忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[6020] [6019] [6018] [6017] [6016] [6015] [6014] [6013] [6012] [6011] [6010]

「三ツ星カラーズ」 4→5

 今期ナンバーワンのうんこアニメ。クソアニメとうんこアニメは概念としてずいぶん違う。

 基本的な印象は初見からずっと維持したままの作品。いわゆる「日常系」なのでそこまで積極的に押し出せる要素はなく、ただただ平熱のままで進行する。初回視聴時にも「苺ましまろ」との比較で考えたが、万能クラッシャー松岡美羽を搭載していないし、万能ツッコミ役伊藤千佳も搭載していないので切れ味は鋭くない。「苺ましまろ」がチェーンソーだとするなら、こちらの作品は釘バットくらいの破壊力であろう。

 ただ、それは破壊力に特化しているかどうかというだけの問題であり、売り出す方向性が違っただけの話。本作の場合、そこまでアクの強い笑いを求めるわけではなく、幼い子供のなんとなく自由で、なんとなく突飛な発想が楽しめればそれで良いというもの。「幼女」というよりも「幼児」と言ったほうがしっくり来るんだよな。女の子キャラとしての萌え要素も薄めだしな。

 そんなわけで笑える要素もほとんどないし、時に結衣ちゃんが不憫すぎてヒくようなこともあるのだが、全体的には「上野の平和を守るカラーズの活躍を見守るお話」で間違っていない。本当に狭い範囲での活躍に焦点を当てているので、ご当地アニメとしても割と見るべき点があったのかもしれない。近所でわけのわからないことをわちゃわちゃやるという意味では、京都府民にとっての「有頂天家族」みたいなものなのかもしれませんね。いや、上野の人間が本作をどれだけ推してるかも知らんけどさ。商店街とか、地元住民とのふれあいが多く描かれており、最終話ではそれまで登場したモブが一斉に再登場するなど、謎の団結力も見どころと言えるかもしれない。モブのキャスティングがとてもよい(いつものノリ)。

 あとはメインの3人をどう見るかっていう話だけども……さっちゃんは合法的にまりんかにうんこって言わせるキャラとして機能していました。いや、別に嬉しくないけども。こうして見るとやっぱり黄瀬親子が珠玉。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/13 Shachiku-dancer]
[10/09 NONAME]
[10/09 NONAME]
[10/07 名無し]
バーコード
ブログ内検索
カウンター