忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4247] [4246] [4245] [4244] [4243] [4242] [4241] [4240] [4239] [4238] [4237]

○「終わりのセラフ 名古屋決戦編」 5

 番組名が「(新)終わりのセラフ」ってなってるから新番組なのか最終回なのか分かりにくい。いや、嘘だけど。

 1クール休んで分割の2期目。1期はその美麗な美術ボードに惚れ惚れとした作品であるが、それだけのクオリティを維持するためには当然休憩も必要だったわけで。無事にスケジュール調整を終えて戻ってきたよ。いや、実際のところ3ヶ月の休みでどの程度影響を与えるのかなんて知らないけどね。

 ほぼ余計なものは入れない形で直接「続き」からスタートする潔い構成。おかげで「前回何があったんだっけ?」っていうのがあんまりはっきりと思い出せないのだが、まー、何となく優一郎がとんでもないことになって、ミカエラとは別れ別れになってしまったことくらいは覚えている.今回はその尻ぬぐいというか、後片付けからスタート。そして、この手のバトルものではあまり触れたくない、「味方の上層部で偉い人たちがドロドロと余計なことをやっている様子」が描かれる。そりゃ一枚岩になれないのは当然なのだが、吸血鬼という目に見える脅威が直近に迫っているんだから、「もっと仲良く人類のために働けや」って思っちゃうよね。しかもそれがシノアの実家だってんだからなぁ。今回優一郎に詰め寄ったお偉いさんは本当に分かりやすい「嫌なやつ」で、その嫌さ具合も「金や権力に溺れて」みたいな分かりやすい「悪」ではなく、もっと怜悧な、救いようの無い「嫌さ」なので本当に面倒。これからどれだけ優一郎たちが頑張って強くなろうとしても、味方に背中を打たれるような恐れがあると乗り切れないよなぁ。まだまだ鬱要素は多そうである。

 そんな嫌なやつのおかげで君月と与一は1話目からボコボコという不遇。味方がこんな状態で大丈夫か、と思ったが、考えてみたらこの作品の最大の誘致要因ってシノアさんだったんだ。もう、彼女にはやみんボイスで「またエロ本ですかぁ? これだから男の子はっ!」とか言われたら、もうそれだけで充分です。我々の世界でなくてもご褒美です。相変わらずシノアの一挙手一投足があざと可愛いので、今後ともこの方向で頑張って頂けたらと思います。

 なお、初期配点が前期よりも下がっていますが、初動がそこまで大きく盛り上がっていないことに加えて、クルル閣下が登場しなかったことが最大の理由です。シノア&クルルの大活躍が見られれば、またすぐに盛り上がりますよ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター