忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4185] [4184] [4183] [4182] [4181] [4180] [4179] [4178] [4177] [4176] [4175]

「がっこうぐらし!」 5→5

 結局何だったかよく分からないままに幕を閉じたがっこうぐらし。いや、やりたいことは何となく分かるんだけどさ、それって意味あるのか、と。

 1話の衝撃は相当なものであったが、その後はずっと「何か精神的に不安定な日常生活」のお話になった。まぁ、ある意味でとてもタイトル通りといえるのだが、常に境界線上にいる微妙なテンションが、どのように視聴すべきなのかと終始悩ませることになる。溌剌萌えっ子アニメとして見ればいいのか、緊迫のゾンビホラーとして見ればいいのか。真逆に位置しているジャンルなだけに、この振れ幅の大きさは慣れないと大変だ。こうして「一見噛み合わないものを1つの作品の中に入れて美味しいとこ取りしよう」というのが今作の狙いだったと思うのだが、「噛み合わないものは噛み合わない」というのが正直な感想。「萌えものとして女の子の日常を見守る」視点の場合には「でも、これって外にゾンビが蠢いてるんだよな……」と思ったら集中出来ないし、「屋上の貯水槽で水着回」なんてやられた日には「いや、おまえらそんなことしてる場合じゃないし、そんな重要な施設で遊んでたらいざというときにとんでもないことになるやろ。水だって無駄に出来ないはずなのに何好き勝手やってんねん」という心配が先に来る。ではゾンビホラーとして緊張しながら見るのが正しいかというと、「でも、さっきまであんなに緩かったしなぁ」というギャップでいまいちのめり込めないし、そもそも、女子高生の数人組で太刀打ち出来る程度のゾンビ、ぶっちゃけ、あんまり単体では恐怖感が感じられない。普段はくるみのスコップでふがいなく倒れているゾンビが、いざクライマックスになって「割と怖かったんです」とか言って存在感をアピールしてきても、どうにもピンと来ない。「いいとこ取り」は「どっちつかず」なのである。

 1話目のようにギャップ・ミスマッチを驚きに変えて新鮮さをアピールする路線ならばこうした設定にも意味はあるのだが、そんなに長らく続くわけでもなく、「実はこういう事態に対応するために用意された特殊施設だった」ネタとかも、普段のおちゃらけのせいで「どないやねん」という印象。なかなかどんでん返しと見るには難しい。ちらちら見た感じだと原作はより「ホラー」要素を強くしてそっち方向の漫画として読みやすく出来ているようだが、アニメの場合には常にオープニングが一定だし、キャラの動きもギャグっぽいパートとホラーでははっきりと差をつける必要があり、なかなか「根底にホラーがあるよ」という雰囲気を維持しにくい。結果的に「混ざり合わない萌えものとホラーものが何となく繋がった作品」に落ち着いてしまったのかな、と。

 しかし、そうしてコンセプト自体に無理があった、というマイナス評価はありつつも、アニメーションとしては一定以上の品質を維持していたのは事実。キャラの可愛らしさを優先で考えれば絵のデザインは非常に良くできていたし、個人的には「ホラー要素が無い方が良さそう」と思ったくらいのノリ。まぁ、命懸けの極限状態という設定だからこそ、個々のキャラクターの絆が描きやすかったというのはあるのだけれど。「萌えとホラーの接合」という無茶なお題を解決する上で、ユキのぶっ壊れたキャラ設定は非常に思い切った、重要なものだ。彼女のキャラが紙一重で成立していたからこそ、今作は一応一本のお話としてまとまったといえる。ただ、他のキャラとの認識の差を埋めるには少々説得力が不足し、彼女の提唱する「学校行事」の是非については疑問の残るところだったが。あとはめぐねえの存在感かな。本作で一番の悲劇が彼女の存在だったわけだが、視聴者が全員分かっているようなあからさまな状況下でも、しっかりと中盤まで引っ張り、時間をかけて「めぐねえの喪失」を描いたのは正しい方向性だと思う。あれだけお世話になったからこそ、悲壮感も際だったわけだし。そのあたりのストーリーテリングは決して悪い作品ではなかった。

 あとは中の人。当然上の2人の名前を出したなら、ゆき役の水瀬いのり、そしてめぐねえ役の茅野愛衣を筆頭にあげるべきだろう。いのすけの安定感は本当に見事。他にもメインキャラでは高橋李依、小澤亜李といった若手が活躍。亜李ちゃんは普段と少し違う役どころでもしっかりと「声の存在感」があり、千代ちゃんパピ路線だけではないことを示してくれた。今後も多方面での活躍が期待されるところ。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[12/09 NONAME]
[12/04 Mei]
[11/25 NONAME]
[11/23 NONAME]
[11/23 Serra]
バーコード
ブログ内検索
カウンター