忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5139] [5138] [5137] [5136] [5135] [5134] [5133] [5132] [5131] [5130] [5129]

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」 6→6

 ひとまず、3クールの長丁場、お疲れ様でございます。まぁ、何度も書いてきた通り、もっと長丁場になっても良かったんだけども、そこはそれである。

 毎回ダラダラと無意味に長文を書いてきたので、集大成として書くべきことはあまりない。正直、もう1年近く前になるので最序盤の印象とかどうだったかあんまり覚えてないし。とりあえず、「毎週かじりついて観てたんだから面白かったに決まってるやろ」っていうのが素直な感想ですかね。開始直後に議論が起こったキャラクターデザインに関しても今となっては「これしかない」って気分になっているし、部によってコロコロやりたいことが変わりやすい「ジョジョ」らしい浮気っぽさを出しつつ、きっちり3部までに培ったジョジョ愛を見せてくれるだけの作品に仕上がっていたと思う。

 もちろん不満があったのは事実だ。最大の文句はシリーズ中で作画リソースなどがヘタってしまったことで、可哀相なレッチリさんやジャンケン小僧が犠牲になってしまったり、キラークイーンの初登場時にブチ切れる視聴者が出てきたりと、「せっかく作風を考えたキャラデザで挑んだんだから、最後まで責任を持って品質を維持して欲しかった」ってのは間違いなく悔しい部分。また、後半に顕著だったシナリオの削り方も悩ましい部分であり、3部があれだけゆとりのある展開だったのだから、同じレベルでの作り込みが観たかったのは事実である。

 とはいえ、話数の絞り込みについては致し方なかった部分であるということも理解出来る。何度か書いたかもしれないが、バトルバトルで繋いでいく3部までと違い、やはり4部は「アニメ向きではない」内容も含まれており、3部と同じような間尺で映像を作っていくとどうしてもダレてしまう部分はあったのだろう。こちとら映像の専門家でも何でもないので「やってみたら良かったのに」と不平を言うだけだが、現場のスタッフからすれば、張り詰めた緊張感を取るか、余裕を持たせてダレる危険性を取るかの苦渋の二択。そこで3クールという選択にしたことが、間違いだったと断言できる人間はいないはずだ。与えられた尺の中で最大限の努力をし、決して不出来で無い作品にまとまったのだから、感謝こそすれ、ねちねちと文句を言うべきではないのだ。20年越しでかなった「動くキラークイーン」を観て、改めてそのありがたみを噛みしめよう。「もっと格好良いデザインで観たいのに」という人は、おとなしく原作絵を穴が空くまで読み込むべし。

 不満が無かったわけではないが、充分及第点の9ヶ月。長らく楽しませてもらいました。次に康一君が登場するのは、一体何年後になるかねぇ。流石に4部と同じデザインではやってほしくないので、また全然違ったアニメ版ジョジョが生まれることになるだろう。イタリアにロケハンにいかなきゃいけないし、スタッフも大変だろうなぁ。

 中の人の話は……今更する必要も無いかな。(本当に出てきた直後は)抵抗があったのは康一・吉良あたりだが、今となってはこちらの方が完成形。そりゃま、これだけの陣容で不満が出たら嘘ですわな。個人的にヒットになったのは、由花子・辻彩・そして早人。うん、つまり当ブログ右柱部参照ってことだ。トリッシュ役は誰になるかなー。出来ればナランチャはゲーム版でそのままいって欲しいなー。

 未来で会おう、イタリアで(DC版3部ゲーのポルナレフの台詞より)。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター