忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4709] [4708] [4707] [4706] [4705] [4704] [4703] [4702] [4701] [4700] [4699]

「あんハピ♪」 5→4

 非常に可愛らしい作品でした。寝る前に見ると、夢の中でチモシーに襲われそうなくらいには。

 安定した大沼心作品。過去作の評価を見れば分かる通り、私は基本的に大沼作品のファンである。だからこそ今作もこれまで通りの大沼節を期待していた。そして実際、期待に応えるクオリティのものになっていたのは間違いない。相変わらずコロコロと小さなキャラが所狭しと動き回り、ふわっとした色調の世界観とも相まって非常に可愛らしい印象になっている。合間に挟まるアイキャッチの小気味よいテンポとか、どこかとぼけたテイストも健在。「バカテス」や「のうりん」なんかと同じように、ちゃんと「アニメらしいアニメ」として完成していた。

 ただ、その上で今作はイマイチ「ハマり」きらなかった。画面を見ていて不満は無いはずなのに、どこか退屈な感じがしてしまって、気付くと意識が画面から逸れていることがあった。期待していた大沼作品のパワーに及んでいなかったとでも言えばいいだろうか。まぁ、このあたりは完全に好みの問題にはなると思うのだが……、どのあたりが「足りない」部分だったのかを考えるに、まぁ、元々原作が持ってるシナリオの方向性との相性が悪かったとしか言いようがないか。シナリオの目指してる方向性が、どこか半端な印象だったのよね。

 今作は「きらら」系作品だが、いわゆる日常ものというのはちょいとエッジが効きすぎている。とんでもないキャラクターの属性設定や、謎めいた学校の設定などを考えれば、「ひだまりスケッチ」やら「ごちうさ」「きんモザ」なんかよりも、まさに「バカテス」なんかのラノベ設定の方が近い。掲載誌の類似からいうと「がっこうぐらし」の方がまだ近いジャンルだ。一応物語の縦糸が存在していて、アニメシリーズを通してなにかを目指して進んでいる……のだが、具体的に何を目指しているのかがはっきりしない。毎回幸福クラスの授業という名目でトンデモな課題を出され、それをこなしていく中でヒロイン勢が友情を深めるという展開は、外側こそトンデモ要素だが帰着することはいわゆる日常ものの「友情を深める」と大差無い。前述の例でまとめるなら、「バカテス」のテストや上位クラスとの対決みたいなミッションがあるのだが、その目的は下克上のように劇的なものではなく、「ごちうさ」や「ひだまり」で何となく育んでいるような、日常レベルで事足りる「お友達」のお話。縦糸が伸びているように見えて、その先がどこに向かっているのかという明確な目的意識がないので、どうにも見方が定まりにくいのである。ゴールが無いとなると、毎回思いつきで展開されるような各種イベントについても、「適当にごちゃごちゃした舞台設定を作ってる」ということになってしまう。

 「不幸」という共通したキャラ設定も、なかなか機能させるのが困難な設定だ。1話目時点で既に不安視していたことだが、本当に「不幸」が属性として与えられるなら、彼女達の物語にハッピーエンドがあってはならない。ハナコが本当の意味で不幸なら、救いとなるクラスに配属されることも、沢山の友達に恵まれることも、ひょっとしたらあの歳まで命を長らえることも無いかもしれない。まぁ、そこまで行くと流石にデンジャラス過ぎるが、結局ハナコという中心的存在が「最大級の不幸」を属性として与えられているにも関わらず本人は幸せそう、という存在矛盾が、回りの人間を巻き込んでの「不幸物語」に機能不全を起こしてしまうのだ。また、回りのキャラについても「悲恋」「虚弱」といった「不幸な」ワードで繋がっているように見せかけて、各々の問題の質も、レベルも全く異なっているためにそれらが有機的に絡むことは少ない。特に雲雀の「悲恋」なんかは回りの人間の理解を得られた時点で既に半分解決しているわけで、彼女は既に幸福クラスに在籍する意味すらなくなっている。彼女達が一致団結して目指す「幸福」が何なのか、それが分からないと、どうしたって「ちぐはぐなものの寄せ集め」にしか見えてこず、それを支えているのが最終的に「ハナコの不幸」であり、その「ハナコの不幸」の正体が見えないことには、なかなか物語も定まらないのである。

 まぁ、この辺の不満は重箱の隅を気にしすぎる私みたいな視聴者だけが抱くものなのかもしれないが……こうして、「笑いものにするにしても突っ込みすぎるとマジで可哀相」みたいな設定なので、大沼さんの持ち味であるトバし気味のギャグと完全に噛み合うことがなく、どこかユルユルとお茶を濁しているような雰囲気になったことで、切れ味が鈍ってしまったのではないだろうか。可愛がるだけなら足りているが、せっかくならもう一歩、というのが、ファンとしての贅沢な要望である。

 中の人については、とりあえずハナコ役の花守ゆみりが不動の可愛らしさを発揮していることさえ押さえておけば良いが、メインキャストの中では響役の山村響の達者さが際だつ。本人は地声が割と低い方なのに、こういうキンキンした高音域でかっちりキャラが作れるのは流石だ。そして今作でグイグイ出てきた存在といえばチモシー役の森永千才だろう。同時期にやっていた「アスタリスク」でも「なんやねんこいつ」感が満載で、珍獣枠でしっかりと位置取りを固めた感。ゆーきちとの専門分野争いはどちらが制することになるのか。ま、個人的に一番好きなのは小平先生役の原由実なんですけどね。この「謎めき腹黒美人」をやったときのハマリ方、全能感。やっぱりはらみー最強。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2
11 13
18 20
24 25 27
28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[05/22 NONAME]
[05/21 Chrolony ]
[05/15 Serra]
[05/15 metalica]
[05/15 Chrolony]
バーコード
ブログ内検索
カウンター