忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4014] [4013] [4012] [4011] [4010] [4009] [4008] [4007] [4006] [4005] [4004]

「魔法少女リリカルなのはVivid」 5→4

 んーーーー、大きな失点があるわけではないのだが、「大きな看板をひっさげた作品」の新作としては、どうしても期待が先行してしまう結果に……もうちょっと、何かなかったですかね?

 まず、「大きな失点」は無いけども「失点」はあるんだ。我々にはどうしても「StrikerSの傷」というのが残っていて、「なのは」を掲げた新作には、「StrikerSとは違うんやで、製作会社も違えばお話だって全然違う。そして何より時代が違う!」という部分をばっちり見せてほしかったところなのだが、残念ながら、作画の方があまりピリッとしない。作画大崩壊、ってなほどでもないのだけれど、可愛らしさで勝負しなければならない作品で、女の子にあまりこだわりが見られないのは当然印象が悪いわけで。特に作品後半はアクションも更に多くなり、派手なエフェクト、派手な画面構成でガシガシ戦闘を盛り上げていかないことには、単なる小学生のクラブ活動報告になってしまう。ぶっちゃけ、「なのは」本編で見せてくれたようなしっかりしたストーリーラインとは比べるべくもないのだ。何とか映像面で個性が出せれば良かったのだが……今期のA-1では難しいよなぁ。

 そして、ストーリーラインについても、言ってしまえば「山がない」展開。魔法少女とは名ばかりで、結局これはスポ根部活アニメである。「ハイキュー」とか「弱虫ペダル」に近いジャンルだ。試合展開で見せられるくらいに中身が濃ければ良いのだが、これだけの数のキャラクターが1対1で対決するバトルものが、1クールなんて短い尺で作れるはずがない。加えて、今作の場合には主人公チームが闘志を燃やすための「悪役」が一切存在せず、シナリオにメリハリがつけにくいのである。子供のスポーツ大会なんだから、どの子もそれぞれに目標を持ち、大会まで頑張って練習してきたのは一緒。アインハルトくらいになればそれなりに重たいバックグラウンドもあるだろうが、あまりヘヴィー過ぎる内容にならないように、あくまでも子供たちの健やかな成長が見守れるように統制されているので、どこまでいっても「微笑ましい頑張り」止まり。子供たちの親御さんなら楽しめるのかもしれないが、そうじゃない視聴者が彼女達の奮闘記を追いかけるためには、何かもう少し誘致要因が欲しいものである。結局、「StrikerS」で経験した「キャラが横に広がってしまった後に全員を活躍させようとしても、それはなかなか上手くいかない」という教訓が活かされておらず、「あの子もこの子もみんな頑張ってるけど、尺も無いし筋もないから、何となく流しておくよ」というのに留まっているのである。久しぶりの「なのは」タイトル作品としてはとても勿体なかった。

 まー、これも日常系みたいに数を重ねて、各キャラに愛着が湧いてくれば面白味に繋がる作品になるのだろうが……そこまで続くかねぇ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター