忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2706] [2705] [2704] [2703] [2702] [2701] [2700] [2699] [2698] [2697] [2696]

「有頂天家族」 6→7

 これも毎週感想を書いていたから今更特に付け加えることも無い作品だが、そりゃもう楽しかった。アニメの楽しみ方って色々あるとは思うけど、今期はコレと「シンフォギア」で両極に振った全然違う楽しさがあって、他にも佳作が多数あり、実に豊作だった良いシーズンであった。ここまで「いい」アニメが乱立してるってのも珍しいと思うぞ。

 今作1話目の感想を振り返ると、全ては「違和感」からスタートしている。P.A.なのに京都が舞台という違和感。久米田絵なのに森見作品という違和感。これをどうやってまとめ上げるんだよ、と訝しんでいたわけだが、そこは天下のP.A.Works。1話目の時点で既に画についてはぐぬぬと納得させられるだけの見事なものが飛び出してきたし、いざ話が進めば、なるほどこいつはP.A.お得意のジャンル。派手なアクションでも下衆なエロでもあざといパロディでもない。どこかおかしな景色の中にも不意に現れる懐かしさや、どこまでも「アニメ的」でありながら、匂いすら感じられるような不思議なリアリティ。そこに流れるのは、わずかなことでも心をちょちょいとくすぐってくるヒューマンドラマである。まぁ、今作の場合はポンポコドラマであるけれども。

 考えてみれば、「違和感を見せる」というのは、乱造の続くアニメ業界で視聴者を捕まえる有効な一手である。同様に「どうやったらこれを組み合わせることが出来るんだ!?」と度肝を抜いた作品にはあの「まどマギ」があり、今作も、画の無茶、話の無茶という2つの側面を、ぐぐっとアニメスタジオがねじ伏せることで形を成している。1クール見続けてみれば、もうこれ以上無いくらいにベストマッチしており、狸たちの痛快活劇も、涙無しでは見られないメロドラマも、全て久米田絵のキャラクターでこそなし得たものだとすら思えてしまう。実際、最終回の狸大行進なんかは本当に1枚絵のレベルで愉快だったし、矢二郎のカエル姿なんかも、どこかふざけた「漫画絵」であるからこそ、滑稽さと切なさが同居したあの空気が出たのだと思う。この企画を立ち上げた人のイマジネーションに改めて敬服する。とてもじゃないが私のような凡夫では思いつきすらしない完成形だろう。

 結局、「四畳半」で感心してからもあまり森見登美彦の小説ってのは読んでないのだが、今回改めて「面白い話を書く人だなぁ」ということを感じ入った。「四畳半」はラストのサプライズが新鮮で、いかにも「そういう」手合いが書いてきそうな作品だったが、今作は非常に素直な筋立ての中に、油断すると足をすくわれるようなピリッとした刺激が混ざっている感覚が気持ちいい。振り返ってみれば矢二郎のキャラクターなんかはいかにもって感じもするのだが、そのキャラが狸やカエルになることでおかしさが生まれるあたり、日本古来のおとぎ話をモチーフにしたような、懐かしさも刺激出来る絶妙なセッティング。こういう小説作品のアニメ化っていうのは、もっと色々と見てみたいものである(たまたまアニマックス再放送の「青い文学」シリーズを見ているところなので余計にそう思う)。本当に、あらゆる面で恵まれた、素敵な作品でした。

 最後に中の人の話……はもういいかな。下鴨家は本当にパーフェクトな布陣。こういうのを聞いていると、やっぱり櫻井孝宏に役が回ってくるのは当然のことだな、と思える説得力。パンチの効かせ方なら吉野裕行もすごく良いし、こうしたトリッキーなキャラが活きるのは、井上喜久子、諏訪部順一、中原麻衣といったサポートが盤石であるためだ。そして能登である。東洋の魔女・能登麻美子である。本当にP.A.作品といえば能登麻美子。富山県・石川県万歳。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
7 10
12 16 17
22
28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/24 NONAME]
[06/19 Serra]
[06/19 metalica]
[06/14 DRAKE]
[06/13 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター