忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4012] [4011] [4010] [4009] [4008] [4007] [4006] [4005] [4004] [4003] [4002]

「シドニアの騎士 第九惑星戦役」 5→5

 あやっぺのスケベが爆発する作品であった……。洲崎派の人には良いご褒美である。

 2期目とは言ってもそんなに1期目と変わる部分もないだろ、と思っていたが、シナリオの要請であったのか、かなり印象は変わったような気がする。1期同様にハードですぷらったぁな部分も残しつつ(特に1話目ではそっち方面への期待もあったが)、今期メインとなったのは、ヘンテコのっぺり生物となったつむぎちゃんとの友情構築物語、そして、そんなつむぎの登場に微妙にやきもきしてみせる乙女覚醒イザナさんのラブのお話。要するに萌えアニメ方向。いや、観ているこっちの目にそういうフィルターがかかってるだけなのかもしれないけど、少なくとも1期の時ほど「宇宙で生き残らなきゃいけないんだぁぁぁ!」「ガウナこえぇ! 殺す殺す殺す!」みたいなノリは少なくなっていたのではなかろうか。

 今作最大の特徴はそのCGワークにあり、ぶっちゃけあまり良いとは思っていなかったのだが、2期目になると「なんか嫌」から「まぁ、いいか」レベルになり、更につむぎの存在によってプラス方向にまで転じてきた感もある。のっぺりした表情しか描けないCGデザインではラブコメとか萌え方向への展開は難しかったはずなのだが、これが逆転の発想なのか、「のっぺりしたCGデザインでも愛嬌があるキャラを描けばいいじゃない」ってんで、触手生物つむぎちゃんが、文字通りに八面六臂の大活躍。ぬらぬらと動きながら時に可愛く、時に切なく。表情豊かに動き回る餅のような謎生物に、ゆるキャラ愛が蓄積していく。そしてここにあやっぺボイスが合わさることで、萌えレベルは格段に上がるわけだ。中盤はずっとつむぎちゃんを愛でるためだけに観てましたね。

 もちろん、流石にそんな奇形生物にメインヒロインを任せるわけにもいかないので、健気なイザナも頑張ってくれました。「性別が揺れる状態からの乙女化」というのもなかなか興味深い題材であり、エロ方向に拡張するとまだまだ伸びしろがありそう。あけすけなエロ描写もこのCGだとなーんか生っぽさが無くなるわけだが、逆にそのおかげで好き勝手なエロシーンが作れたのだと思えば、これはこれで良かったのかも。戦闘シーンとエロシーン(日常シーン)がシームレスに同じデザインで接続されることで、ラストバトルの星白回収みたいなシーンも描けるわけだしね。ほら、スケベが爆発している。

 今回の放送分で原作はどのくらい消化したんだろう。普通に次がありそうな(というかいくらでも続けられる)お話だし、そのうち3期ってことになるのでしょうかね。その時には、更なる星白・つむぎちゃんの活躍に期待したい。あと艦長、あとノリオ、あと熊。

 

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター