忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5619] [5618] [5617] [5616] [5615] [5614] [5613] [5612] [5611] [5610] [5609]

「はじめてのギャル」 4→4

 今季最初にゴールインしたのはコレ。これなのかよ……。いや、別にいうほど悪いもんではないですが。

 ギャル文化に対しては私は強迫観念めいた独自信仰を持っており、その辺りについては新番チェックの時に書きなぐったので気になる方はそっちをチェックしてほしいが、幸か不幸か、今作はやはり非実在性ギャルによる割とわかりやすい作品であった。結局、メインヒロインの八女さんは「一人称があーしのちょっとサバサバした可愛い巨乳娘」でしかなかった。1話目でジュンイチと付き合い始めるまでの展開にはなんらかのオーラを身にまとっていたのかもしれないが、そうした「ギャル独特の特異さ」って、近づいたら「あ、割と普通に可愛い子やん」ってなるから消え失せてしまうんだよね。まぁ、つまりそれって俺の中で「ギャル」と「可愛い」が同居しないってことなんだけども。とにかく、ギャルとして打ち出すべき強さも冷酷さも特になく、八女さんは立派にジュンイチを立ててくれる素敵な彼女になりました。

 それだけのラブコメということで、まぁ、可もなく不可もなくで、カテゴリとしては明後日の方向にあると思われていた「徒然チルドレン」と大差ないようなところに落ち着いたのであるが、やはり絵に力がないのは如何ともしがたい。別に超絶作画で押しまくるようなジャンルでもないので、ある程度見られるくらいでも構わないとは思うのだが、せめてヒロイン勢くらいはしっかり可愛く描いて欲しかったですかね。エロも売りにしたラブコメ作品で女の子がグダグダになってしまったらどこを評価したらいいかわからないしな。あと、やっぱり「ギャルのバリエーション」ってのを出そうとしてる根本的な構造理念はあんまり上手くいってるとは思えない。黒ギャルやら清楚ビッチやらロリギャルやら、なんとかギャルでひとくくりにしようとしてるようだが、その設定はあまり活かされずに、気づけばありきたりなハーレムものの構図になっているだけだった。せっかく一枚看板があるんだから、もっとギャル文化の方に掘り下げていって「僕らの知らないギャル生活」が分かれば独自の価値も生まれるだろうに、アニメとしてはありきたりな「オタク男子の妄想劇場」に舵を切ってしまったため、全体的に「よくある」止まりになってしまっている。まぁ、マジモンのギャルをやられて面白かったかどうかはわからんけど。

 全体的にコンセプトは失敗している作品だとは思うのだが、一応、あさぬママが頑張ってくれているのと、その相方を任された豊永利行のコンビ芸が光っていたのでそこは楽しかった。豊永は今季「ゲーマーズ」の上原さんでも最高の仕事をしてくれているし、ここ最近すごくいい役が多い気がする。思い返せば「しょこめざ」のアトムとか「ネトゲ嫁」のルシアンなんかも彼なんだよな(あとユーリ)。中堅以上の男性声優のこういう活躍は見ていて興味深い。

 転じて女性キャストの方は、とりあえずメインヒロインを務めた長久友紀は悪くない落とし所だったんじゃないだろうか。ただ、ギャルキャラの大先輩であるキタエリの登場で「生まれ持ったギャル度数」みたいなものでやや押されてた感はあったけど(キタエリも別にギャルじゃない)。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[09/24 NONAME]
[09/20 トマト]
[09/20 トマト]
[09/03 Serra]
[08/31 ろはん]
バーコード
ブログ内検索
カウンター