忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5548] [5547] [5546] [5545] [5544] [5543] [5542] [5541] [5540] [5539] [5538]

 ショートアニメの感想は書かないんだけど、今期では何故かトップクラスに楽しみな作品になってるから一回だけ書かせて。この2本がセット販売になってるのは、偶然なのかもしれないけど構成上けっこうなアドバンテージにつながってる気がするんだよね。チキンナゲットにバーベキューソースとマヨネーズがついてきたときみたいな感覚で、2つの全然違う味で一度に美味しい。

 

・アホガール 4ふさ目 「突入!アホガール」

 15分アニメじゃなかったら視聴者と中の人たちが保たないと思われるアニメ。やっぱりショート枠って大事だ。「てーきゅう」みたいに理不尽が炸裂するわけでもないし、早口アニメでも無いのだが、とにかく血管ブチ切れるテンションがどうにも止まらない。キャラが全員、つまりキャストが全員絶叫するアニメって、一体どんなだよ。おいちゃんは本当にこの作品で殺されるんじゃなかろうか。ただでさえ今期はシンフォギアだのサクラダリセットだの色々と面倒な作品が多いというのに。最近「妖怪ウォッチ」でイナホの出番が少ないのはおいちゃんの療養のためじゃないのかと勘ぐってしまうくらいだ。

 よしこ・あっくんの2人を別にしても、お子さんトリオのキャストがゆかち・しーたむ・前田玲奈という謎の高密度。変な声がなんか並んでる。麻子とそど子が仲良く絶叫してる。そういやヘボットも割とツッコミサイドだよな……。こうして並べてみるとシンフォギア関係者がやたら多いのも謎だ。あと、上坂・浪川と何かと賑やかな面子が顔を連ねているのも特徴かもしれない。この作品、変なオーラを持ってるんだか持ってないんだか……。あと、個人的には先生役が佐藤利奈なのが最高。最近はやたらと先生とか指導者役が多くなっており、今期だけでも実力至上主義の教室で担任やってるし、「ゆゆゆ」も先生だし、来期はどこぞの魔法先生として出てくるし。普通「先生役のサトリナ」は落ち着いた大人の女性としての見せ場が多いのだが、今作ではやっぱり可哀相なぶっ壊れ。こういうテンションのサトリナボイスが聴けるチャンスはかなり少ないので、本当に貴重です。「アザゼルさん」の新作はまだでしょうか。

 

・徒然チルドレン 第4話 「ラブコメディ」

 こちらも中の人要素がめちゃめちゃ強い作品で、佐倉さんでグッと押して、そこから花澤がスッと引く、最後にいのすけで一押しという並びが実に豪華。トップを飾った鬼頭明里もヘンテコ設定をものともせずに実に良い雰囲気を醸し出してくれる。こんだけ短期間で色んなタイプの女の子が出てくると、これだけでも幕の内弁当みたいな楽しみがあります。そして、「コレ別に映像化しなくてもいいだろ」という感想は当然出てくるはずなのだが、実は割と1枚絵の説得力があり、例えばベッドシーンでの脱ぎ方がしっかりエロかったり、壁ドンが壁ドンらしい迫力を持っていたり。案外見ていて退屈しないようにも作られているのだ。「アホガール」で荒れた胃に馴染みやすい濃度を維持しながら、淡泊すぎるお茶漬けポジションで終わらないだけのボディもある。味わい深い。

 

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター