忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4227] [4226] [4225] [4224] [4223] [4222] [4221] [4220] [4219] [4218] [4217]

○「スタミュ 高校星歌劇」 6

 また変なの来たよ。これ、テニプリとかペダルみたいに実際の舞台になった時は「スタミュミュ」になるんですかね。

 特に説明もいらない感じの作品。「色んなアニメ作品が舞台化してるし、もういっそ最初からミュージカルのアニメ作ればいいんじゃね?」という短絡的かつ効率的な解決策。なるほど、一理ある(そうか?)。堅実なキャストで前を固めて、あとは踊れや歌えの世界である。設定が一番近いのは「芸能人として高みを目指す学園の生徒」という部分は「うたプリ」が一番近いはずだが、そもそも「うたプリに近い」っていうのは「狂気の瀬戸際」と同義なわけで、アレに似るのは色々問題だ。そして、実際に本作は順当にあの狂気の流れを組んでいるので、一話目での刺激はかなり多い。個人的なピークはもちろん、学園のトップに立つお偉方が登校してきて、いきなり一発目で謎ミュージカルを始めるくだり。滅茶苦茶笑った。「ミュージカルってあれだろ、突然歌い出すやつ」(映画「心が叫びたがってるんだ。」より)。まさしく「突然歌うよ!」である。

 まぁ、「突然歌うよ!」文化だけでいえばラブライブだってそうだし「少年ハリウッド」だって同じようなものなのだから、別に驚くようなものではない。ただ、本作の場合は「ミュージカル」という前提を置いているおかげでより致死率の高いネタになっている。あれだな、リアルの世界では身体をめいっぱい使ったミュージカルのダンス&歌っていう組み合わせは表現として魅力的だけど、アニメになって機械的にクルクル動かれると、「表現の躍動感」よりも「シュールさ」の方がずっと際だつな。個人的には「面白かったけど、見るのが辛い」という何とも不思議な枠でありました。さらにキャラクター分布もこの手の作品の礼儀として色々と極まっており、中でも一番のお気に入りは細谷ボイスの高飛車歌舞伎野郎。ボキャブラリー不足にも程があるだろ、野暮助が。アイツが学園の色に染められ、着物を脱いで楽しげに踊り狂う様を想像するだけで割と楽しい。いや、もうエンディングで実現してるんだけどさ。出落ち感満載な気もするが、もう色々満足したから2話目以降はいいかな……。

 製作スタジオのC-Stationというのは初めて聞く名前だが、調べてみるとビィートレインからの派生らしい。1話目ではダンスシーンにも一切CGを使わない手描き作画になっており、並み居る「アイドルアニメ」の中では割とやすっぽい画面になっているのだが、その分特別感はあるかも。単に「格好良い」「素敵」だけじゃなくて、やっぱりどこか情けなさ、狂気も見せてもらえた方が盛り上がるよ。

 中の人をついでに見ておくと、「お前どんだけ各方面にちょっかい出してるんだ」という諏訪部キャラが良いポジションにつけているのに期待。STARISHの活動もしなきゃいけないしテニスもしなきゃいけないしヘヴンズソングも歌わなきゃいけない。ホント大変だぞこりゃ。その他、上級生チームには平川・鳥海・森久保・波多野という「笑ってはいけない」みたいな布陣。楽しげ。メインとなるチームは花江・小野賢章・細谷・前野・ランズベリーアーサー。もう、何でも出来そう。こいつら全員が出席するマジな「スタミュミュ」が実現したらプラチナチケット間違いなしだな。正直、ちょっと見てみたいです。

 

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター