忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5342] [5341] [5340] [5339] [5338] [5337] [5336] [5335] [5334] [5333] [5332]

 

←前(3/4)へ 

 

 

 

<キャラクター部門・女性キャラ>

 簡潔にまとめた(?)男性部門と違い、どうしても長くなりがちなヒロイン部門。なるべく絞って、絞ってね。

 今期も本当に素敵ヒロインはたくさん居たわけだが、どうにもハーレムな作品だと個々の重要性は薄れがち。作品ごと忘れ去られないよう、出来るだけ「良かったところ」を特徴付けて記録に残していきたいところ。「個性」というテーマを設定すると、金太郎飴のような現代アニメヒロインは自然に淘汰されていくことになる。とはいえ、ベタはベタで良さもあるので難しいところだが……。

 まずはまっとうなヒロイン勢から。新世代のアイドルとして今後が期待されるのは、銀河の歌姫フレイア・ヴィオン(マクロスΔ)。前作「フロンティア」では完全にシェリル派だった私ですが、今作はどこぞのパイロットさんの存在意義が薄すぎたせいで、事実上のフレイア一択。まぁ、アイドルヒロインとしては正しいスタンスだったのかも。同様の真っ直ぐさでいえば白羽由希奈さん(クロムクロ)も正統派で魅力を振りまける良い女子高生でしたね。2クールも濃密に「ただ1つのカップルの馴れ初め」を見せられても、剣之介と由希奈だと「分かったからさっさと幸せになれよ」という気持ちしか出てきません。当然、上記男性キャラリストと重ね合わせるなら、牧穂乃香さん(キズナイーバー)もさっさと幸せになれ、タイプのヒロインですかね。メインヒロインは違う人? そんな概念はしりません。

 メインヒロインってのとはちょっと違うかもしれないが、どっちかというと男役でいい仕事を見せてくれた大人な女性、小林(小林さんちのメイドラゴン)。こういう立ち位置のキャラってアニメだと珍しいので、彼女の存在そのものが今作の個性と言えなくもないですね。あ、もちろんメインヒロインってのはカンナちゃんのことですからね。当たり前じゃないですか。尽くす側と尽くされる側のどちらが可愛いのかはなかなか難しい問題だが、尽くす側の筆頭はほしのゆめみPlanetarian)ということになってしまうだろう。まぁ、そこまで全てを賭けて尽くされても涙しか出てこないのだが……。もうちょっと気軽にね、日常的な奉仕がほしいところですね。イゼッタ(終末のイゼッタ)とか? うーむ、これでもちょっと重いなぁ。雪染ちさ先生(ダンガンロンパ3)とか? 違う、そうじゃない。どっちかっていうと彼女はラスボス部門だ。来夢先輩(ばくおん!)の包容力とか……違う、あれはゲテモノ部門だ。あんまり尽くしてくれるキャラがラインナップしてないじゃないか……。あぁ、犬塚つむぎちゃん(甘々と稲妻)ですかね。この部門、幼女を何人並べるかで俺の人間性が問われそうで怖い。

 やっぱり女の子は滅私で奉公なんて必要ないのかもしれませんね。どこまでも元気で、自由であってくれればいいのかも。当方被虐属性ですので、ちょっとくらい暴れても魅力だと割り切ります。花咲里あさみちゃん(アクティヴレイド)とか。……いや、そこまで壊れるとちょっと手がつけられない。サナギ姉妹(アンジュ・ヴィエルジュ)くらいなら大丈夫かな? あー、でも、百合だと付け入る隙が無いんだよな……。グループの中で一番元気な小田切双葉さん(三者三葉)あたりは。おっ、このあたりが現実的なポジションじゃないかな。やっぱ女子高生やな。元気っぷりでは天下ハナビちゃん(灼熱の卓球娘)も負けてない。部活少女の清々しさは素晴らしい。自由の申し子草薙ゆまちん(装神少女まとい)も非常に魅力的ですよね。まぁ、オープニング映像すら自在に変える強さをやんちゃと片付けていいものかどうかは悩みますが。中の人繋がりなら胡桃沢=サタニキア=マクドウェルさん(ガヴリールドロップアウト)も破壊力でかいですよね。こうやって並べた中ではかなり被害が少ないほうですし。そして走り出したら止まらない愉快なヒロインといえば宮野さん(田中くんはいつもけだるげ)は絶対にキープです。一家に1匹、宮野さん。こうしてみるとやっぱりロリ度が高いな……。

 もうちょっと抑えめで大人の魅力とかないんですかね? そうだなぁ、やっぱり甘えたり、頼ったり出来る女性の方がいいかなぁ。先輩キャラといえば八神コウさん(NEW GAME!)あたりが鉄板でしょうか。まぁ、ここも百合成分が多めですけどね。もっと素直に甘えたい? それなら川本あかりさん(3月のライオン)で決まりだ。オギャリティとかいう気持ち悪い言葉があるらしいですが、彼女の存在を目の当たりにしてしまったら、それもやむなしと諦めるしかないですね。ちなみに姉属性っていうくくりで同作品から幸田香子さんもリストアップさせてください。面倒臭い年上の女性にいいように弄ばれる人生も素敵なものですよ。これが佐藤先生(亜人ちゃんは語りたい)までいくと甘えるべきなのか甘えさせるべきなのかが分からなくなっちゃうからなぁ。まぁ、佐藤先生の場合は「弄る」とか「嬲る」で良い気がしますけども。そうそう、ママ味溢れる今期最高のキャラはトップスピードさん(魔法少女育成計画)ですからね。異論は認めません。

 年上とか、年下とか、そんな関係性はやっぱり駄目なんだ、という対等のポジショニングをお望みの人には、幼馴染みキャラなどいかかでしょうか。失われて初めて知る大切さ、一ノ瀬桃子さん(タブー・タトゥー)。何故こういうアニメって幼馴染みが幸せになれないんだろう。近所のお友達なのに絶対関係が発展しない気がする女の子、木幡真琴ちゃん(ふらいんぐうぃっち)。関係性が一足飛びでもう熟年夫婦みたいになっちゃうからなぁ。関係性の疲れ切ってる感なら、お兄ちゃんが大っ嫌いな妹、千種明日葉ちゃん(クオリディア・コード)なんてどうでしょう。明日葉に蹴られながらアイス買ってきたい人生だった。隣に置いておけば絶対楽しいことが起こる(そして面倒なことが起こる)同居人にはスーシィ(リトルウィッチアカデミア)を置いておきたいですね。間違いなく翌日にはキノコですけどね。バディを組むならもっと真っ直ぐな子がいいかな。責任感もあるし、安心して背中を任せられるヤヤカ(フリップフラッパーズ)なんてどう? 男女の友情を積極的に成立させてくれそう。愛憎を乗り越えた絆の強さなら下村泉さん(亜人)も理想のビジネスパートナーだなぁ。スーツが似合う萌え系女子って貴重よね。そして、恋愛感情なんて遙か彼方に、僕らのフレンズサーバルちゃん(けものフレンズ)。ペットセラピーって、女の子との生活を指すことも可能なんでしょうか。

 そういや今回、「ラスボス部門」にほとんどキャラクターがノミネートされなかったなぁ。ヨハネ(津島善子)(ラブライブサンシャイン)はボスでもなんでもないしなぁ。個人的には彼女が一番転がしたいAqoursメンバーですね。あ、一応敵キャラなら黒鳥の騎士オディール(スクールガールストライカーズ)ってのもいるんだけど……ボスキャラじゃねぇなぁ。一応、純正の悪役ってんなら中村刑事TRICKSTER)は割と印象的だったので、今期悪役部門は彼女でいいかなぁ。最後どうなったか分からないんだけどさ。

 ラスト、ベスト3に入る前に、こぼれベスト3とノミネート除外理由を付記。ナンバー1,レムりん(RE:ゼロから始まる異世界生活)! 他の部門で色々関わりすぎてるので殿堂入りだ! ナンバー2,ターニャ・デグレチャフ少尉(幼女戦記)! 彼女を女性キャラ扱いしていいのか決められなかったんだ! そしてナンバー3、チトさん(ふらいんぐうぃっち)!! 猫だ!!! でも、多分ナンバーワンは猫だ!

 以上、残す3人は誰だ?!

 

 




 

第3位

‘05 「灼眼のシャナ」より「“弔詞の詠み手”マージョリー・ドー」

‘06 「天保異聞妖奇士」より「アトル」

‘07 「バンブーブレード」より「千葉紀梨乃」

‘08 「とらドラ!」より、「逢坂大河」とその他ヒロインズ

‘09 「デュラララ!!」より「セルティ・ストゥルルソン」

‘10 「会長はメイド様!」より「鮎沢美咲」

‘11 「47都道府犬」より「愛知犬」

’12 「しろくまカフェ」より「笹子さん」

’13 「サムライフラメンコ」より「真野まり」

’14 「デンキ街の本屋さん」より「先生」

’15 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より「ヘスティア」

‘16「響け!ユーフォニアム2」より「吉川優子」

 当然、ユーフォからは誰か1人が出てくることが決定している。さて、今期もっとも輝いた吹部部員は誰だっただろうか? やはりストーリーのほとんどを持っていった田中あすか先輩が最有力か。いやいや、そんなラスボスを正攻法で倒しにいった我らが主人公・黄前久美子嬢だって負けてはいない。そして久美子が出てきたなら、最強無敵の両刀クイーン、高坂麗奈さんが出てこないわけがないだろう。うーむ、今期もハイレベルな三つ巴だ……。

 というわけで、やっぱりデカリボンですかね! 1期で登場直後にヘイトを集めまくったクソ女だった彼女だが、あまりに献身的な中瀬古先輩への純愛は不器用ながらも誠実なものであり、ソロパート勝負では「こいつ、嫌なヤツだけど、悪い奴ではないんだよな」という同情的なポジションへ。そして2期が始まり、わだかまりの無くなった彼女に残されたものは、ただ純粋な部活愛だけ。2期序盤は2年生がメインだったこともあり、中川先輩との絆の物語あり、鎧塚や希美との関係性における抜群の気遣いあり、そして何と言っても、素直じゃないけど後輩のことも気になっちゃう純正ツンデレ風味ありで、過去の悪行がかえってスパイスになって魅力がストップ高。一時は主戦力がごっそり抜けることが不安視された北宇治吹部だったが、彼女が新たな部長に選出されたことで、きっと来年も頑張ってくれるだろうという安心感を得たのである。

 人は成長する生き物。昨日の姿と今日の姿が変われば、それは魅力につながるのである。吉川体制でどんな吹部が作られていくのかが気になりますね。そして、次の曲が始まるのです。

 

 

第2位

‘05 「地獄少女」より「閻魔あい」

‘06 「うたわれるもの」より「トウカ」

‘07 「キミキス pure rouge」より「二見瑛理子

‘08 「紅」より「九鳳院紫」

‘09 「ささめきこと」より「村雨純夏」

‘10 「刀語」より「否定姫」

‘11 「花咲くいろは」より「四十万スイ」

’12 「人類は衰退しました」より「“わたし”ちゃん」

’13 「戦姫絶唱シンフォギアG」より「雪音クリス」

’14 「selector spread WIXOSS」より「蒼井晶」

’15 「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」より「アンナ・錦ノ宮」

‘16「クズの本懐」より「皆川茜」

 「ユーフォ」同様、ハイレベルなヒロインどうしの席の奪い合い(蹴落とし合い)が発生した作品が、この「クズの本懐」。大本命は当然、悩める我らがヒロイン・安楽岡花火さん。彼女がクズであり、彼女が真っ直ぐだったからこその物語。揺れ動く青春模様は、圧巻のメインヒロインであった。彼女をライバル視するモカもめばたのり子さんも負けてはいない。出番こそ少なかったものの、作中では貴重な純愛を貫くキャラとして、ドロドロとした作品世界を強く下支えした。ハイパー肉食レズ・絵鳩早苗ちゃんだって、そのエネルギーは無尽蔵。相手を思うからこその恋慕。そこにどんな背徳的な感情があろうとも、好きなものを好きと貫き通し、想いを成し遂げようとする姿は実に凛々しかった。女子高生が一生懸命というだけで、世界はかくも甘美である。

 しかし、彼女達が何故そうまでして必死に戦ったかといえば……全てはこの人なんだ。非常に偏った見方で具現化すれば、「女の権化」とでも言える非実在性ミラクルビッチ・皆川茜先生。彼女のやってることは本当に最低だし、女から見てもゲス、男から見ても真性のクズ。誰がどう考えてもこんな奴は社会的に抹殺されてしまえばいいと思うのだが……それでも彼女はどこまでも魅力的なのだ。考えてみれば当たり前のこと。彼女は自分の持つ武器を最大限に活かすことを信条としており、努力を一切怠っていない。常日頃から完璧な仮面を被り、ただ「男を惑わす」というその一点にのみ人生を賭けている。そうすることで、いつでも狙った男が食えるし、男を食って、他の女を嘲笑うことこそが彼女の糧。生きるために全力を尽くしているのだから、形はどうあれ、その精神は美しく見える。

 アニメ史上稀に見るミラクルビッチを演じたのは豊崎愛生。彼女の天性のミラクルボイスからのミラクルビッチという破壊力がキャラの造形を一回りも二回りも大きくしていた。やはり何度でも確認しよう。豊崎ボイスは魔性のボイス。歳を重ねて年齢も大台を迎えたことで、まだまだ新しい世界を拓いてくれそうである。

 

 

第1位

‘05 「ぱにぽにだっしゅ」より「レベッカ宮本」

‘06 「ローゼンメイデン・オーベルテューレ」より「水銀燈」

‘07 「ひぐらしのなく頃に解」より「鷹野三四」

‘08 「SOUL EATER」より「魔女メデューサ」

‘09 「CANAAN」より「リャン・チー」

‘10 「けいおん!!」より「田井中律」

‘11 「よんでますよ、アザゼルさん。」より「佐隈りん子」

’12 「中二病でも恋がしたい!」より「凸守早苗」

’13 「魔法少女まどか☆マギカ新編 叛逆の物語」より「暁美ほむら」

’14 「PSYCHO-PASS2」より「霜月美佳」

’15 「ガールズ&パンツァー劇場版」よりドゥーチェ・アンチョビ(安斎千代美)

‘16「この素晴らしい世界に祝福を!2」より「ダスティネス・フォード・ララティーナ」

 「個性」というお話が出ていたわけですが、個性、個性ね……これを個性として認めていいものなんでしょうか?

 「このすば」ヒロインズは、正直かなり拮抗した好勝負だった。世界の全てを作り上げる超絶迷惑エンジン・駄女神アクア。萌えの筆頭、エクスカリバーを振りかざす頭のおかしい爆裂娘・めぐみん。その他ウィズさんだってエリス様だって、「同級生を騙る女」だって、どこまでも活き活きと、この素晴らしい世界には変態が大挙している。今期、そんな女どもを操るカズマさんの方は無事にエントリーを果たしたわけだが、さて、何とかしてヒロイン勢からも選出しなければならない。昨年度の時点で最終候補に残っていたのはアクアだったし、今期はいよいよアクアの出番か、そう思ったんだ。

 でもさ、2期だけで判断するとダクネスじゃない? ララティーナじゃない? 彼女の「取り返しのつかなさ」が、一番の「個性」と言えるんじゃない? 正直、1期の時点では3人娘の中で一番まともなのはダクネスだった。いや、実際に一番まともな御仁なのだろう。常識もあるし、実力もあるし、見目麗しい容姿に内実が一番伴っているのはおそらくダクネスだ。だからこそパーティの中ではいくらかツッコミ寄りの立ち位置にも回っていたのだし、1期では被害者サイド(歓喜)に回ることが多かった。キャラの掘り下げとしても、「くっ殺を望む女騎士」という出オチみたいな存在感しかなかったわけで、MだのSだのという話題さえ一通りいじり終われば、彼女はただの可愛いヒロインだと、そう思っていたのだ。

 しかし、2期に入ってからというもの、ダクネスの病巣は深まる一方。彼女の神秘のヴェールを1枚ずつ剥ぎ取っていくと、その中から出るわ出るわの変態見本市。単に「痛みが快楽に変わる」という安易な「M」だったらそれだけで終わったのだが、彼女の場合、メンタル面でのダメージまで全てが愉悦と快楽に変換されるという脳の機構が完全にイカレており、カズマを見て「将来筋金入りのクズとして嫁に迷惑をかけそう」という妄想だけでハァハァ出来るという。単なるMなどという言葉では処理出来ないダクネスの「求道者」としての高潔さは、この世界でしか成し得なかった完全オリジナル。彼女はどこまでも貪欲に苦痛を求め、どこまでも真剣に、敬虔に、茨の道を探し続けるのである。爆裂して使い物にならないウィザードも、面倒ごとしか持ってこないバッドラック駄女神もパーティに置いておけばトラブルのタネだが、「自ら進んで死地を求める聖騎士」ほどではないだろう。彼女こそが、カズマパーティの根幹になっていると言っても過言ではないのだ。

 そのくせ、時たま見える純正の乙女の恥じらいとかさ。茅野愛衣ボイスとかさ。屈強な戦士としての美点を褒めると恥ずかしそうにするとかさ。あと茅野愛衣ボイスとかさ。もう、「ブッコロシテヤルゥ!」の一言だけで存在感を放っていたのだから、言わばこの世界はダクネスで出来ていたんだよ。この素晴らしいダクネスに祝福なんだよ。

 

 

<声優部門>

 ある意味ここがメイン、声優部門。よくもまぁ、毎年新しく出てくる声優という業界全体を、こんだけの期間にわたって見続ける気力があるものだと我ながら感心する。多分、特定の声優個人に対する愛着は根っからの人よりも薄いってことなんだろうけども……業界全体のダイナミズムみたいなものを俯瞰して見続けることも、それはそれで面白いものですよ。さて、今年はどんな顔ぶれが業界を牽引したのだろうか。

 まず、改めて断っておくと、この部門では重複受賞を認めていない。たとえ今年度天下をとった声優がいたとしても、その人の名前を前年度までに選出していれば対象外となる。先んじて天下を取る声優の名前を青田買いすることこそ真骨頂なのでそれはそれで嬉しいことなのだが、「本当に最高だったのに今年名前が挙げられない……」というジレンマに悩む部分も少なくない。何が言いたいかっていうと、「なんで俺は安済知佳を去年選出しちゃったんだろう」ということが言いたいのだ。そりゃね、ちかぺ去年の時点ですでに加速ついてましたからね。しかし、本当の大爆発は今年だった……。なお、佐倉綾音早見沙織悠木碧などの「当然出てくる名前」もここでは当然出てこないわけですよ。M・A・Oも2年前に選んでるし、小澤亜李も去年出してしまった。茅野愛衣なんて言わずもがな。毎年受賞してもおかしくない勢いの戸松遥、どでかい一発をぶちかました豊崎愛生なんかも、名前を出すわけにはいかないのだ。えぇ、いかないんですよ。

 さぁ、茶番を片付けて今年の選評に入っていこう。まず、去年も期待枠で名前が出ており、順当に伸ばしてきた面々から。すっかりコワレイメージが定着して声が聞こえるだけで笑えそうなパワーを持つ上田麗奈。うえしゃまワールドは変質するどころかますます純度が高くなっている気配。去年の時点ではぽっと出てきただけだった鈴木絵理も着実に仕事をこなしイメージを固めているし、本気で活動するまではもう少し時間がかかるかと思われていた花守ゆみりも、今年からすでにフルスロットルだった。ロリ枠はライバルが多くて大変だが、内田彩加隈亜衣あたりの猛者との戦いが見ものである。渋い仕事師としては、たとえば安野希世乃あたりはじっくりと版図を広げている印象があるし、石上静香寺崎裕香瀬戸麻沙美といったメインもサブも映える面々は求められる仕事を確実にこなす手腕が認められ、今後も安泰なのではなかろうか。

 想像を超えてググッとトップステージに上がってきた名前もチェックしよう。今期一気にヒロイン格をもぎ取った猛者といえば、たとえば本渡楓が挙げられる。純正のヒロインボイスながら、キンキンしすぎるわけではないバランス感が人気の秘密だろうか。同様にグッと挙げてきた名前にはLynnもある。「さばげぶっ!」のときは「また目立つ名前のやつが出てきた」くらいの印象だったものだが(ブリドカット現象)。さらに着実な努力が実ったのは桑原由気。こちらも実は結構色んなところで目にしていた名前なのだが、ついにメインステージまで上がってきた感がありますね。似たようなラインだと長縄まりあも今後どうなるか。実は「六畳間の侵略者」って売れっ子になる登竜門だったのでは?(ゆりかファイオッ)

 去年は全く出てきていなかった、新規枠も何人か挙げておくべきだろう。今年の「新人」と言われて確実に出てくるのは声優アワードにも選出された千本木彩花の名前だろうか。いきなりメインヒロインで2つ、そしてそのどちらもなかなかのスマッシュヒットとくれば、今後期待も高まるというものだ(「勝ったな、ガハハ」となるかどうかは分からないが)。そしてシンデレラストーリーが期待されるのはもちろん鈴木みのり。比べるもんでもなかろうが、個人的には中島愛よりも期待してるんです。不思議な空気からジワッと出てくるところでは篠田みなみも今後に注目したい1人。実はこっち路線で安定して仕事ができる人って案外少ないのでは? 他にも、新人とは思えない安定感で貫禄すら感じる鬼頭明里、テーマソングの歌唱からグッと引き込まれる富田美憂、元気溌剌金澤まい、今後も声優業に進んでくれるんでしょうか遠藤璃菜ちゃんなど、最近はメインヒロインで初見の名前、っていうパターンでも大崩れする若手っていないですよね。そういや古城門志帆っていうお騒がせな話題で盛り上がっちゃった若手もいるが……まぁ、何にせよ知名度あげてからの人気商売だしな。今後の仕事次第でどうにでもなるでしょう。

 残りは少しずつ最終候補を絞っていく枠。個人的には「当初見ていたイメージとは違う方向で伸びてきたなぁ」っていう成長の見え方が好きなんだけど、例えば木村珠莉なんかはしっかりと足跡を刻んで前に進んでいる感じが見ていて面白い。メジャーデビューがみゃーもりだったので割と闊達なイメージだったのだが、今年担当したメインヒロインだと割とおとなしめで、ゆっくり声を聴かせてくれる役が多かったのよね。こっちの方向性でもいい味わい。後半戦でググッと上がってきた名前では田所あずさが気になる。大橋彩香・木戸衣吹と並んだいわゆるホリプロ3人娘は当初割と似通ったイメージでの売り出しだったんだけど、まずへごが異次元へ飛び出し、続いてころあずも独自の方向性が見えてきた。ヒロインデビューが「勇しぶ」、その後「ファントム・ワールド」っていう流れだったので天真爛漫お馬鹿キャラのイメージが強かったのだが、怪しげな雰囲気の大人の女性でもしっかりカラーを維持しながら魅力が引き出せている。もちろん、アーティスト活動も要注目。同様の方向性は高橋未奈美にも言えるだろうか。中の人はあんなテンションだけど、割と回ってくる役は常識人が多いな。いやまぁ、村川梨衣さんっていう同輩が通った道なんですけどね。りえしょんも要所でいい仕事だしてくるよね。

 変わらぬイメージの強さというのも当然ありまして、たとえば久保ユリカなんかは想定通りのお仕事振りで確実に業界を侵食している。やっぱり基盤が強い芸能出身者はブレが無いね。基盤の強さで言えば潘めぐみも随分安定してきた。流石にもう七光りと揶揄する人間もおるまいよ。あとは高森奈津美とかですかね。奈津ねぇはなんであんなんなのに宮野さんとかニパみたいな声が出てくるんだろう……。そしてブレない強さといえば雨宮天。いや、本人からしたら「こんなはずでは」みたいな声優活動なのかもしれないが……。アクシズ教団に入信すれば助かるかもしれませんね。石けん飲めるし。そして、押しも押されもせぬ中堅・ベテラン勢の枠では、個人的には十二神将の1人、中原麻衣の仕事ぶりがすごく気になった。私がもっとも愛しているこの年代の役者陣は、いわゆる「中堅のジレンマ」(ランクがあがると、ギャラが高くなるので配役側が仕事を回しにくくなる)がもっとも影響する世代だと思うのだが、中原の場合、今年はむしろ仕事を増やしてきた感すらある。元々アイドル寄りで売り込むことが多い若手声優が「中堅」にシフトする際の1つのポイントに「母親役がどのくらい回ってくるか」ってのがあるんだけど、見事にそこのハードルを跳び越えた。能登・伊藤静・中原あたりが今後も仕事量を減らさないグループになるか。また、ベテランというと怒られそうだが、寿美菜子の業界での立ち位置も感心する。年齢だけでいえばまだまだ若手チームのはずなのだが、一足先に荒波に揉まれた強みなのか、今年度はメインヒロイン2つを含む印象的な役回りが多かった。私はずっと前から「スフィアの最後の1人」なんて揶揄してしまっていたが、名実ともに、スフィアはスター集団である。あ、あとキャリアで言ったら美菜子以上になると思うんですが、いよいよ諸星すみれちゃんも本格的に深夜アニメに乗り込んできましたね……。過去の実績から見て、劇団出身子役声優が失敗するはずないのだよ。まして、子供の頃から存分に才能を発揮していたすみれちゃんなら、なおさらね。

 さて、だいぶ長くなったので、そろそろまとめようか。残りは、ベスト3を含めてあと10人(!)。事実上のベスト10みたいな形。まず、今期からグッと出てきた新しい名前で注目したいのは藤原夏海。いわゆる「少年声」声優枠の新規参入者だが、今期あたりから一気に役が増え、レギュラーも多くて上からの期待が見て取れる。低音域が活きる声優さんは好みなので、今後同種のライバルとどう渡り合っていくかが見ものだ。そしてぶっちゃけ去年までは全く目を向けていなかったが今期から急に気になり出したのは高野麻里佳。特徴的な声に元気なキャラが加わり、非常に理想的な「若手の立ち回り」。イヤホンズという後ろ盾もあり、今後の伸びに期待がかかる。もちろん、イヤホンズの名前が出てきたのだからここで高橋李依の名前を出しておかないと嘘になる。彼女も本当にサービス精神に溢れた現代っ子のノリがおじさんには眩しいですね。今後の声優業界をイヤホンズが支えるようなことになったら、もう浅野真澄先生は事実上のフィクサーじゃないですか。

 次に陰に日向に活躍する中心人物をピックアップ。まずは過去にもちょいちょい名前を出していた諏訪彩花。彼女は本当に、「なかなか脳裏に残らない」キャストの代表格みたいな存在だったのだが(個人的な嗜好のせいだとは思うが)、流石に今年の仕事ぶりでボチボチ認識出来るようになってきた。逆に考えると、なかなか1つのイメージで固まらないってのも声優らしいといえばらしくていいのかもしれないけど。同様に過去にも何度か名前をあげていた名バイプレイヤーといえば大西沙織がいる。彼女はあまりメインを張るような役者ではないのだが、気付くと脇に控えていてスッと入ってくる、どんな役でも回せる安心感がある。少しずつアフレコ現場での自由度も上がっているだろうし、そろそろ突き抜けた役柄が回ってくるかもしれないと期待している。

 そんな「突き抜けた役柄」で今年見事な爪痕を残したのが最後の2人。1人目は大空直美。ゆまちんからのサターニャという絶妙なワンツーが見事に決まり、これ以上無いくらいのそらそらイヤーであった。ポジションとしては竹達みたいなところが狙い目だろうか。今確認したら同年代らしいこの2人。今後の絡みに期待だ。そして、ぶっ飛ぶ勢いだったら他の追随を許さないのは、変な声トップランナー・井澤詩織である。ヘボットにしか聞こえない呪いはモカで完全に清められました。しーたむボイスで世界を壊せ。

 さて、残り3人です。

 

 

第3位

‘05「植田佳奈」 ’06「小林ゆう」 ’07「戸松遥」 ‘08「佐藤聡美」 

’09「原田ひとみ」 ’10「日高里菜」 ‘11「伊瀬茉莉也」 ’12「茅野愛衣」 

‘13「種田梨沙」 ’14「大久保瑠美」 ‘15「小澤亜李」

‘16「水瀬いのり」

 去年選んでねぇから!! いやー、温存しておくのも大事ですね。いのすけイヤーは去年がマックスだと思ったんですが、なんともう一段変身を残していました。「世紀末オカルト学院」で子役として登場した時に、この子がここまでのし上がってくることを誰が予想出来たであろうか。今年は前述の通りにレムという新たな神を創造して天下を取った感があるが、その他にもスイムスイムさんや吉乃師匠のようなラスボスクラスの存在感を放つ役回りが多く、いわゆる「ロリ枠」のキャストの中でも、どこか影を帯びた大物感を残す仕事が印象的。同じラインの先輩として名前が挙がる日高・小倉などとは別路線での切り込みに成功しているのだ。そうかと思えば「ネトゲ嫁」のシュヴァインのような分かりやいツンデレ路線も生き筋だし、「ガヴリール」のタプリスのように正面からのロリキャラだってもちろんホームグラウンド。影を含まずに「アルデラミン」の姫さんみたいなまっとうな高貴さでも勝負が撃てる。この「特別感」はいのすけオリジナルと言えるのではなかろうか。世間的には塩対応だの換金所のババアだのといった誹りも聞こえてくるが、別にええやん。使う必要のないエネルギーは温存して、全部役作りに当ててもらえればそれで。声優は表に出てくる必要はないねん。

 

 

 

第2位

‘05「斎藤千和」 ’06「後藤邑子」 ’07「佐藤利奈」 ‘08「遠藤綾」 

’09「悠木碧」 ’10「喜多村英梨」 ‘11「豊崎愛生」 ’12「金元寿子」 

‘13「佐倉綾音」 ’14「M・A・O」 ‘15「安済知佳」

‘16「小松未可子」

 そう言えば好きなのにあまり掘り下げたことが無かったなぁ、という声優、みかこしである。彼女の場合は正直「今年も変わらず」といった印象が強い部分はあるのだが、そうした「いつもの」選択肢に多くの強みを感じた1年になった気がする。

 今年度のみかこしキャラ筆頭といえば何と言っても「亜人」の下村さんだ。頑なな強面体質だが命の恩人には徹底した忠誠と愛着を見せ、表面には出さないようにしながら全力での奉仕を続ける健気なスーツ美人。この「固さ」みたいなものがみかこしキャラの強みである。堅物ってのは取っつきづらさがある分、拓けたときのペイが大きいもので、「バーナード嬢曰く。」の神林なんかは分かりやすいところだろう。イラッとする固さに災難が降りかかってくる不幸キャラとしては「クラシカロイド」の歌苗ちゃんがおり、自由人に振り回される様子は各種ラジオで見てきた中の人本人の鏡写しのごとく。「ラジオK」でのツダケンや杉田との死闘。グリムガルラジオでのぱるにゃすテイマーとしての手腕。こうして「常識人」サイドに位置しているはずなのに、実は彼女自身が色々と壊れているという立ち位置は本当に美味しいところだ。下水道ラジオを乗り越えたたくましさは伊達ではない。こうして得られた不思議なエネルギーは、真骨頂である少年役でそのまま発揮されて「落語心中」の信乃助のようなキャラにつながるし、女の子のままで少年要素を活かせば「テイルズ」のロゼのようなキャラに結びつく。「タブー・タトゥー」のイジーもこの路線の1つと言えるだろうか(こうしてみるとやっぱり杉田の被害者になってることが多いな……)。そして、これはアニメとは関係無いのだが、今年印象的だった彼女の仕事の1つにゲーム「ダンガンロンパV3」の白銀つむぎ役がある。様々なフィールドでオタク文化の洗礼を受け続けて成長してきたみかこしだけに「超高校級のコスプレイヤー」キャラは親和性が高く、ロンパ特有のギリギリ感溢れるパロネタを放り込んでくるときの自然さがよいあんばい。おっとり目のキャラなので個性が出しにくいかと思ったが、考えてみたらみかこしは「ガルパン」の沙紀とか「ブブキ」の静流とか、阿漕なくらいの無口キャラってお手の物なのよね。個人的にはやっぱりこうして「声のエネルギー」をバシバシ伝えてくれるキャストが好きですね。みかこしの賑やか人生は、次にどんな方向につながっていくのでしょうか。

 

 

 

第1位

‘05「生天目仁美」 ’06「井上麻里奈」 ’07「阿澄佳奈」 ‘08「井口裕香」 

’09「高垣彩陽」 ’10「藤村歩」 ‘11「福圓美里」 ’12「内田真礼」 

‘13「内山夕実」 ’14「早見沙織」 ‘15「山本希望」

‘16「日笠陽子」

 エッネルギー!!!!! まさかこう来るとは思うまい! 選んでねぇんだ、過去に選出してなかったんや!!

 「今更?!」とツッコミたい皆様、その気持ちは良く分かります。そうです、日笠陽子を讃える歌は、もう5年も前に歌い終わって然るべきなのです。でもさ、選んでなかったんだね、俺。そして、今年は日笠陽子という爆裂声優を再評価して祭り上げるのに丁度良いタイミングだと思うんですよね。

 上述の通り、声優業界には「中堅のジレンマ」ってヤツがあり、人気が出て、ググッと仕事が増えた後で、「ベテラン」へとつながるためには大きな壁がある。元々奪い合うパイの数が限られる中で、若手が全員そのまま中堅→ベテランと生き残れるわけもなく、悲しいかな、毎年取り上げている若い力も10年も経てばその数はグッと減ってしまう。こればかりはどうしようもないことで、私のように声優であれば誰もかれも好き、っていう人間だと「そういえばあの人最近見ないな……」ということを思い出すとふと寂しくなったりもするのである(最近だと、「そういえば、新谷良子って今何やってるんやろ……」って思いついて不安になった。確認したらちゃんと仕事してるみたいで安心したけど)。

 こうした生き残り競争の激しい業界で、やはり気になるのはジレンマの抜け方、役者としての身の振り方。沢城みゆきのような完璧過ぎる人生を歩んでいる人間もいるにはいるが、なかなか全員がそうもいかない。彼女達はどんな道を歩んでいくのだろう……と思ったときに、このぴかしゃですよ。凄くない? 結婚後に勢いを増し、役の幅を広げ、ますます精力的になるこのエネルギー、凄くない? 今年度をいくつか振り返ってみると、まず目につくのはきちっとスタンスをシフトさせて「大人の女性」側の役柄を多く務めたこと。元々「おねーさん」声を武器にしており、黒髪ロング巨乳(役)声優として名を馳せていたアドバンテージはあるが、そのまま役の年齢も重ねて、保護者サイドへ自然に転換させている。「競女」では絶対乳を揺らす側に回ると思ったら意外にも先生側で出てきたし、先輩キャラの筆頭は何と言っても「NEW GAME」のコウだ。そういえば「甘々と稲妻」でもごく自然にお母さん役でスッと入ってきていたし、「フリップフラッパーズ」のサユリも保護者サイドの役回りだろう。もちろん、日笠ボイスが単に優しいだけの保護者に終わるはずもなく、「ばくおん」における学園長みたいなコワレ、「ブブキブランキ」における絶美さんみたいな年増ネタをフルに振り回すコワレ、「亜人ちゃん」における佐藤先生みたいに、大人になりきれない可愛いコワレ(&エロ)と、作品にガッツリ爪痕を残すタイプの年長者へと成長を遂げている。

 だったらお母さんサイドにシフトしていくのかといえばそれだけで終わるはずもなく、まだまだメインヒロイン路線でも仕事はてんこ盛り。中でも昔からお馴染みのちょっとお堅い側のキャラは本当に声質がぴったり合い、「WORKING」の村西さんのような一歩引いた狂気の役、「ベルセルク」のファルネーゼさんみたいな可哀相な役、「リトルウィッチアカデミア」のダイアナのような優等生が突き抜ける役、「まほいく」のルーラさんのような全能感溢れる役、「ろんぐらいだぁす」の紗希のように若手にしれっとまじってキャピキャピできる枠まで。デビュー直後から産みだされた日笠劇場は、演目を「変える」のではなく、ただ「広げる」一方でつながっているのだ。「ハンドシェイカー」なんてただ喘ぎ声を上げるマシンとして登場したしな!

 なんだか女性声優を見る時に「三十路」ってのが一つのキータームになっているような感があるのだが、彼女は三十路を越えようが、結婚しようが、膝が限界だろうが、若手に席を譲るような優しさなどあるはずがない。ただ一心に、彼女の声優道を突き進むだけ。日笠がいれば何とかなるという圧倒的安心感を、キャスト陣にも、アニメ制作陣にも、そして当然我々視聴者にも与えてくれる。イベントで困ったら日笠を放り込んでおけ。ラジオに飽きたら日笠をゲストに呼べ。周りが右も左も分からない新人だらけだろうと、日笠がいれば全て解決する。どんなネタだって取りこぼさずに、全てをファンサービスに繋げてくれる。まぁ、油断したら全部日笠が持っていってしまうから気をつけなきゃいけないが……表現者ってのはそれくらいに貪欲で、それくらいに無我夢中でいいと思うんですよ。

 業界最強と名高い(俺調べ)85年組、ゴールデンエイジ。彼女達はまだまだこの業界を生き続けていく。声優かくあるべしという教えを、並み居る後輩たちに背中で語っていく。その侠気に、我々は魅了され続けるのだ。

 

 

 

 

 

 

今年も、良きアニメに巡り会えますように。

 

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター