忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2693] [2692] [2691] [2690] [2689] [2688] [2687] [2686] [2685] [2684] [2683]

「サーバント×サービス」 5→5

 1話目の時点では「なんかWORKINGの下位互換みたい」とか思ってたのだが、結局、面白くなっていった。不思議だなぁ、この作者の漫画って、長く続いてもあんまり中だるみがない。むしろ登場人物が増えてごちゃごちゃしてくる方が独特な面白味が出てくる気がする。

 基本のラインは「リア充どもの茶番を楽しむ」アニメである。登場する女も男も、あらゆるベクトルが「つがいになること」に向かっている。話題になるのは「誰と付き合うか」「カップリングが成立しているか」という話題のみで、「区役所って出会い系サークルか何かか」と思ってしまうようなもの。そして、当然そんな内容にはやっかみと憎しみしか生まれないはず。ルーシーが可愛くなればなるほど「長谷部死ねよ」と思うわけだし、千早が嫉妬にイライラしているのを見ながら「一宮爆発しろよ」と思う。でも、そんな苛つくノロケ話がやんわりとしたギャグとして受け入れられてしまう。いわゆる「ラブコメ」とはちょっと違ってやたら現実的なところで物を考えたりしてるせいで、あり得ないキャラしかいないのにどこか「ありそう」な恋愛模様になっているのも不思議だ。女性原作者の視点だから妙な違和感(不快感ではない)があるのかなぁ。長谷部や一宮は本当に「女にとって都合の良い男」でしかないはずなのだが、ぶん殴りたくなる一歩手前で踏みとどまっている気がする。まぁ、相手をしている女性陣が残念揃いなせいかもしれないけども。

 ギャグがとびきり面白いわけでもない。舞台設定は珍しいが、ネタとしては新鮮味があるわけでもない。それでもなんだか嫌いになれず、「今週の長谷部はどこまでルーシーに切り込めるんだろう」と我が事のように気になって見てしまう。ふむ、不思議なアニメだったな。まー、やっぱり全体を振り返ると「WORKING」と同じだとは思うんだけど。アニメとしては「WORKING」に比べるとはっちゃけ度合いや賑やかさは控えめになっている。そりゃ区役所だからファミレスより地味になるのは当然だろうけども。小鳥遊4姉妹や店長、八千代さんみたいな行きすぎたキャラがおらず、全員変人のくせにどこかに常識を残してるからかもしれない(課長除く)。そんな地味な状態ながらも「地味は地味なりに」画面を回していて特に退屈にもならない。カロリーの高い木曜日のラインナップの締めくくりには丁度良い番組でしたよ。

 中の人については……とにかく茅野愛衣をいじり倒すのが目的かと。まールーシーも大概「男に都合の良い女」ですけどね。真面目で奥手、金に頓着せず男に干渉しない。そして巨乳。うーむ。このかやのんはもっといじり倒したい……。そしてサブの中原・豊崎のスタンスも実に良い。「いい人だと思ったら散々毒しかはかねぇ」という酷い中原成分に、ルーシーとは真逆の構って欲しい系、鬱陶しさすら感じられるダウナー女子の豊崎。更に勢い任せの女子高生るみるみなども加わり、この区役所は本当に天国であろう。ちなみに、一番のはまり役は……田中のお婆ちゃんやった美佳子。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター