忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[2862] [2861] [2860] [2859] [2858] [2857] [2856] [2855] [2854] [2853] [2852]

「境界の彼方」 6→5

 京アニだから。そういう理由で本当に最後まで苦もなく見られる作品には違いなかったのだが、はてさて、求められているものはこれだったのだろうか。

 まず見るべき点を挙げるならば、もちろんそれは「京アニクオリティ」の一言で片がつく。最終話も当然のようにガンガン盛り上がっていたが、とにかく動き、魅せられる動画の数々。本当に細かい仕草にいたるまでが「京アニですよ」というアピールを繰り返しており、この品質で毎クール1本アニメが見られるだけでも随分贅沢な時代になったと思う。結局「Free!」だってこれだって、こんだけの圧倒的仕事量を見せられてしまえば、何も文句は出なくなってしまうのである。そして、最終的にはやっぱり「未来ちゃん可愛い」というのも評価ポイントになるだろう。今作は様々なサブヒロインはいるものの、基本線が真っ当なボーイミーツガールであり、主人公の視線が他のキャラに移ることはない。徹底的に栗山未来のみを彫り込んでいくことが正しい方向性であり、彼女一人(と秋人)がキャラとして立っていれば作品が完成する。始まった当初は口癖の件とか、趣味の件とか、眼鏡の件とか、諸々が阿漕過ぎて苦笑いものだったが、結局、京アニの作り出す「カワイイ」は、阿漕過ぎるくらいにコッテコテのキャラを作り出した方が食い合わせがいい。そういう意味で、真っ当な「京アニヒロイン」として錬成されていった未来ちゃんは、やはり「可愛い」の最先端にあったのだと思う。

 で、そんな充分な下地はあったものの、どうにも見るべきポイントが定まりきらなかった感があるのが、勿体ない作品であった。真っ当なラブストーリーを作りたいのだったら、流石にもっと共感しやすい土壌を作り出さなければならないだろう。「不死の少年と退魔の女性」という組み合わせは、(ラノベ・漫画界隈では手垢がついているかもしれないとはいえ)流石にイメージして心情を追うのが簡単とは言い難い。特に今作の場合はありがちな「妖怪・魔物」とは一線を画した「妖夢」という存在が非常に曖昧なものになっていて、「虚ろな影」「境界の彼方」といった巨大な存在が、どのようなものであるのかが分かりにくい。そして、「境界の彼方」と同一存在であった秋人が主人公ということで、この曖昧さを乗り越えないかぎりは、ラブストーリーとしての主軸に共感を得ることが出来ないのである。たとえば、同じようにぶっ飛んだ関係性にあった男女関係でパッと浮かぶのは「灼眼のシャナ」の悠二とシャナなんかがある。今思うと今作と似ている関係性だが、この2人の顛末を描くのに、なんと6クールもかかっている。それだけかけても悠二の存在ってのは最後まで完全に理解出来るものではなかったが、そこまでジリジリと世界を作り上げて、ようやく「とにかく2人は結ばれている」ということが分かるわけだ。残念ながら、わずかに12話の世界では、この2人の持つ背景を全て飲み込み、物語として楽しむまでには至らなかった。

 結局、「異能バトルもの」なのか、「青春ラブストーリー」なのか、という主軸がぶれた、もしくは両方を取ろうとしてしまったことが、今作のピントをぼやけたものにした最大の理由だと思う。あちらが立てばこちらが立たず。京アニの実力をもってすれば、「曖昧な存在」と対峙するバトルものも描出するのは別段難しいことではなかっただろうが、それが「可愛い女の子との恋愛もの」と同居すると多少ギクシャクしてくる。いや、普通ならばそこをシームレスに結びつけることは可能なのだが(戦争ものと恋愛要素なんて、普通は切っても切れない関係なのだが)、京アニの作り出す「萌え」は、あまりに純度が高く、他のものに混ぜ合わせた時の浮き上がり方が強すぎるのである。おかげで「萌えパートは萌えパート」「それ以外はそれ以外」という線引きが不必要にはっきりと出てしまい、どうしてもそれが1つの流れに乗りきらなかった。個人的に6話がピークだったってことは、やっぱり私は京アニの絵柄に「萌え」の方を強く求めているのだろうなぁ、というのが分かってしまい、なんだか勿体ない気持ちになった。一度、一切女の子が出てこないようなクッソハードな作品も見てみたい気がするんだけど。ん? いや、Freeはちょっと違う。

 さて、そんなちょっと勿体なかった作品だが、中の人的な話題はそれなりに。なんと言ってもメインヒロイン未来ちゃん役の種田梨沙である。まー、本当に器用な子で、今期も「ストブラ」とコレで萌えヒロインフル回転。阿漕なキャラもきっちり立てて、かなりいいお仕事だったのではなかろうか。また、今作には同大沢事務所から大先輩川澄綾子、Freeに続いて2作連続で出演となった渡辺明乃という、頼りになる先輩方が回りを囲むナイス大沢キャストが実現した。これで一気に種ちゃんもステップアップである。その他若い力は桜役の豊田萌絵、マスコットキャラ愛ちゃん役の山岡ゆりなどの名前が見られる。特に山岡ゆりに関しては、着実に「いい役どころ」を押さえているので要チェックだ。そして、個人的に一番のツボだったのは進藤尚美の京都弁! はぁぁ、やっぱり良いわ。あの声、あのしゃべり方を聞くだけで、静留さんのヤンデレズっぷりが脳裏に蘇る。恰好よくて艶のある、実に大人なグッジョブである。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
7 10
12 16 17
22 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/19 Serra]
[06/19 metalica]
[06/14 DRAKE]
[06/13 NONAME]
[05/30 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター