忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3823] [3822] [3821] [3820] [3819] [3818] [3817] [3816] [3815] [3814] [3813]

「牙狼-GARO- 炎の刻印」 4→4

 無事に2クールの放送を終えました。基本的に何から何まで1話目の印象から動かないままに推移した作品で、作中で楽しかった最大の盛り上げポイントは、「やっぱり適当なことを良いながら格好良い賢雄さんすごい」ってとこですね。おっさん萌えポイントの多い作品は良い作品なのだけれども。

 本作で最大の売りとすべきはやはり実写時代から引き継がれているそのCGワークにある。ごたごたと悪趣味なほどに飾り立てられた黄金の戦士の造形が、そのまましなやかに動き、戦うシーンにこそこの作品の見どころがある。そして、その部分は確かにお見事だった。特に中盤以降は戦うキャラも増え、敵の化け物のウネウネも含めて、実に賑やかな「CGバトルアニメ」としての見映えはしていただろう。その辺にお金がかかっていたのは、既存のファンにも嬉しいところだったのではなかろうか。ただ……それ、別に実写時代で事足りてたのではないかと思う。わざわざアニメにするということは、そこにアニメならではの魅力を付加する必要があり、今作の場合、非常にオーソドックスなファンタジー世界でもって「悪を狩る者」としての牙狼の姿を描くことで、実写版の世界観との差別化を図っている。しかし、残念ながらそのあたりがあんまり面白くないんだよな。良く言えば王道、悪く言えばマンネリ。適当に見流して2,3話楽しむ分にはとても贅沢な作品だが、わざわざこの設定で2クール引っ張るほどの魅力ある世界ではなかった。途中でレオンが挫けて一般人として野に下る展開とかも、どうせその後何が起こるかなんて視聴者全員が分かっているわけだし、たっぷり時間を割いて物語を構築しても「まぁ、知ってるわ」というだけで終わってしまう。ベタなことは悪いことではないとは言うものの、やはりそこには「ベタなことを見たいんや」と思わせるだけの売りが欲しかったものである。個人的に、その「売り」になるかな、と思っていたのは割と残酷な部分を露骨に描くダークな世界観だったのだが、中盤まで繋いだオムニバス展開でもそこまで強くアピールするにはいたらず、本当に無難な落としどころを模索することに終始したのである。同時期に同じようなCGミラクル作品として「神バハ」っていうアクの強い作品が被っちゃったのもちょっと可哀想なところだったかなぁ。やってることは全然違うのだけども、色々と狙っていこうとしたコンセプトが重なり、「神バハ」の方が吹っ切り方で一歩上だった気がするんだよね。

 まぁ、とりあえず「賢雄さんファン必見の、おっさん全裸アニメ」という独自の価値は維持し続けたので、筋骨隆々のオジサマの猥褻物陳列を堪能したい人にはお勧めだ。何が怖いって、意外とそういうニーズが多そうなところだな! あ、あと土師孝也のホントにホントにねちっこい悪役が堪能出来るのも個人的には推したいポイントの1つ。今期は「ファフナー」「純潔のマリア」と並んでおり、地味に土師孝也フィーバーなクールだったのである。当ブログは曲者のおっさんキャストを応援します。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター