忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2707] [2706] [2705] [2704] [2703] [2702] [2701] [2700] [2699] [2698] [2697]

「ムシブギョー」 4→5

 良い夕方アニメだったと思いますよ。最初のうちはやたらエロ押ししてるからどうなることかと思って冷や冷やしてたんだけど、最終的には本当に見事な王道テンプレ少年漫画だったわけで。サンデーでちゃんとこういう漫画やってるのね。

 夕方放送なのでそこまで気合いを入れて見ていたわけではないが、これも「ジャイロゼッター」も、作り方は丁寧だったと思う。子供向けだからって適当なアニメを作っても良いなんてことは絶対にないわけで、単純に動きで快不快を判断してくれる部分も多いだろうから、ちゃんとアクションやカメラワークなど、「見ていて気持ちの良い」作品作りを心がけないと正しい年齢層のお子さんたちには受けないだろう。今作の場合はたっぷりと尺を使ったバトルが見せ場になっており、前半は異形の蟲をばったばったと切り倒す怪物退治の爽快感を前面に出し、中盤の蟲狩との対決、後半は更に禍々しさと知性を備えた蟲人を倒すための努力と特訓、そして友情などと言ったヒューマンドラマを。取り立てて何が凄いってこともないが、こういうものが毎週コンスタントに見られるというだけでもホッとするものです。

 まぁ、あとやっぱりエロも大事だったけどね。中盤以降は火鉢やお春ちゃんのあけすけなエロは減ってしまったが、代わりにずっと仁兵衛に帯同していた蟲奉行ちゃんが可憐で素敵だった。仁兵衛と彼女の関係性は非常に良い萌えファクターであり、なんだか色々と想像力をかき立てられる。最後のラブい展開もナイスだ。そして、無涯や春菊といった野郎臭いキャラもちゃんと立っているし、何よりも主人公の仁兵衛がとても分かりやすい主人公気質で、憎めないところが良い。全体的にはただひたすら「ベーシックに」ということを主眼にした作品作りであるが、本来アニメってこういうものを描くための媒体だったな、という気がしますね。やっぱりちゃんとアニメがやりたいなら2クール欲しいってことだよなぁ。

 中の人については、仁兵衛役のけんぬがすっかり声優業界でもスタンスを確立させたなぁ、というのが1つ。あと無駄に真田側のキャストが豪華だったので後半はやたら盛り上がった感がある。そして、天間役の芹澤優ちゃんね。ほぼ台詞が「全力つっぱり!」しか無かった気がするけど、ショタでも可愛いです。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
7 10
12 16 17
22
28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/24 NONAME]
[06/19 Serra]
[06/19 metalica]
[06/14 DRAKE]
[06/13 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター