忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2894] [2893] [2892] [2891] [2890] [2889] [2888] [2887] [2886] [2885] [2884]

「夜桜四重奏〜ハナノウタ〜」 5→6

 今年最後の更新がこの作品の感想ってのは、割とゲンがいいのかもしれない。今年も色々ありましたが、アニメ的にはなかなか恵まれた1年でしたよ。

 さて、今作。毎週感想書いてたのでまとめで書くことはあんまりないのだが、想像以上にオリジナリティをしっかりと出せた良作にまとまったんじゃないかと思う。原作は1度アニメ化されているので、比較されたり事情を邪推したり色々と出来るわけだが、今作は「焼き直し」ではなく、きちんと「新しい現代アニメ」になっていたというのが最大のポイント。あのりょーちもが監督を務める初めての作品であり、注目すべきは当然その動画面ということになるだろう。アクションシーンもふんだんに盛り込まれた今作は、そんな監督の個性が発揮される最良のステージになっていた。集まったクリエイターもなかなか気合いが入っており、作画の個性を出しつつ、シリーズとしての骨子を維持して立派にまとまっていた。

 「夜桜四重奏」の楽しいところは、各々のキャラが背負っているものはそれなりに重たいはずなのに、それを包む空気はどこかゆる〜いってところ。ヒメなんてあれだけの使命を帯びながらもマジ顔になるタイミングがあんまりなかったし、最後に中心となったじゅりさんたちなんかも、どこか優しい顔を残したままで困難に立ち向かっている。そして、不思議なことにそんな「ユルさ」と、各人の深刻な生き様の食い合わせが悪くないのである。ご町内を守っているおかげで「ご近所ドタバタアニメ」として機能するし、同じ事務所の飯を食う連中がやいやいやっているので私の大好きな「長屋モノ」みたいな雰囲気もある。それでも、円神が出てきてガチバトるときは本気だ。バトルシーンはがっつりした動画で見せて、きちんとクライマックスとして機能するのである。この辺の組み合わせ方がとても新鮮。日常パートでは音と芝居が多重構造を構成し、独特の賑やかさや親密さが出ていたのも気持ちよかった。こういうのって、監督の采配で統制が取れる部分なのかな。安定して楽しかったのは本当に嬉しい。まだまだ原作ストックもあるだろうし、出来ればこのスタッフで、この雰囲気で、続きが見たいもんです。

 中の人的には、旧作をそのまま踏襲した形になっているおかげで、本当にみっしりぎっちり豪華過ぎた。沢城先生やら福圓先生がおり、それが浮き上がりすぎずに他キャストがやり合っている時点で相当なもんだ。新規加入のみんな大好き茅野ちゃんちも実に良い仕事ぶり。ほんと、恵まれた現場です。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17
24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター