忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[758] [757] [756] [755] [754] [753] [752] [751] [750] [749] [748]
 ○「世紀末オカルト学院」 6→8

 毎週感想を書いていたので繰り返しになってしまうのだけど、いやぁ、面白かったですね。「アニメオリジナル」「1クール」っていうくくりでここまでの結果を出せた作品って、ものすごく珍しいんじゃなかろうか。

 改めて振り返ると、何が面白かったかを取り出すのは案外難しい。現時点では最終話のインパクトが強かったので構成の妙ばかりが印象に残っているんだけど、各回の感想を見返してみると、その時その時で面白さの形式はコロコロと入れ替わっている。1話2話あたりは、思い切りのいいオカルトネタ……というか、ネタオカルトの扱いがギャグとして面白かった。1話のこずえのノリは本当に忘れられないし、モスマンが登場するあたりまでの文明とマヤの掛け合いは分かりやすいボケ突っ込みだけのはずなのに、顔芸などの映像面での見せ方がうまかったおかげか、ネタ以上に面白さが出ていた。

 馬鹿馬鹿しいネタの飛ばし加減では、こずえ回でピーク。世界一緊張感のない臨死体験に開いた口がふさがらず、その後の亜美エピソードでもネタの深刻さとそれに対するキャラクターの適当さ加減の温度差が面白い。5話〜8話あたりのネタっぷりは本当に毎回楽しみでした。

 飛ばしきったオリジナリティが多少トーンダウンするのが9話10話。ただ、あとになって振り返れば、やっぱりこのあかりエピソードも、最終回でマヤと文明の心情を描く上では必要不可欠なものだったことが分かる。2人の距離が縮まる部分でもあるし、各々の家族観があかりという1人の子供を加えることでさりげなく伏線として提示される。毎回メインキャラはマヤでも文明でもないのだが、他のキャラに目線を振っておいて、その間に2人のキャラクターを掘り下げて回りを固めていっているのが、今になってみるとよく分かる。

 そして問題の11話、12話。このあたりまで来ると視聴者によって賛否両論が出そうな展開だが、これまたラストを見れば「もうこれはこれでいいや!」という流れに。魔法合戦なんて話の中身としては本当にどうでもいいし、画面もそこまで目を見張るような要素もないのだが、それまでに張り巡らされた馬鹿馬鹿しさの複層構造のおかげで、何となくこれでいい気がしてくるのが恐ろしい。確実に製作側にダマされているのだが、ここまで憎らしい騙しがおおっぴらに行われるなら、それはそれでいい気がするのだ。何があっても、最終話ではぎゅぎゅっとまとめてしまったのだから。終わり良ければ全て良し。先人達も良いことをいう。

 改めて振り返ってみて分かることだが、この作品は1話1話振り返り、その意味をきちんと図ることが出来る。それはつまりシリーズ構成がうまくいったということで、オリジナルとしての様々なビハインドを全て克服したことを意味している。全体がまとまったが故の視聴後の爽快感と、1話1話が突出していたからこその、また見たくなる中毒性。この2つの要素が両立している作品は、昨今ではほとんど記憶にない。13話のサブタイトルを苦もなくそらんじることが出来る作品など、過去のアニメでも1,2本しかないと思われる。それだけ、各話のインパクトがあったということだ。

 とにかく褒め倒しているこの作品。指揮を執ったのは伊藤智彦という人だが、正直いうと、全然知らないクリエイターであった。一応調べてみると「サマーウォーズ」の助監督をやったりしているらしいのだが、地上波アニメの重要なポジションで名前が出るのはほぼ初めてのようだ。あの印象的なオープニングのコンテも監督の手によるものらしいし、今作の全体像を見れば、今後に期待が持てるアニメーターの1人といえるのではなかろうか。次回予告に流す懐メロのチョイスやらも含めてなかなかキャッチーな売り方も心得ているようだし、次に名前を見かけるのが楽しみです。

 最後は当然、中の人のこと。今作はメインを張った中の人全員が素晴らしいとしか言えない。まず名前を挙げなければいけないのは当然日笠陽子。ぴかしゃのおかげで、マヤのキャラクターが完成した。同様のことは水島大宙にもいえるだろう。だいちゅうだからこそのヘタレ力は、そんじょそこらの若手じゃ無理だぜ! その他サブヒロインに花澤・彩陽。彩陽はエンディング歌唱も担当しており、今作では陰の立て役者といえる。実写混じりの妙ちきりんなエンディングだったが、最終話はBGMとしても機能し、印象的な幕引きを効果的に演出することが出来た。良かった良かった。他にも子安、高橋広樹、画伯に茅原実里、ちょい役の久川綾に島香裕まで、みんなみんな、実に印象的な松代市民でした。そういや神代純一郎の中の人なのだが、お名前を矢島正明さんという。声を聞いて「よくCMで聞く人だー、アニメの声とか珍しいなー」と思って調べたら、なんと御年80間近の大ベテランであった。おみそれいたした。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター