忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5144] [5143] [5142] [5141] [5140] [5139] [5138] [5137] [5136] [5135] [5134]

「ブレイブウィッチーズ」 6→5

 なんで13話が特別上映なんですかね(棒)。まぁ、その辺を多くは突っ込むまい……。

 万策尽きてしまったというネガティブな要素はあるものの、それ以外の点ではそつなくこなした一作。中盤多少ダレる部分もあったかもしれないが、まぁ、どうしたって新規で登場するキャラの導入話ってのは似たような展開になりがちだし、これから盛り上げるために必要な手順だと思えば我慢出来るレベルだろう。きっちりシーズンラストでの盛り上がりは見せてくれたのだし、構成自体に不満は無い。

 そして、最大の注目点は何と言っても502のメンバーがどんな連中か、というところ。大所帯のチーム全員にスポットがあたる本シリーズ。前作「ストパン」の場合、2クールたっぷり使って芳佳と周りの面々の交流を描き、気付けば1人も欠くことが出来ない、素敵な仲間達になっていた。今作も基本的に構造は「ストパン」と同じで、1話1話でスポットを当てるキャラを変え、ゆっくりと導入していく。まだ全員が綺麗に「お当番」を勤めたとは言いにくいが、前作同様に「2」があることを期待すればある程度の偏りも気にならない。重要なのは、ひかりと大きく関わることになる管野、ニパあたりをしっかり描き込むことである。前作ならリーネやペリーヌに当たるポジションだね。少なくとも管野のツンデレヤンキーっぷりは存分に発揮されていたし、ニパもその「不幸体質」に加えて理屈抜きの人の良さ、そしてちょっとしたアホさなんかも魅力として定着したので、この辺りの面子については文句のないところ。ロスマン先生やクルピンスキーのやり過ぎ感も割と楽しかったですよ。個人的には隊長がもっとバトルで活躍出来るようなシナリオも欲しかったところだが、そのあたりは全部2期目に期待したいと思う(あればね!)。

 全体的なシナリオに大きな不満は無いし、前作とのコラボもエイラーニャを通じてある程度実現。理想的な2期目になっていたが、まだまだ「スタートダッシュ」の段階であると考えると評価は保留したいところ。「ラブライブサンシャイン」と同じ立ち位置で、「まだまだひかりの活躍は追いかけていかないとね」という段階なのだ。その上で点数が下がっているのは、1つには「明確な新鮮味に欠けた」ということ。まぁ、王道展開なので無理に捻ったことをやられるよりはこちらの方がいいのだが、やっぱり空気を読みすぎていちいち手伝ってくれるネウロイさんの存在なんかは違和感のあるところで、もう少し独自に世界観を掘り下げて「話を進める」要素は欲しかったかもしれない。そして最も大きな減点要素は、巷でも散々文句を言われているが、CGデザインの劣化である。うーむ、まさか時代を経てCGデザインがヘボくなる作品があるとは思わなかったわ……。いや、どうだろ、脳内で美化されてるだけで、前作も似たようなクオリティだったっけかなぁ。でも、ストパンのいいところは、空戦ではCGを上手く利用して滑らかな滑空描写を実現しつつ、作画パートでは萌え画として純然たるデザインを確立出来た点だと思うのだが、今回はどうにもCGが「目立つ」カットが多くなり、いちいち興が削がれる結果になってしまった。この辺りもひょっとしたら「万策尽きた」ことに繋がっているのかもしれないが……。ベースとなる作画状態は悪くなかったため、そこだけはとても残念。2期があるなら、もうちょっとCGの使い方を工夫して欲しいところだ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
バーコード
ブログ内検索
カウンター