忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1999] [1998] [1997] [1996] [1995] [1994] [1993] [1992] [1991] [1990] [1989]
「黒子のバスケ」 5→6

 いやー、盛り上がりましたね。まさかアニメになってここまで様変わりすることになるとは思ってもみなかった作品。世間様の動きに左右されてちゃ情けないが、でも、やっぱりこれだけ盛り上がったってことは良くできた作品だったってことは間違いないわけで。

 1話視聴時点で「割と良さそう」とは思っていたものの、尺は決して短くない2クール、どこかで飽きがくる、どこかでボロが出ることもあるだろう、という不安があったのだが、むしろストーリーが進めば進むほどに作品も加熱し、「画の加速度」も増していった。次々と展開される「超次元バスケ」の数々が、劇的でありながらもきちんと「リアルな動き」の中で生きていて、スポーツに興味が無い人間にとっても充分楽しめるものになっていた。これだけのものを作ってもらったのだから、作者も本望には違いない。

 こと、動画面での見事さはI.G.の手腕によるものだろうが、偶然かどうか分からないが、2クール目のクライマックスとして青峰の活躍シーンがどんどん増えていったことも脚本上のプラス要素のなったのじゃないかと思う。火神もそうだが、やはり画面映えするプレイヤーと「そこまで見ていて面白くないキャラ」っていうのはいるもので、緑間のプレイスタイルなんかはぶっ飛んでいる割にはなかなか「強そうに」見せるのが難しい部類。その点、青峰の無茶苦茶なプレイスタイルは描き込めば描き込むほどに面白くなり(嘘くささも増すけど)、この超次元バスケの象徴として、最終版を見事に盛り上げてくれた。また、回りを取り囲むくせ者揃いのサブキャラ連中もアニメになって一歩上に上がった感があり、諸々のキャラの掛け合いも楽しくなった。ぶっちゃけると原作は全部読んでるくせにキセキの世代以外のメンバーの名前ってほとんど覚えてないんですよ。それくらいのレベルだったはずなんだけど、アニメだと退屈しないんだ。誠凜以外の学校もきっちりキャラ立ちしてるし(というか、敵校の方がひどいキャラ多いし)。

 そして、こうした楽しさを提供し、加えておねーさまがたからの人気を一気に爆発させたのが、中の人たちの頑張り。個人的にはこちらも青峰さんですわ。べーさんの胡散臭い格好良さが思う存分発揮されるキレキャラ、良かったですわ。その他もきっちりキャラに合わせてきててね。木吉がハマケンさんっていうのも嬉しかったかな。「女性キャラが少ない」っていう残念な点についても、2人しかいない女性陣が頑張ってくれてたから良しとする。

 確か原作だとこの後火神の知り合いのエロいおねーさんも出てくるよね。確実に作られることにはなると思うが、つづく2期目にも期待したいとこです。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター