忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4524] [4523] [4522] [4521] [4520] [4519] [4518] [4517] [4516] [4515] [4514]

「金田一少年の事件簿R(2期目)」 5→5

 こともなく。無事に終わってくれましたよ。前番組が「電波教師」だったおかげで、なんか安心感もひとしお。裏番組の「境界のRINNE」も無くなり、ゆっくりこれ一本だけを観ることが出来ました。まぁ、土曜の夕方なので観ながら100%ピック表書いてましたけども。

 本当に「いつも通りに」だし、原作も全部読んでいるものばかりなので一切新鮮さは無いのだが、それでもこうして夕方の時間帯に「金田一」が放送されるっていうのはちょっと嬉しかったり。こちとら直撃世代ですからね。気付けばライバル作品(?)のコナンにすっかり水をあけられてしまった感はあるが、時代が時代ならゴールデンでドラマにまでなっていた大看板なのだ。別にそこまで復権しろとは言わないので、今後も細々と続けていってほしい、伝統芸能である。まー、最近の作品ってそこまで面白味がないのだが……しょうがないよなぁ。犯人当てクイズが無い金田一なんてなぁ。全部このネット社会が悪いんや……。

 今回のシリーズで注目すべきは、久しぶりに放送されたオリジナルエピソードだろう。怪盗紳士も久しぶりの登場。まー、同じ枠で怪盗キッドが散々活躍した後だったのでなんか被ってた気もするけども、単発のオリジナルとしては悪くなかった(トリックの無茶苦茶加減が)。今後ももうちょっと余裕が出てくればオリジナル含みでの新シリーズ製作とかあるのかしら。あと、何といっても今作の良いところは遠慮のないキャストのぶっ込み加減である。みゆきちが好き放題にやっていた「薔薇十字館」、男性キャストが賑やかすぎる「雪鬼伝説」、見事な締めくくりを見せた「狐火流し」。どれもこれも、「キャストだけで真犯人が分かっちゃう」というミステリアニメにありがちな偏りがでないよう、遠慮なくキャストを盛り込みまくり。こういう容赦無いところはやっぱり風格がありますわ。

 さて、後番組は相変わらずミステリ色が衰えず、「逆転裁判」になりますね。果たして、どういう作品になるものか……。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター