忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4959] [4958] [4957] [4956] [4955] [4954] [4953] [4952] [4951] [4950] [4949]

「クロムクロ」 5→6

 なんだかしっとりと、ゆったりとした2クールでしたな。普段P.A.Works作品となると良くも悪くも目の色を変えて視聴するのですが、今作はそうしたこともなく、毎週ただただ受け入れるだけで満足でした。ちなみに「良くも悪くも」の良い例の代表が「凪のあすから」や「有頂天家族」で、悪い例が「ハルチカ」や「シャーロット」です。

 「P.A.がロボットものぉ?!」というので面食らった本作だが、考えてみりゃ「CANAAN」だって作ってたわけで、CGアクションは別に初めてってわけでもないんだよな。最初はガシャンガシャンとCG丸出しなマシン群を観てると「別に格好良くないし、目を見張るような出来でもないなぁ」と思っていたのだが、毎週見てる内に馴染んできたし、「富山の街中に突っ込んでくる異星人ロボ」だったらこれで正しいんじゃないか、っていう気分になっていった。クロムクロは当然オーバーテクノロジー気味だったが、それ以外の地球サイドのマシンは「無いけどありそう」なラインを保ったデザインになっていたし、それと戦わなきゃいけないんだからエフィドルグ側もそれ相応のデザインになるよね。ラスボス機が割と無茶してくれてたのも、なんだか古式ゆかしいロボもののアホ臭さが出ていてほっこりしました。バトルが短かったのは勿体ないとも思ったが、ぶっちゃけ、今作はあんまりロボバトルメインで見てたわけでもないしな。

 じゃぁ何を見ていたかっていうと、そりゃまぁ、「タイムスリップお侍と現代高校生のドキドキ交流記」ですわね。当初は単なる賑やかしだろうと思っていた由希奈のクラスメイトチームも、話数を重ねるごとにどんどん自分のポジションを確立し始め、気付けばみんなが作品に欠かせない存在になっていた。まぁ、カルロスが必要だったのかと言われればちょっと考えどころではあるのだが、あいつのおかげで「富山感」というか、「どうしようもない田舎感」みたいなものが補強され、「真剣にロボで地球を守ろうとしてるけどこいつらときたら」みたいなギャップが強まったのでやっぱり大事なんだ。

 そして、個人的に今作で一番のお気に入りポイントは、この御時世だというのに「タイムスリップお侍」をものすごく丁寧に作劇してくれたこと。いや、「タイムスリップお侍」っていうジャンルがあるのかどうかは知らんが、まぁ、あれだよ、自動車が走ってるのを見て「鉄の馬が!」っていうお約束のくだりだ。散々手垢の付いたネタなので、大体にしてこういう展開はお約束に則って適当に進めていくもんなのだが、そこは天下のP.A.Worksの脚本である。この「剣之介がカルチャーショックを受けつつも少しずつ馴染んでいく」というくだりをやけに丁寧にやってくれている。最初はいちいち訝しげな表情をしていた横文字の表現もいつの間にやらすっかり慣れ、電子辞書に始まって気付けばスマホ、タブレットまで使いこなし、由希奈を超えてしまうという。でもまぁ、彼だって若者なのだし、切羽詰まったら武士道を守りつつもモバイルだって活用しますよ。そりゃそうなんだ。そして、変化しつつある剣之介を「現代に引っ張る」由希奈と「過去に留める」雪姫(ムエッタ)の2人で引っ張り合うという変則三角関係も恋愛方面から素直にドラマを押し進めてくれる。最終的には由希奈と剣之助は「ハイハイ、爆発爆発」みたいなリア充カップルでしかないのだが、なんかもう、さっさと幸せになって欲しい感が満載なのだ。このあたりの物語の進行のそつのなさもありがたい部分で、2クールという余裕のある尺だからこそ展開出来る安心クオリティだ。それにしても由希奈は可愛かった。いや、ソフィだって美夏だって全部可愛いんだけどさ。萌えアニメとしての機能性も高いんだよなぁ。やっぱり映像の力って強いなぁ。

 「TARITARI」みたいな瞬間風速(というか1クールの潔さ)とも違うし、「凪のあすから」みたいなじっとりガッツリな物語の重みとも違うが、この「安心して見ていられる」という完成度の高さも、やっぱりP.A.ならではのものだったのではなかろうか。

 以上、P.A.WORKS大好きおじさんがお送りしました。次は「有頂天家族」だぜ!

 

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター