忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2709] [2708] [2707] [2706] [2705] [2704] [2703] [2702] [2701] [2700] [2699]

「ファンタジスタドール」 4→5

 今期の頭おかしい系筆頭作品。結局これ、何だったんでしょうね?

 当初予定していた方向性からはまったく違う方向に羽ばたいてしまったのでなかなか評価が難しい作品なのだが、笑ってしまったのは事実だし、どす黒い期待を持って見てしまうのは紛れもない事実。「替えがきかない」作品だったのは間違いない。実際はこの狂ってる感は朝アニメでは割と見かけるものではあるが、それを深夜枠でやってしまい、何の説明もせずにあっさり1クールで終わってしまうあたり、まったく狙いが見えてこないのが怖い。はたしてこのアニメの対象は一体どんな層だったというのか。

 先人を例に取るならば、たとえば「ミルキィホームズ」なんかは頭おかしい系の代表作品である。あちらもこちらも、確実に狙って「おかしいやろwww」と言われようとしていることは分かる。しかし、今作の場合、そうした「狙った狂気」を描く以外にも、どこか振り切れていないような、「普通のお話も守り通す」方向のエネルギーも働いているように見える。最終回はきちんと良い話にしようとしているし(実際なっていたかどうかは別として)、うずめのウジウジした様子は、なかなかギャグとして笑い飛ばすには酷なセッティングである。突き抜けて馬鹿な設定なら全編通して気楽に笑い飛ばせるのだが、うずめやかがみ、小町先輩などは、一応作中では真面目にドールのことを考えて悩んでいるはずなのである。真面目なことをやればやるほど「シリアスなギャグ」は際だつのだろうが、どうもこのファンタジスタギャグは「シリアスな笑い」とも違う。謎のぶん投げキャノンとか、ドラムロールとか、伝説の三行半とか、ステゴロ最強のしめじとか、ギャグについては明らかにわらかそうと思ってやっているのである。そのあたりの「真面目なんだけどボケようとしている」部分が、よく言えば狂気になり、悪く言えば食い合わせが悪いままで終わっている。この不安定さを至上の快楽とする人もいるかもしれないが、個人的には「もう少しどっちかのベクトルで吹っ切れてくれればなぁ」という思いが強かった。とにかく、終始ギスギスしっぱなしだったうずめ・ささら間の関係性が胃に悪いのよねぇ。

 まぁ、こんだけ「あれがよければ」「ああして欲しい」が出てくるってことは、立派にハマってしまっていたという証拠なのだろうけども。異次元の狙い方ではあったが、レジェンドに登り詰めるにはもう少し練り込みが必要、といったレベルだろう。まぁ、延々ドラムロールを続けるうずめのgifアニメとか合ったらずっと見てても笑ってしまう気がするけども(かがみちゃんが和太鼓叩き続けるgifなら見つけた)。2期があったら喜んで観るけども。……やっぱり誰に向けたアニメだったのかが一番気になるなぁ……。

 中の人……は特に無い。大橋・三澤・上坂あたりの若者が楽しそうにしているので良いなぁ、とは思いました。相変わらず津田ちゃんの声はあまり印象に残らない。ラスボス委員長先輩をやったかもさんと、ギャンブラーママンをやった倉田雅世がMVPかな。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター