忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[1658] [1657] [1656] [1655] [1654] [1653] [1652] [1651] [1650] [1649] [1648]
「偽物語」 6→5

 終わったのかどうかもちょっと不安だったので、気づいたらこの感想文書くの忘れてた作品。今期最初のゴールインはこいつなんですね。

 一言で言うなら、「化物語で培われたノウハウで作られた、金のかかった量産型」といった作品だったのではなかろうか。いわゆる「シャフト演出」の気配は強めに出しているわけだが、それはあくまで「化物語の続編である」ということを意識したが故の方策だろう。尾石達也がいない時点で万全たる「化物語タクティクス」を再現出来るはずはないのだから、「似た感じの別物」になるのは致し方ない部分。

 そして、「完全に踏襲されないこと」は別に悪いことではないだろう。続編とは言っても、この作品は「化物語」とは別の作品なのであるから、全く同じ作り方が正解ということはない。一番の違いは、なんと言っても原作の密度の薄さ。いや、前作が濃すぎた、詰め込み過ぎたといった方が正しいと思うのだが、今回の作品は単行本2冊分しかないわけで、前作と同じ作り方をしたのでは成立しないのは間違いなかった。そのため、今回は持ち味であった「画面情報をとにかく詰め込むことで成立させる」という部分を廃し、装飾としてのシャフト演出の見映えを前面に出し、2人の主人公である火憐や月火を見せたり、モザイクのごとく並び混ぜられた各種ヒロインをピックアップするのに用いたということだ。そして、その目的は問題無く達成されていたと思う。「中身薄いなー」とは思いつつも、別に「つまらないなー」と思ったわけではないし、時間がたっぷりあったおかげで1人1人のキャラの彫り込みは充分なものになっている。西尾維新の持ち味である馬鹿馬鹿しい会話劇も尺が足りないと思えるくらいに詰め込まれていたし、そうしたものを見ることが目的であると思えば、この作品は立派に役割を果たした。

 その上で初期につけた期待点を下げたのは、まぁ、私の独り相撲なのかもしれない。「化物語」と同じ中身を期待した人間からすると、やっぱりどうしても「薄い」というのが先立ってしまって、画のクオリティがあがり安定感が増した部分も、なんだか大人しくなってしまった、という風に見えたりする。あまり趣味の良い見方じゃないのは承知の上で、「もうちょっとはっちゃけてくれればベストだったんだけど」というのが最後の感想。いや、歯磨き回はあれ以上のものを出されたらお手上げだったんだけどさ。最終回も含めて単発回で飛び抜けたものを出せるのが、やっぱりシャフトらしいでこぼこっぷりだなぁ、と微笑ましい。まぁ、何事も「慣れ」が出てしまうのは人間として仕方ない部分だということですよ。

 中の人については……何回も触れているからわざわざ書くまでもないんだけど。やっぱりMVPは神谷兄ぃってことになるんだろうなぁ。新キャラ勢だと貝木役のミキシンが美味しかった。あとゆかち。すごくゆかち。はぁどっこい。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17
24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター