忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4229] [4228] [4227] [4226] [4225] [4224] [4223] [4222] [4221] [4220] [4219]

○「ルパン三世」 6

 怪盗キッドから遅れること半年、ルパン三世がテレビシリーズとして復帰。読売ってホント泥棒が好きだな。

 個人的には幼少期にルパンを見ていたという記憶が殆どないので、ぶっちゃけると「ルパン三世」という作品には全く思い入れが無い。最近では「VSコナン」の2作品なんかはすげぇ楽しめたし、「峰不二子という女」も割と好きなのだが、それはあくまで単品のアニメとしての評価であって、「ルパンシリーズは面白いなぁ」とか「ルパンは懐かしいなぁ」とかいう心情とは分けて考えるべき。そんなわけで、あんまり期待はしないで観た作品である。

 でも、思っていたよりも随分面白かった。映像が独特なのは「峰不二子という女」も同じだったが、あちらは山本沙代の独特すぎるデザインセンスの表れ。こちらはおそらくあんまりチャラチャラと浮かないよう、しっかり昭和テイストを残しながらも現代アニメにリファインしようという前向きな「変革」の表れなのだろう。クドいデザインの中にも動きのメリハリがつけやすいような工夫が凝らされており、いかにも古くさい「ルパン的アクション」との融和性も高い。現代ルパンを表現する1つの形としては、なかなか面白いところに落とし込んだのではなかろうか。また、今作の新キャラである姫様の造形も同じデザインのラインにのっているが、コロコロと表情が変わる様子はなかなかに愛らしく、新たな方向での萌え路線すら探れてしまいそう。エンディングを歌っている女性(石川さゆりなのか?!)なども随分チャーミングである。こういうデザインの完成形ってのはなかなか狙って落としどころに収めるのは難しいものなので、スタッフはかなり意識的に頑張った結果なのだろうな、と思う。

 シナリオラインについては「いつも通り」といえばそれでおしまいだが、どうやらあのおてんば姫はレギュラーキャラとして今後のシナリオでも活躍してくれるようだ。単なるオムニバス形式でのシリーズではなく、ある程度の縦糸がある方が今後追いかけるモチベーションもあがる。藤井ゆきよの好演もあって、決して「邪魔くさい新顔」になっておらず、既に完成された人間関係の中に一石を投じてくれそうな期待がある。そして何より、余計な女が加わることで不二子がどう動くかが最大の見どころ。「峰不二子という女」では主人公になってしまったためにしがらみが多く、弾ける方向ではキャラを活かせなかったわけだが、今回はそんな心配もなく、いかにも不二子らしい不二子を見せてくれそうだ。

 それにしても、今期のマンパ、ルパンの前に「電波教師」の再放送という嫌がらせみたいな枠配分になっているのだが……いい加減個別タイトルで予約録画出来るようにしてもらえませんかね?

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター