忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4336] [4335] [4334] [4333] [4332] [4331] [4330] [4329] [4328] [4327] [4326]

「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」 6→5

 山根さん生存おめでとうございます。まぁ、原作では本当に「ついでに」殺されてたし、尺を考えて真っ先に削られたのがあの事件だったのは正しい判断でしょうね。

 点数は下げてしまったが、決して悪い作品ではないことは先にお断りしておく。単にちょっと「私の好み」からずれた部分があっただけで、作品の映像化としては、非常に丁寧だし、映像化自体がかなり無茶なデザインの作品だったものを、きちんと1つのシリーズとしてまとめ上げたことは評価されるべきだろう。ノイタミナなので話数が少なく、普通のシリーズアニメよりもさらに尺が短かったが、それでもどうにか過不足無くシナリオを収斂させているし、ミステリ(ィ)的な部分でのけれん味もきちんと残っている。もちろんこれよりも攻めたデザインでもっと大化けしていた可能性もないではないが、原作ファンの多さを考えるなら、このくらいのさじ加減でまとめておくのが一番良かったのではなかろうか。

 「会話劇が中心である」「舞台が全然動かない上に全く見映えがしない」という原作の持つ根本的な問題は、数多の西尾維新作品に通じるものがあるが、森作品の場合、西尾維新のように「縛りを全部取っ払って無茶なことをやる」というほどに世界がかっ飛んでいるわけでもない。冷淡に見えて実はポエミィというなんとも面倒なスタイルが持ち味であり、あまり画面をガチャガチャいじってしまうとせっかくの個性が台無しになってしまいかねない。つまり、地味な画面を地味なままで作るしかないわけだ。エアカーのシーンでちょっといじって見た目に賑やかな画面を作ったり、最低限の脚色はしているが、基本的にはとても地味な研究所の、とても地味な会話劇がそのままだ。原作を知っている身としてはこれで不満は無いのであるが、もし初見の視聴者がいた場合、「アニメ化する必要ないんじゃね?」という突っ込みが入る可能性は高い。そして、それに対する答えは「まぁ、そうだけど」になってしまう。アニメにして一番映えるのは序盤の死体登場シーンだと思うんだけど、規制の関係もあってそこまで劇的に描くわけにもいかないし、流石に今となってはパソコンやらネットワーク関係の話も随分陳腐になってしまっているので、そこを大仰に描くわけにもいかない。時代の要請とはいえ、これをそのまま映像化するのはなかなかの難題である。そこでアニメスタッフが望みを繋いだのが、深夜アニメの華である「ヒロインの魅力」だった。

 実は、個人的に、この辺りのスポットの当て方がちょいと不満だった部分である。萌絵の方はいい。最終話の時間の割き方も含めて、彼女の描かれ方は身の丈に合っていたし、それなりに原作通りの魅力は伝わったんじゃないかと思っている(熱心なファンから見たらどうかは分からないけど)。ただ、真賀田博士の方は不満がある。それは、作中で執拗に描かれた進藤所長との逢瀬のシーン。原作にはないものであるからひょっとしたら私の読んでいない「四季」からの引用なのかもしれないが、ああも繰り返し真賀田博士の「人の部分」「女の部分」が描かれると、彼女の超人的な魅力、ぶっちゃけていえば僕の中にある偶像が歪んでしまう。私の中の真賀田四季はこの「F」と「有限と微小のパン」の中にしかおらず、つまりは「とにかくすげぇ」「一言でいうならラスボス」なのである。もちろん、「F」における彼女の犯行動機を納得いくレベルにまで持っていくためには彼女の人となりを掘りさげる必要があり、その中で進藤所長との関係性が不可欠だったのは分かる。アニメ視聴者に(ただでさえ無茶な)今回の動機を納得してもらうためには、少しでも真賀田四季という女性についての情報は多い方が良い。原作ならばそれが自然に蓄積された上で解決に向かうが(まぁ、それでも突飛ではあるが)、アニメの尺ではなかなか自然に配置するわけにもいかず、積極的に「回想シーン」として彼女の登場シーンを増やす必要があったのだろう。そのあたりの理由は全部まるっと理解したうえで、「それでもやっぱり、真賀田四季はもっと超然としていてほしかった」というのがわがまま勝手な願望なのである。

 多分、二律背反のどっちを取るかなんだ。この「F」を1つの作品として成立させる方を優先するか、彼女を中心としたシリーズの全体像を優先するか。単体での完成度を優先するなら、真賀田博士に「超越性」はそこまで求められる要素ではなく、「据わりの良さ」を考えてデザインすべき。もし、今後もシリーズが続き、最後の「パン」にたどり着けるならば、もう少し真賀田博士という女性を謎のヴェールに包んでいても良かった。でもまぁ、8作品全部アニメ化とか絶対あり得ないからな(「冷密」とか、アニメにしたらクソつまらないだろうな)。このアニメは「F」の世界で完結している。だからこれで良いのでしょうね。

 最後に中の人の話題に触れておくと、当初発表された「四季=木戸衣吹」の報には「どないやねん?!」と首を傾げたものだが、しばらくしてから「あぁ、そりゃそうや」と気がついた。選ばれたのは、甲斐田裕子でした。完璧なお仕事ですね(多分他の選択肢は田中敦子か本田貴子あたりになると思われる)。甲斐田ちゃんの活躍がもっと見たいから、なんとか「パン」だけでもアニメ化してほしい……いや、なんでもないです。そして萌絵役の種﨑敦美については言わずもがなですね。他にも国枝女史が大好きなのも言わずもがなだが、普段の役とはちょっと体温が違う島田役のぴかしゃの仕事が思った以上に気に入った。何やっても魅力がある声というのは良いものです。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
19
25 29
30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
[07/15 Hito-oni]
バーコード
ブログ内検索
カウンター