忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2863] [2862] [2861] [2860] [2859] [2858] [2857] [2856] [2855] [2854] [2853]

「フリージング ヴァイブレーション」 4→4

 予定していたよりは売りが多かった作品だったと思う。少なくとも1期よりもちゃんと見るモチベーションが維持出来たし、この作品に求められているものはそれなりに提供してくれていたのではなかろうか。いや、別にどれくらいエロいかとか、そういう話ではなくて(まぁ、それも大事だけど)。

 個人的に圧倒的盛り上がりを見せたのは5〜7話の展開である。エリザベス先輩の挫折が容赦無く描かれ、この作品の持つ圧倒的なエロへのこだわりがアカン方向で発揮され、そこから立て続けに弟によるサテラ先輩陵辱へと繋がる。「能登麻美子に卑猥な台詞を言わせるアニメ」として、これ以上ないセッティングであった。それ以外でも、もちろんエロい方向への作画演出はそれなりに気を遣ったものが多く、同系統の作品の中でも品質は決して見劣りするものではない。個人的には、やっぱりザベス先輩の浮き沈みの激しさが一番の見どころで、最初にEパンドラの連中と心通わせることが出来た器のでかさを見せつけ、そこから一気に暗部の中枢に食い込むかと思ったらぼっこぼこにリョナられ、確実に再起不能やん、と思ったら愛の力で劇的に復活、そこから更に戦線復帰してサテラ先輩と小競り合いまでしちゃうという。彼女をメインとした物語として見た方が、今作はすっきりしていた可能性も。

 そんな感じで色々見どころも少なくない作品ではあったのだが……やっぱりシナリオ面がぼんやりしてるよね。いや、今回は1期に比べても非常にシンプルで分かりやすい筋立てだった。敵は明らかになっているし、その強大さもザベス先輩のおかげではっきりした。これをたくさんの味方が力を合わせて打倒していく物語だったら、普通に燃えられたと思うのだが……また同士討ちなんだよなぁ。1期もそうだったけど、結局この作品って、ノヴァが出てこないとパンドラどうしで殴り合うしかない。今回は完全に主義主張の面から2派に別れており、似たような能力を持つパンドラが乱戦模様。サテラ先輩もアラスカ帰還後にははっきりした活躍の場が与えられず、一体誰をメインにみたらいいのか、と悩んでしまうことに。ラナに至っては、今作では多分何もしてないし。多分一番中心になっていたのはアミリアなんだろうけども……彼女は彼女であんまりキャラが立ってなくてなぁ。そこにピリッとスパイスを入れてくれる予定だったのがシフォン先輩で、ラストだけを見れば確実に彼女が主人公の物語であるはずなのだが、そのシフォンも主義主張がよく分からない。こいつら、もう少し冷静に話し合うスキルを身につけた方がいいと思うんだけど。なんで問答無用の殴り合い以外に選択肢がないんだよ。脳筋だらけか。

 結局、最終話ではなんか綺麗にまとまった風に見せたわけだが、ノヴァがどうなって、アミリアがどうなって、そしてシフォンがなんでああなったのか、理屈の上ではちょいちょい説明されているけれども、もやっとは残る。挙げ句にラストシーンは確実に「3期へ続く」であり、1シーズンのシナリオとしてはちょっとねぇ。いや、3期があるなら喜んで観ますけども。その際には流石にもうちょっとラナに出番あげて下さいね。

 飛び抜けた個性があった部分で加点だが、最終的なダラダラ感はぬぐい切れずに減点。トータルでプライマイゼロといった感じか。中の人的な盛り上がりはそれなりにあったんだけど、こちらもとっ散らかっちゃったので強く押せる部分がなかったのは残念。能登ライザー先輩がもう少し頑張れればなぁ。あと、一番見ていて楽しそうないず様のキャラが即死だったのもちょっと残念であった。アミリア役の三森も今ひとつ。どうも、彼女はシリアスなところに放り込むと残念な結果になる気がする。ミルキィ、てーきゅう、マイリトルポニーだけで回すわけにはいかないが……うぅむ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
バーコード
ブログ内検索
カウンター