忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[426] [425] [424] [423] [422] [421] [420] [419] [418] [417] [416]

「キディ・ガーランドKIDDY GiRL-AND」 5→3

 散々各話レビューで書ききっているので大してまとめることもないのだが、やっぱりこの作品は残念である。改めて考えると「前作がそこまで肩入れするほど面白いもんなのか」と言うのも定かでないのだが、それでもやっぱり、思い出が駄目にされるとしょんぼりしてしまうのは致し方ないことだ。

 画面の説得力に関しては、シーズンを通じてそれなりのクオリティは維持していた。一応「萌え作品」にもカウントされるものであろうから、キャラ画が崩れてしまっては話にならない。そういう意味では、一応毎話毎話アスクールやディアは可愛らしいままだったし、例えば5話の細田直人回なんかは素晴らしかった。佐藤順一回とかもあって、実に贅沢なラインナップ。そういう「個々のクリエイターの実力を見せつけられる」媒体としては良い働きをしている。ただ、それだってやはり一過性のものでしかないので、全体的な出来不出来を評価する意味ではプラスにはなり得ない。シリーズ通しての画面作りというなら、むしろ艦隊戦闘のショボさや、その他アクションシーンの淡泊さ、無意味さを嘆く部分の方が多かったように思う。

 そして、最大の問題はやはりシリーズ構成だろう。一応「SF能力者バトルもの」だったはずなので広げようと思えばどこまでも物語は大きくなったはずだが(そして実際に「逆襲のシャア」をやったんだから大きくはなっているのだが)、この白けっぷりはフォローの余地がない。トリクシー・トロワジェインの無駄死にっぷりとかはたまらないものがあるし、ラストバトルのアスクールの覚醒だって、特に理由も見いだせず、誰が強者で、誰が選ばれし者かも分からないままなので驚きもなくて違和感だけが残る。別に前代未聞のびっくりストーリーを用意しろというわけではないのだから、普通に理解出来て、普通に感情移入しやすいレベルの物語構築が出来なかったものか。

 そして、最大の不満点は「どうでもいいメタネタの挿入」。ニコ動ネタに中の人ネタなど、もちろんそれだけでやれば受けるフィールドもあるのだろうが、完全にこの作品にとってはノイズにしかならない。前作にはそうした要素は全く無かったわけで、わざわざ新しく導入する意味が分からない。序盤に客層を引き込むための阿漕な道具立てとして使うだけならまだ許せる部分もあるが、この作品の場合、最も大切な最終話の締めに至るまで、この求められていないネタ要素を入れてきた。この構成は、流石に理解出来ない。一番笑えた部分は何かと聞かれれば、間違いなくDr.モローのアイキャッチだろう。もう、そこだけに特化してくれれば彼の業績も引き立ったものを。

 個々の要素を見れば高水準な部分もあっただけに、本当に勿体ない作品。何が悲しいって、「2作目」がこれじゃ、1作目に戻って視聴しようという新規層が全く期待できないということ。アールヴたちも浮かばれねぇよな。一応、最後にお約束のフォローをいれておくと、メインをはった新人声優達は、手放しで褒められるレベルではないが、割と頑張ってました。内田彩と合田彩、そして高橋夢波。惜しくも衝撃の代表作というわけにはいかなかったが、今後はこの業界で生き残ることが出来るだろうか。ちょっと注目。 

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[11/17 DRAKE]
[11/16 ヴェス]
[11/16 Serra]
[11/13 NONAME]
[11/10 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター