忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[3102] [3101] [3100] [3099] [3098] [3097] [3096] [3095] [3094] [3093] [3092]

「マギ(第2期)」 5→4

 やっぱりあんまり真面目にみられなかったマン。なんでだろう、相変わらず日5との相性があんまり良くないんだ……最初は真面目に観るつもりだったんだけど、途中からだんだん適当になる。

 横目で観てる分には、かなり暑苦しい作品だったのは間違いない。常に画面はなにがしかの賑やかさに渦巻いており、特に後半はずっと戦争模様だったのでいちいち壮絶。このアニメの方がよっぽど「魔法戦争」というタイトルが相応しいんじゃないかと常々思いながらの視聴であった。ただ……正直、毎回同じ画面に見えてしまったんだよなぁ。多分内容を理解してないせいだと思うのだけど、「すげぇ強い奴」がそれぞれ別軸で無数に存在し、それらが好きなように暴れ回り、決め技っぽければ相手は「うわー」ってなるし、そうじゃない場合は「効かないッ」ってなる。いや、バトルアニメなんてそんなもんだけどさ。未だにこの世界における「魔法」の限界が見えてこないせいで、何をやっても「それより上があるんだろ?」と思ってしまうために説得力に欠けるんだ。

 やっぱり個人的には序盤のなんかふにゃふにゃとギャグってる展開の方が楽しかったなぁ。なんで日5枠って思想がぶつかるガチ戦争がこんなに頻発するんだろう。しかも今回はどこぞの学園長の恨み辛みが重すぎて、観てると休日の夕方にどんどんテンションが下がるっていう。最終的には一応救われた形になったけども、かつて迫害を受けたり、命を落とした多数の民衆への救いになっているわけじゃないからなぁ。奴隷問題に関しては1期で既に似たような話をしてしまっており、人道的解決は被ってるといえば被ってるんだよね(扱ってる視点は全然違うだろうけども)。

 そんな中で見るべき点といえば、やっぱり金がかかってることがよく分かる画面作りが1つだが、個人的には、重たい重たいと文句を言いながらも、チョーさんがああいうどす黒い役をやるのが珍しかったので、そこばかり随分聞き入ってしまっていた。あと伊藤美紀の悪役とか、この世界は黒い人間が活き活きしており、そっちの悪辣さを観ている方が楽しかったですね。アラジンとモルさんはさておき、アリババの活躍がちょっと物足りないし。この作品で分かったことは、「ファナリスの民の声はむやみにSphereづいている」。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター