忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3097] [3096] [3095] [3094] [3093] [3092] [3091] [3090] [3089] [3088] [3087]

「黒子のバスケ(第2期)」 5→6

 相変わらずのクオリティ。まー、今となっちゃジャンプの一大コンテンツになってしまったのだから注力するのは非常に正しいのだろうが、ホント、このクオリティだからこそ実現出来る超次元バヌケのすさまじさは、アニメならではの特別な破壊力があるよね。

 基本的には1期と一緒の感想以外はなんも無い。スタッフがほとんど同じだし、各話の細かい担当スタッフも数が多いから誰かの個性っていう話題もいじりにくい。原作で作り上げた阿呆な勢いをいかに見事なアニメーションとしてアウトプットするかという、I.G.のプライドを賭けた挑戦である。敢えて1期目との違いをあげるなら、より一層バヌケ感が増したということだろうか。これはアニメの作り方の差ではなく、原作がそもそもインフレバトルものになっているので、当然話が進むとより派手になるというだけの話。異次元キャラクターが数を増し、2期目で大活躍してくれるのは、よくネット上では悟空や一護と対決させられているゾーン青峰、立っているだけで化け物の紫原。そりゃ画面だっておかしくなるわ。これに対抗するために当然主人公チームもパワーアップする必要があり、黒子が完全な妖術使いになったり、火神が光速を越えてみたり、もう怪獣大戦争の様相。そりゃ見てて楽しいに決まってるじゃない。一部でも話題になっていた青峰さんのパスブロック(波動砲)とか、そりゃ爆笑しましたよ。バスケで人が死ぬ日も近いよね。

 1期のときから気にしていたのはいわゆる腐向け要素という奴で、「何で野郎が一杯出てくるというだけでそういう餌食になるんだろうなぁ」と心苦しく思っていたのだが、2期になって、もう公式が開き直ってる感があったよね。いや、原作が同じくらいの時期で開き直っただけなのかもしれないけど。ここまでプッシュされてるんなら、もうそれはそれでいいや。多分誰も損しないんだし。私には分からない世界でよろしくやってくれればいい。幸い、リコと木吉の関係性は真っ当に良い雰囲気になってたので、その辺では癒されたわ。火神もあんなナイスバディのおねーさんが家で寝てるのにピクリともしないなんて不能っぷりを見せてないで、もう少し男性視聴者のためにサービスしてくれてもいいのにね。

 中の人については男性キャストがほとんどなのでそんなに書くことも無いのだが、紫原役の鈴村が無闇にはまってたのが好き。スズのどこまでいっても真面目になりきれないような高めの声って、こういうところではまるんだなぁ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2
7 10
12 16 17
22
28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[06/24 NONAME]
[06/19 Serra]
[06/19 metalica]
[06/14 DRAKE]
[06/13 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター