忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。普段使ってるWordにほったらかしだったアプデかましたらフォントやスタイルがよくわからんようになった。
[6015] [6014] [6013] [6012] [6011] [6010] [6009] [6008] [6007] [6006] [6005]

「ポプテピピック」 4→4

 クソアニメがクソアニメのまま走りきった1クール。空前絶後の存在感を放ちつつ、最後までブレることなく走りきったその胆力は評価してしかるべきだろう。蛮勇も勇には違いない。

 ただし、先にお断りしておくと、私はこの作品が「嫌い」である。このあたりの感情は、クソアニメごときと簡単に切って捨てるにはいささか複雑な様相を呈している。まず、普段からよく書いていることだが、基本的に「新しいことをやる」という姿勢は成果の如何を問わず評価することにしている。そういう意味では、今作は本当に見たこともないようなギミックが詰め込まれていてフロンティアスピリットに富んだ作品であった。実際、そんな新しい試みの中に面白いものもいくつかあっただろう。個人的には生理的嫌悪感しか抱かなかったので大嫌いだったボブネミミッミについても、最終回でのギミックなんかを見れば1クールの尺を考慮してネタを仕込んでいたことが分かるし、アニメとかいう枠を余裕で無視したヘルシェイク矢野みたいなネタも、「面白ければ何をやってもいいだろ」という体勢の端的な表れ。実写、砂絵に至るまで、「描く」ことの選択肢を貪欲に模索する様は、案外こういうところから未来が見いだせるかも、という変な期待感すら持たせるものだ。15分×2本という構成も基本的にはネタ水増しの苦し紛れではあるが、それでもフランス人パートとか、アフレコ入れ替えによるネタの差し替えとか、無駄にしないような工夫を凝らそうという意識が見て取れる。惰性で作らず、徹底して「クソアニメ」たらんとする精神性は、粗製濫造のアニメ業界の中では見習うべきものであろう。

 そこまでのところは認めた上で、どうしても釈然としなかったのは、本作でも最大のアピールポイントとなっていたキャスト陣の使い方である。「声優が遊ぶ」作品は大好きだが、「声優で遊ぶ」作品は好きではない。本当に当たり前の話だが、声優ってのは役者である。なんらかの役が与えられ、その役を最大限に魅力的にするために誠心誠意仕事をしてくれている。「てさ部」のように完全に中の人特化で役もクソも無い展開になる作品も例外的に存在するが、あれはもう、声優バラエティとして受け入れるべきものだろう。本作の場合、声優要素を前面に押し出し、セールスポイントにしているにもかかわらず、売り出すべき「役」も「役者」も存在していない。毎回毎回、名前の知れた声優を呼んできて、適当に1ネタ振って、それでおしまいだ。その役者の魅力を引き出すようなチャンスもなく、役者ならではの味わいを見せることができない。その結果、話題になるのは「聞いたことがある声だから面白い」という浅薄な評価のみであり、「誰がやったか」だけで「何をやったか」にまで一切意識が向けられないという状況を生み出してしまっている。

 放送中に頻繁に目にした評価に「大御所声優が出ていれば面白いが、若手を使ってるとクソ」とか、「若手声優はさっぱり実力がないから引き立て役にしかなっていない」などといったものがあったが、こうしたいい加減な感想が出ている時点で、どうしても「声優文化を食い漁っているだけ」というネガティブな印象が付いて回る。そりゃ「聞いたことがある有名な声が聞こえる」というのは単純に嬉しいものだし、馴染みがある声でネタを見せてくれるのが楽しいのは分かるが、それが不当な若手声優批判に繋がるのは我慢ならない。所詮今作は「役」など存在しない作品であり、声優側も「演じる」ことなどできないのだから、そこに実力の有無を計るのは困難であろう。にもかかわらず、盲信的に「大御所声優は素晴らしい」と評価し、「キャリアが浅いとやっぱりダメだ」などと評されることがあるのは、ノリと共感だけでアニメが消化されることの多い現代シーンの負の側面が端的に表れた状況だったのではなかろうか。

 声優という文化に対してだけは真面目に向き合いたいという歪んだ信念があるために、どうにも釈然としないものを残したまま、今作を見ることになってしまったのである。我ながらかなりいびつで救いようのない感情だとは思うのだが……誰か、この気持ちをわかってくれる人がいないものだろうか。まぁ、本作で一番面白かった部分はどこか、って言われたら多分芳忠さんの「カツ丼食えヤァ!」だったんですけどね(台無し)。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
5
13
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/18 Serra]
[07/17 名無し]
[07/11 Alessi]
[07/09 Serra]
[07/02 社畜ボトルネック先輩]
バーコード
ブログ内検索
カウンター