忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4222] [4221] [4220] [4219] [4218] [4217] [4216] [4215] [4214] [4213] [4212]

「俺物語!」 5→5

 変なタイミングで最終回シリーズ。しょうがない、読売系列だから、もうしばらくすると「ガッチャマン」の最終回もあります。

 2クール終わって、「まぁ、予定通りに」という感じの作品。最近はゴリラ系男子(というかイケメンゴリラ)が注目を集めているらしいが(ソースは某ゴリラ声優)、ぶっちゃけ、猛男ってゴリラでも何でもなくて、単に「いい男」だよね。そりゃ確かにルックスはアレなのかもしれないけど、少なくとも作中で3人には惚れられているわけで、これまでほとんどモテなかったっていうのは設定に無理がある気がする。「いい男が順当に惚れられて、彼女を作っていちゃいちゃする話」であるから、私のような非リア勢からしたらイライラの温床でしかないのがこの作品。くわえて、最後の最後まで大和さんのキャラが今ひとつ好きになれなくて、どこまでも「男に都合のいい女」でしかなくてなぁ。猛男とのギャップを狙ってああいうキャラになってるんだろうけども、あんまり男ウケしないタイプのキャラな気がする。一昔前に「少女漫画的」っていうとこういうキャラだったんだろうけど、今のご時世だとちょっとな。

 でも大丈夫、この世界におけるメインヒロインはあくまで砂川君だから。いや、あの男こそ様々な理想を体現した完璧なフィクション人格なのかもしれないが、作中であんまりぐいぐい食い込んでこないので嫌味がない。猛男の人柄そのものよりも、「隣に砂川君がいてくれていること」が猛男のキャラを補強しているのである。あんだけ回りでリア充がイチャイチャしている中で頑なに一人を貫く砂川君、それでも一切の悲壮感はなく、むしろ清々しいくらいの砂川君。彼さえいればこの世界は優しくあり続けられそう。

 そんなわけで、猛男×大和さんのカップルだけだと「都合が良すぎるやろ、死ね」とすら思えてくるところだが、砂川君が見事に緩衝材になってくれたのでイライラせずに済みました。ありがとう砂川君。このアニメがそういう風に見るべき作品だったのかは分からないけども、結果オーライだ。作品自体は手堅くまとまってたよね。サブキャラが食い込んでくるお話もそれぞれにちゃんと見どころがあったし。あー、でも栗原カップルは死ねって思った。ホント死ねって思った。世界中の高校生ってあんなもんなのかな。死ね。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17
24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター