忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4010] [4009] [4008] [4007] [4006] [4005] [4004] [4003] [4002] [4001] [4000]

「放課後のプレアデス」 5→5

 ぬるりと始まり、ぬるりと終わる、謎多き作品。一つだけ言えるのは、一番可愛いキャラは誰かと聞かれたら、そりゃ部長しかいないということである。

 私の回りに1名やたら熱烈なファンがいるので、何か強烈な誘致要因があるのは間違いない作品なのだろうが、いかんせん私はそれにあまり引き寄せられてはいなかった。うん、確かに絵がとても綺麗で女の子が可愛ければ特に不満はない、というのはよくある状況なのだが、それだけに、「そこで終わる」ということもあるわけで。シナリオ面での運び方が特別上手とも思わなかったし、最後まで観ていても(部長を除く)キャラクターにそこまで入り込むこともなかった。多分、キャラの頭身(物理的な意味でなく観念的に)と、物語のフレームとして設定した諸々の世界設定があんまり噛み合ってなかったんじゃないかなぁ。あんまり真面目に観てなかったのであまり突っ込んだ話も出来ないのだが、今作はそのゆるふわっとした世界観の中で、かなりエッジの効いたお話を色々とやっているのである。何しろ多重世界線の話であり、タイムトラベルあり、因果の地平あり。最終的には大地の記憶すら存在しない「起源」まで遡り、そこからの世界創世にまでこぎ着けている。まどマギのように実際に「作る」という巨大な概念まで辿り付いたわけではないが、今作では「ちょっとした少女達の悩み」を、まさに宇宙規模にまで肥大化させて映像化させることで一大冒険譚を作り出すという、本当に頭のおかしいプロットを実行してみせたのだ。

 この発想はとんでもねぇと思うのだが、単に「とんでもない」成分だけが優先されており、それが面白さに繋がったかと言われると、そうではないんだよね。中心となったすばるとあおいの関係性についても、最初から最後まで微妙なところを行きつ戻りつしており、最後にすばるなりの「結論」は出すものの、それもあまり重要ではない。何しろ作品世界自体が「一大決心」というものを多重世界線の1つの誤差みたいに扱っているわけで、「すばるが今そういう決心をしても、それは馬鹿でかい宇宙という観点から見たら本当にどうでもいいよね」という解釈が先に立つ。同様に、みなとの悲壮な生い立ちのお話も「お前がそう思うなら(中略)お前の中ではな」って話である。宇宙の話をしたいなら宇宙ですればいいし、友情や恋愛の話がしたいなら、もう少し地に足つけて正面向いてやってくれ、と思ってしまうのである。

 まー、そうした「普通なら噛み合わないもの」を強引にまぜまぜした結果出来上がった世界は確かに唯一無二のものであり、平気で銀河を飛び出してみたり、光速を越えてみたりという荒技を女子中学生がしれっとやってしまうのは刺激が多いし、天文ショーの紹介番組としてはなかなか興味深く見ることは出来た。「これで女の子の話と繋がってるのかなぁ……」といぶかしがっていたわけだが、くだんの知人がこのアニメを評する言葉の中に「夏色キセキ」っていうタイトルを持ち出してきたので「あっ……(察し)」ってなってどうでも良くなったわ。なるほど、なんか、色々分かった。なお、個人的には今作の比較対象として出したいのは「キャプテン・アー(あっ……察し)

 繰り返しになりますが、部長は毎回とても可愛かったです。というか、藤田咲がやっぱり可愛いのです。咲子が活き活きしてるというだけで、確かに良いアニメだったのかもしれません。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
12
17
24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[10/07 「まくっすみ」だったら完璧だった]
[10/02 metalica]
[10/02 metalica]
[10/02 Chrolony ]
[09/28 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター