忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。普段使ってるWordにほったらかしだったアプデかましたらフォントやスタイルがよくわからんようになった。
[6005] [6004] [6003] [6002] [6001] [6000] [5999] [5998] [5997] [5996] [5995]

「タイムボカン 逆襲の三悪人」 5→6

 健太のオールマイトネタの安定感は、ヒロアカさんサイドからして問題無いんですかね……今後オールマイトの活躍を見ても「スズッキーだ……」ってしか思われなかったら由々しき事態だと思うんですけど。ダー様とかさやかちゃんをみて「ビマージョ様だ……」は問題ない。正確には「キタエリ様だ……」っていうだけだから。

 終わってしまうとなるととても惜しい作品なのである。この安定感はホントくせになるのよね。いや、くだらねぇのは間違い無いのだが、土曜の夕方特有のけだるい雰囲気のところに気合の入った全力アニメを叩きつけられるよりも、こうしたへなちょこ風味もありつつ、しっかりと噛めば味がする作品があるというのは適材適所。これに「クラシカロイド」も混ぜてやれば土曜日の体調管理もバッチリだ。同じ「なんとなく流し見する」でも、ヒロアカだとだいぶテンションが変わってしまうからなぁ(そしてクラシカロイドも終わるしなぁ)。

 基本的には前シリーズと変わらない楽しみ方で良いのだが、今期はいくらか方向転換し、様々な偉人たちの豆知識を披露する教養番組(?)としての側面も持ち合わせている。大人からしても「へぇ」って思えるようなものもあったし、子供さんたちが歴史に興味を持ち、翌週の月曜日にちょっと話題にできるくらいのちょうどいいバランス。ヘンテコギャグ作品だったとしても、これなら親御さんたちも子供にアニメを見せていいかな、という気分にさせてくれる(多分)。まぁ、O−3の露骨な下ネタとかは意見の分かれるところではあるが……大丈夫、Oー3の中の人が超絶イケメンだとわかれば世のお母さんたちも納得してくれるよ(個人の見解です)。一時はビマージョ様たちの家庭問題がどれだけ闇を抱えた深刻なものなのだろうと固唾をのんで見守っていたこともあったが(あったか?)、オチはちゃんとギャグで締めてくれたしシリーズ全体の「ぼんやりしたストーリー」も安心安全だった。

 次第に醸成されていく内輪ネタのノリもファンには嬉しい部分だし、時たまリミッターを外したような濃いパロディが盛り込まれてくるので我々のような視聴者も油断できない。全方位に思いっきり欲を見せるひどく阿漕な作品だが、それが成立しているのはタツノコアニメの長年の経験によるものなのだろうか。こうして時代に即して愛されるポジションを見つけられれば、今後もタイムボカンは安泰なのかもしれない。本当に綺麗に世代交代がキマった珍しい事例と言える。いや、どんだけ現代のお子さんたちに受けてるかは知らないけどね。みんなも、聞きかじった程度の話を得意げに披露するときは、この作品を参考にすればいいと思うよ。諸説アリ〜ババ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
5
13
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/18 Serra]
[07/17 名無し]
[07/11 Alessi]
[07/09 Serra]
[07/02 社畜ボトルネック先輩]
バーコード
ブログ内検索
カウンター