忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3901] [3900] [3899] [3898] [3897] [3896] [3895] [3894] [3893] [3892] [3891]

○「ニセコイ:」 5

 あまりにしれっと入ってきてそのまま流してしまったので、うっかり新番と認識せずにスルーしそうになった作品。そうだ、これ新番組だった。1期が1年前なので、それなりに間は空いているはずなのだが、全然そんな気がしないのは何故なのだろう。

 アニメについては「うん、いつも通り」といえばそれで全てのように見えるし、1話目については「まぁ、千棘かわいいわな。多分小野寺だって可愛いし、誠士郎だってマリーだって可愛いんじゃないかな。ま、僕はるりちゃんを応援するけどね」というところまで全部1期目と一緒である。そりゃしょうがないよな。原作だってあそこまで頑なに代わり映えしないんだから。ずっとそのままにしてあることにも価値ってのは存在しているのだから、「引き延ばし」とか「ワンパターン」とか言うてやるべきでない。ちびまる子ちゃんと同じだと思えばいいんだよ。

 しかし、そんな簡単な感想のアニメではあるのだが、ちょいと気になることもある。現時点で本当に漠然とした直感でしかないので言葉にしにくいのだが、それは「シャフトも、そろそろ変革期に来ているのかもしれない」という印象である。シャフトイズムというものは、新房昭之という1人のクリエイターと出会い、彼の持つセンスの先鋭化によって一大ブランドとなったものである。個人的には「月詠」で芽生えた萌芽を「ぱにぽにだっしゅ」で育み、「ひだまりスケッチ×365」で頂点を極め、完成形として「化物語」をみせた、というのが年表なのだが、それ以降のシャフトというのは、劇場版「まどマギ」という特大の爆発物を組み上げた功績を除くと、実は案外大人しいスタジオになっている。最近の製作作品を見ても、「物語シリーズ」は西尾維新との相性の良さから出色の出来を誇ることも多いが、「幸腹グラフィティ」は非常に穏当な出来であったし、「メカクシティアクターズ」では幾分迷走している感すらあった。おそらく、シャフトは「新房イズム」を受け継ぎながらも、この先、たった1人のクリエイターに依拠するのではない新たな方向性を定めるべく、模索している状態になっているのではないか。

 今回の「ニセコイ」は、1期の龍輪さんからチーフを宮本幸裕氏にスイッチしている。1話目を見る限り、龍輪さんの持つ「新房的」演出方向は更に抑えられ、「普通のラブコメ」要素がかなり色濃く出るデザイン性が意識されているように思える。もちろん、「ただのラブコメ」に脱却するというわけではなく、宮本氏もシャフトのたたき上げであるから、「シャフト的な良さとは何か」を考えながら、1つ1つのエッセンスを取捨選択しつつ、新しく「次の時代のシャフトの画面」を模索しているように見えるのである。いや、やっぱりまだよく分からないのだが、今回の「ニセコイ」は、人気原作のアニメ化という丁度良い「調整の場」でもあるので、何か今までとは違った手触りのシリーズが出てくるのではないかという期待がある。ホントに根拠のない憶測だけどね。「なんやいつも通りやんけ」ってなったらそれはそれ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17
24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター