忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[279] [278] [277] [276] [275] [274] [273] [272] [271] [270] [269]

「夏のあらし!春夏冬中」 5→4

 正直あまり真面目に見ていなかった作品なのだが、やっぱり何故かシャフト製作なのに影が薄い。ここ最近はシャフトが関わった作品は良くも悪くも話題にはなるはずなのだが、この作品はそこまで吹っ切れたアクの強さがあるわけでもなし、かといって純粋にストーリーものをやりたいわけでもなし。要するに、中途半端な立ち位置なので観る側としては心構えをどうしていいのか分からなくなってしまうのだ。

 1期に比べると、2期はキャラクターが固まって安心して見ていられる反面、1期のやよいと加奈子のエピソードのような根幹を成すシナリオの土台が無いために、1話1話が適当な、浮ついた印象がある。それなら「絶望先生」のようにネタに走るかといえばそんなこともなく、「ひだまり」のように日常のダラダラを表現するのに細心の注意を払った演出が光るかと言えばそんなこともない。一応最終話近くであらしとはじめが揉めてみせたりといった起伏はあるのだが、どうしたって1話のやよい編の時のような山はない。かといって毎回似たようなタイムワープを使ったネタでは限界がある。どうにも、2期を作った意味が伝わりにくい作品である。

 ただ、ダラダラ続いていたからつまらないかと言えばそう断じるのもちょっと迷う部分で、ボーッと見ていればいかにもシャフトらしいネタ回しも散見されるし、何となく面白かったりもする。最終話なんかは久し振りにきちんと見たら、色んなお約束が片付いていく「何となく最終回」っぽくなっていたのだから不思議なものだ。延々頼み続けていた塩がこうもあっさり届く日が来ようとは。でもまぁ、果物爆弾ネタも流石に天丼が過ぎるから飽きてしまったけどなぁ。こんなところで「エンドレスエイト」せんでもねぇ。

 ま、1期と同じで評価はこんなところ。シャフトは1月からも「ひだまり」と「ダンスインザヴァンパイアバンド」の2本を抱えているはずなんだが、製作体制は大丈夫なのだろうか。2本とも期待してるので、何とかして下さいよ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター