忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4250] [4249] [4248] [4247] [4246] [4245] [4244] [4243] [4242] [4241] [4240]

○「Dance with Devils」 5

 ようやく辿り付いた、今期最後の新番チェック。今期は全部で34本(15分以下のアニメを除く)。まぁ、こんなもんですかね。今期こそは本数を、減らす、んだ。

 最後の最後にまたレベルの高い作品である。まさかの同じクールでミュージカルアニメが被るっていう。「スタミュ」が野郎野郎&野郎だったのに対し、こちらは主人公にヒロインを置いたいわゆる乙女ゲースタイル。ゲームか何かが原作だと思ったら、どうやらアニメオリジナルの企画であるらしい。当然、人気が出ればここから様々なメディアに展開していくことになるのだろう。

 ぶっちゃけ、私は作品の対象外なのでコレにすごく興味がある、といったら嘘になるし、なかなか熱心に見続けることは難しいかもしれないが、1話目の衝撃度はけっこうなもの。「スタミュ」同様に「急に歌うよ!」なわけだが、今作の場合はミュージカルパートがより明確に世界を隔てており、「学校の校門前で何となくクルクル回りながら歌い始める」スタミュと違い、舞台設定も小道具も完璧な状態で、より「俺たちの歌って踊るところを商品にするやで!」という意識がはっきりしている。別にどっちが上ということはないが、作品世界が地続きな分だけシュールなのが「スタミュ」、はっきりと別世界に分けてミュージカル部分を独立して楽しめるのがこっち、という区分になるかな。ちなみに、どちらの世界でも学園内の上層組織が「俺たち選ばれし者〜〜」と歌い出すのは同じである。

 それ以外の設定部分は「悪魔に狙われたヒロインをこれまた悪魔っぽいイケメンたちが守る」という、至極分かりやすいそっち系の設定。舞台の準備はかなり適当で話の展開に突っ込みどころは多いのだが、明らかに「気にしたら負け」な部類だろう。突っ込みながら訳のわからなさを楽しむのが正しい方向性。そういう意味では、似たような設定でも特に誘致要因のなかった「魔界王子」とかよりは興味を引かれる部分はあるかもしれない。今週は2曲歌ったわけだが、毎週このペースだったらそれなりにミュージカル風味は出るわけだし。

 中の人は当然「歌える」面子を揃えなければいけないわけだが、メインヒロインは本業のアイドルなので無問題。iRisは芹澤・茜屋の2人が今のところ一歩抜きんでていますね。そしてメインとなる生徒会メンバーは……まぁ、大丈夫でしょう。斉藤壮馬がどの程度歌えるのかは知らないけども。木村昴とかは完全に「舞台でもいけます」面子だからな。なお、個人的に気になったのはそっちよりも「主人公のおふくろさんが山村響」っていう部分。彼女は芸歴に似合わぬ不可思議な貫禄があるよな。

 

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター