忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5318] [5317] [5316] [5315] [5314] [5313] [5312] [5311] [5310] [5309] [5308]

ALL OUT!!」 4→5

 迷い無くスポ根。前クールはやたらスポ根が多かったので埋もれていた印象だったのだが、冬クールは他に似たような作品も無くなったので、ゆっくり観られるようになった気がします。こうしてみると、大量に生産・消費されるアニメの「同時期に何が放送されてるか」ってのはやっぱり重要だよな(まぁ、大量消費しなきゃいいだけなんだが)。

 最初に印象が悪かった部分は、何となく画が受け付けなかったことと、あまりにもスポ根のテンプレに依存しすぎていて説明が不足していたこと。「何故ラグビーなの?」「彼らの普段の生活はどんなものなの?」といったバックグラウンドが見えてこなかったために、序盤はストーリーに入っていくのに随分時間がかかったように記憶している。しかしまぁ、画は慣れれば問題は無い。ヘンテコな形の顔とか、どう考えても高校生じゃない造形とか、やっぱり異彩を放つデザインではあるのだが、まぁ、異能力スポーツアニメだったらこのくらいは普通ですしね。いざ試合が始まると頭になんか被るヤツも出てくるし(あれ、なんていうんだ?)、同じユニフォームを着た状態でもはっきりキャラの区別がつくようなデザインってのは大事ね。ラグビーは特に参加選手が多いのでそういう部分が大事になってくるんだ。

 そう、この「人数の多さ」ってのはかなりのハードルなんだ。野球で9人、サッカーで11人。これだけでもキャラを描き分けたり、活躍させるのは相当大変なのだが、ラグビーはなんと15人。さらに野球と違って全員が同時に駆け回るグラウンドスポーツなので、油断したら一気に14人分の空気キャラが発生してしまう。かてて加えてルールまでよく分からないスポーツとくれば、こりゃもう、ハードルが多すぎて飛ぶ気にもならない。しかし、今作の場合はどうにかこうにか、そうしたハードルを片付ける努力を続けているのだ。キャラのかき分けはその一歩目だし、一応話が分かるように、1つ1つのポジションの意義を確認しながら満遍なく物語を作っていくことでルールを把握しながら見続けることが可能になる。まぁ、当たり前のデザインといえばそうかもしれないのだが、やっぱり丁寧な見せ方って大事よ。

 個人的にターニングポイントのなったのは監督のおっさんが登場したところ(随分早いな)。監督さん、くっそ格好良いのよね。典型的なツンデレジジイなんだけど、土師さんのハイパーダンディボイスの影響もあり、このツンデレ的格好良さが本当に素敵。途中からはどんどんデレて可愛くなっていくおっちゃんを見守るアニメになってた感すらある。やっぱり、こういうスポーツ漫画って「有能な監督が選手の及びもつかない発想で指導してくれて、気付かないうちに強くなっていく」過程が面白いと思うのだが、おっちゃんはそれをパーフェクトにこなしてくれていた。最初に大迫力だと思ってた赤山がどんどんカワイイ側のキャラになっちゃったから、チームの背骨が監督によって支えられてたのはでかいよね(赤山は赤山で悪くないんだけどさ)。あ、あと先生の翻心ストーリーも好き(結局おっさんしか見てない疑惑あり)。

 原作はまだまだ続いているようなのでアニメが終わったと言ってもあまり達成感は無いのだが、逆に言えば今後の展開も期待出来るかも、ってことで。しばらくかかるとは思うが、のんびり待ちましょね。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター