忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4717] [4716] [4715] [4714] [4713] [4712] [4711] [4710] [4709] [4708] [4707]

「僕のヒーローアカデミア」 5→5

 無難なところで。どうせ2期があるんだからここで一旦評価する意味もあまり無いのだけども。あー、でも2期目がいつかは発表されてないからなぁ。1年とか間が空くと忘れてしまう可能性もあるな。

 期待されたものを期待通りに、という感じのアニメ化。元々ど派手な能力バトルものなので、そりゃアニメにすりゃ映えるだろう。監督の長崎賢司もどの辺が見せ場なのかはもちろん分かっているし、けれん味あふれる迫力の動画モーションなんかはいかにもな作劇。ちゃんと「格好良いヒーロー」が描けていたという意味では全く問題無いアニメ化だ。ただ、いわゆるジャンプ漫画の法則みたいなところがあってですね、原作に追いついちゃまずいからかなり神経質に「追いつかない速度」を守っていたような部分が少々勿体なかった気も。1話1話を見ていけばそこまで間延びした印象もないのだが、どうしたって序盤の構成は1つのエピソードに山場を置きにくくなってしまうし、後半の盛り上がりもちょっと間尺が長くてダレる部分もあった。漫画連載の場合はあくまでジャンプという雑誌の中の1作品であり、多少盛り上がりが足りなくても「雑誌の一部」として問題無く読めるのだが、これ単体で30分のアニメですよ、と言われれば、どうしたってその中に刺激を求めてしまう。そして、多少詰め気味にすればこの作品なら「盛り上がりのラッシュ」みたいな演出方向でも作れただろうと思われるので、その辺がどうしても引っかかってしまうのだ。まぁ、詰め込んだら詰め込んだで、「駆け足スギィ!」って言われて文句が出るんだろうし、多分原作ファンからすればこっちの方向性がありがたいのだろうが。私の場合は「日5の呪い」があるおかげで、どうしても集中力を欠いてしまい、隅々まで観ることが出来なかったことが悔やまれる。

 まぁ、何を言おうとあくまでも「第1部」だしね。原作は現在もジャンプで盛り上がってますし、2期3期と少しずつ続けていって、ジャンプアニメの生命線として頑張って欲しいところです。現時点でジャンプアニメってコレと「ハイキュー」くらいしか押し出せるもんがないからなぁ(ソーマはそこまでのもんじゃないと思ってる)。

 アニメになって嬉しいのは、やっぱりキャラに声がついて動くというところ。完全に個人的な好みですが、やっぱり梅雨ちゃんがいいですね。個人的にはお茶子よりも梅雨ちゃん。「どっから出してんだ」っていうふざけた声が楽しくて、あおちゃんが色々と充実した仕事をしていることがよく分かるのである。あとは石川プロの声がドはまりしてる飯田くんもナイスなキャラになってたし、全然出番無かったけどMt.レディなんかも好き。そして何と言っても峰田ですね。あまりにも予想通りのテンションで最高でした。あかん、イロモノヒーローしか見てないかもしれん。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
19
25 28 29
30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
[07/15 Hito-oni]
バーコード
ブログ内検索
カウンター