忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。普段使ってるWordにほったらかしだったアプデかましたらフォントやスタイルがよくわからんようになった。
[6014] [6013] [6012] [6011] [6010] [6009] [6008] [6007] [6006] [6005] [6004]

citrus」 6→6

 竹達が食われる方のアニメ。まぁ、最後はやっぱり食いにいってましたけど。良い百合でしたよね。まぁ、「ここまで行くと百合じゃなくてレズだろ」みたいなことをいう向きもあるらしいですが、この2つの言葉の違いは(何と無くわかるけど)分かりませんからね。じっくりたっぷり味わってしまえばいいじゃない。

 毎回書いてたことではあるが、お話としては至極ベタである。あっという間に親類縁者になっちゃう強引な関係性なんかは少女漫画の文脈に多い気がするし、距離感がいちいちおかしくて突発的スキンシップを求めちゃう思考構造なんかは「なんやこいつら?!」と思うこともしばしばあるのだが、そうした飛び道具部分を除けば、ライバルの配置や心理的な葛藤部分なんかはわかりやすいラブロマンス。同性愛をテーマに扱っているとはいえ、驚くべきことに今作では作中で「でも、女の子を好きになっちゃうなんて……」みたいな悩みが描かれたことはほとんどない。柚子さんは出会ってすぐに「うわぁ、これって恋心だわぁ」と男前な判断を下しているし、姫子さんにしろまつりさんにしろサラさんにしろ、「綺麗な女の子は好きに決まってるやろが」と一切迷いのない精神性。これが百合姫ワールドなのだろうか。潔くてこれはこれでいいぞ。まぁ、私の中の百合の金字塔はあくまで「ささめきこと」なので、もうちょい悩んでもらってもいいのだが、芽衣さんが相手じゃどんだけ悩んだところで豪腕でねじ伏せられるだけでしょうし。こうした作品も(BLと同じく)市民権を得たということで。

 あとはまぁ、こうした素直な(?)恋愛ものをアニメーションとしてどう落とし込んで行くかのお話。スキンシップ多めのクドい絵面も、ちょっとしたハニカミ混じりの甘酸っぱい青春も、ギリギリの映像としてどこまで真に迫って描かれるか。その辺りが高橋丈夫作品の見どころ。やはりねちっこさ、言外の物言いの見せ方が絶妙である。まだまだ新進のスタジオであるパッショーネも、見せ場は崩さずに良い顔を見せてくれたし、製作陣には恵まれた作品だったのは間違い無いだろう。

 あとは中の人とか。竹達は食う側が似合ってますので、最後に逆襲できたところがやっぱりお似合いかな、という気がしますね。まつりちゃんの危うさを絶妙なラインで見せてくれたしーたむのお仕事も高得点。あとははるみん。とにかくはるみん。藤井ゆきよボイスは、なんだろ……天性のインモラルな部分があるというか……。一言でまとめると、エロい。以上です。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
5
13
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/18 Serra]
[07/17 名無し]
[07/11 Alessi]
[07/09 Serra]
[07/02 社畜ボトルネック先輩]
バーコード
ブログ内検索
カウンター