忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4186] [4185] [4184] [4183] [4182] [4181] [4180] [4179] [4178] [4177] [4176]

GANGSTA.」 6→4

 ??????? え? おわ? り? うん? どゆこと?

 こんだけ投げっぱなしな終わり方は流石に……え? マジで終わり? 分割2クールでなくて? いや、だとしてもけっこうびっくりなんだが……どういうこと? でもどう見ても番組表には「終」って書いてあるし、公式ページ確認しても最終回って言ってるし……これがこの作品の「終わり」なのかよ。なんにも解決してないし、この後どうなるのか死ぬ程気になるやんけ。どうしたらええねん。

 なかなか難しいところよなぁ。この終わり方から察するに、原作にあんまり良い切れ目が無かったんだろうな。だからって勝手にまとめるわけにもいかないってんで、いっそのこと「分からないまま」で終わらせたと。うーむ、無理矢理オリジナルでまとめるのもそれはそれで駄目だというのがいつも通りの論調ではあるが、こういうのを見せられるとやっぱり良し悪しだとは思ってしまうなぁ……。原作買えば片付く問題でもないよなぁ。

 正直、最近では類をみないほどのぶつ切りエンドなのでかなり戸惑っている。「あかんやろ」とは思うけども、じゃぁどうしたらいいのかなんて分からないし。いつものことなら「アニメ化しなきゃ良かったじゃん」というのが身も蓋もない結論なのだが、このアニメ、割と楽しかったんだよね。だからこそ悩ましい。音響面での貢献もそうだし、こういう「おっさんたちが泥臭く頑張る話」は貴重だから、どうしても見入ってしまった。途中、作画がアウトになったなんて話も聞くのだが、こちら関西圏の放送では総集編も挟まらなかったし、知り合いに聞いたところではなんかものすげぇ紙芝居が他の放送局でながされたらしいが、特にそんなことは無かったし(まぁ、後半怪しいところはちらほらあったが)。別に「目の覚めるようなアクション」とかを求めているアニメでもないので、おっさんたちとか裸のおねーちゃんが野暮ったくズルズルと動いているだけでもいいんだよ。そこに雰囲気が出てくれれば。

 そういう意味では、全体を覆う雰囲気はすごく良い作品だった。「BLACK LAGOON」と比較しやすいのだけど、あそこまでファンキー活劇に寄せるわけではなく、命のやりとりも渋め。それでもニコラスとウォリックの2人が何となく通じてる感があれば不思議と格好良い。他のキャラクターも色々とイカす奴らは多かったし、ベースとなっている物語もスタンダードなものなので特に違和感はない。そりゃ「もう少しメリハリあってもいいかな?」とは思ったけども、「そういう作品なんだ」と言われれば「そうかもしれない」と納得出来る範疇。むしろその中でどれだけ「渋さ」が出せるか、っていう制限プレイみたいな楽しさがあったのだ。

 だからこそこの終わり方はなぁ……。惜しいなぁ……。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
14 16
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
バーコード
ブログ内検索
カウンター