忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。普段使ってるWordにほったらかしだったアプデかましたらフォントやスタイルがよくわからんようになった。
[6022] [6021] [6020] [6019] [6018] [6017] [6016] [6015] [6014] [6013] [6012]

「学園ベビーシッターズ」 5→5

 可愛ければそれで良い系の作品。今期もそんなざっくりした評価のアニメは多いのだが、今作は期待されたことを期待通りに見せてくれた印象。

 新番チェックの時に「ぶっちゃけ赤ん坊って苦手なんだよね」っていう話を延々書いてて、実際にそれは今でも変わらないのだけども、今作は「子育て(ベビーシッター)」を中心に据えながらも、ちゃんと「学園」要素も絡めてくれていたので赤ん坊がらみ以外でも話作りができていたのは見やすくて助かった。どこかで近い感覚があったな、と思い出したのは「少年メイド」だった。あれも「ショタって興味ねぇんだよなぁ」と思って初見では毛嫌いしていたが、実際に観てみると色々とそれ以外にも見どころがあって評価を改めたのだ。少女漫画原作ってのは、どうしても身構えてしまうので初見で警戒レベルが上がってしまうのだが、アニメ化されるような人気作品なのだったら、1ネタだけの出オチ作品で終わらずにちゃんと見どころが用意されているものだ。どっちかっていうと野郎向けのハーレムラノベとかの方が出落ち感は強いのである。

 何組かの「子供と、その兄弟」という関係性をベースに、それ以外の親子、高校生同士の友情、そしてほのかな恋愛感情など、様々な要素をごった煮にしたドラマ作り。子供をネタの中心に据えているので相変わらず人間的な清廉さを突きつけられるお話は多いのだが、「子供って面倒臭いんだよな」みたいなちょっと言いにくいような話が出てくる部分もあったし、「子供だから無条件で可愛い!」ではなくて「なんで子供は可愛いと思えるんだろう」という視点も忘れていない。「子供嫌うな来た道だ」なんて有名な格言もあるが、子供の成長を見ていて微笑ましかったり、眩しかったりするのは、自分が失ったものがそこにあり、未来に無限の可能性が見て取れるからなのだろうなぁ。「子育てする父親像」もいろいろと描かれていたし、将来的に僕にも子供ができたときの参考にしたいと思います(予定なし)。

 まぁ、そんなご大層な思想が込められたアニメかどうかは知らんけどね。「齋藤彩夏ボイスのママンは本当に素敵やなぁ」って思ってれば良いんだよ(平常運転)。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
5
13
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/18 Serra]
[07/17 名無し]
[07/11 Alessi]
[07/09 Serra]
[07/02 社畜ボトルネック先輩]
バーコード
ブログ内検索
カウンター