忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3297] [3296] [3295] [3294] [3293] [3292] [3291] [3290] [3289] [3288] [3287]

「極黒のブリュンヒルデ」 5→5

 (この感想には、最終話のぶっ飛ばしぶりは含まれておりません。いや、だって、マジで別次元にぶっ飛んだから。むしろ面白かったレベル。リアルでソードマスターヤマトやってるのってはじめて見た気がする)

 というわけで、主に最終話直前までの感想だが、今期は漫画原作ものが非常に安定していて、色々な方向性から楽しめるクールだった。「ピンポン」を筆頭に「一週間フレンズ」「ダイミダラー」「蟲師」「それせか」と。ラノベにも悪くないのはちょこちょこあるけど、今期はたまたまこっちの方が見ていて安心出来た。そんな作品の1つがこのブリュンヒルデ。簡単にまとめると「人がいっぱい死ぬハーレムもの」。一応特殊能力バトルも関係しているといえばしてるのだが、魔女の能力って基本的に知ってりゃ一発で無敵みたいなのばっかりなので、あんまり「この対決はどうやって勝つんだぁ〜!?」みたいなのはない。時間戻せる魔女すら時間戻したら終わりだったし、記憶操れる魔女は記憶操れなかったしな。ただ、これは魔女達が情けないと責めるのではなく、「村上君は極限状態で色々と判断早すぎじゃね?」というべきなのかもしれない。彼が自分の命を何とも思わない上に、この無茶苦茶な世界に一切の疑問を持たないで前提条件として戦ってくれたおかげで、寧子たちの今があります。

 まぁ、そんなトンデモバトル要素はさておいて(いいのか?)、まー、ハーレムものですよ。種田ボイスのメインヒロイン黒猫がアホ可愛いのを皮切りに、一人じゃトイレにもいけない毒舌お人形系アイドル佳奈ちゃん、エロくしてるのにエロくない、純情関西弁少女カズミちゃん、巨乳の無駄遣いだけど「巨乳は馬鹿」みたいなテンプレを大切にしてくれる小鳥ちゃん。そして最後に出てきたぶっ壊れ能登ヒロインヴァルキュリア。どの子も、命懸けなのに何故か色々と抜けてる緊張感の無さが絶妙なガス抜きになっていて可愛らしい。というか、今作は本当にシリアスに徹しきらない謎のユルさがいちいちヒロイン勢を中心に仕掛けられており、いちゃいちゃしてるだけの村上君を見ながらイライラしつつもハーレムを楽しむことが出来るのである。なんか、それだけで割と満足した。個人的な一押しはカズミちゃんです。頑張ってエロくなるんやで……。ヒロイン勢で盛り上がれるってことは、やっぱり個人的には中の人補正が大きい。種ちゃん、あやっぺのコンビが序盤に盛り上げたところに、M・A・O演じる関西弁のカズミちゃんがいいかき混ぜ方で乱入し、その後も田所あずさ、そしてゆーみんと増えていく素敵面子。ぺとゆーみんが手を組むというのは新た展開が期待出来そうなのも注目ポイントやな。

 そしてこんだけ楽しんだだけにやっぱり最終話はどうしていいか分からなかったけども……他は全て許容するにしても、佳奈ちゃんに何が起こったのかだけ誰か説明してくれ。今までの佳奈ちゃんは「寧子に甘えたかった甘えん坊のあやっぺが下の世話までさせるために積極的に介護されてた」ってことでいいのだろうか。穏やかじゃないね。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[09/24 NONAME]
[09/20 トマト]
[09/20 トマト]
[09/03 Serra]
[08/31 ろはん]
バーコード
ブログ内検索
カウンター