/16 17:17】 NAME[Chrolony ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
19
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/16 Chrolony ]
[07/15 Hito-oni]
[07/12 seachicken]
[07/07 DRAKE]
[06/24 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター