忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[5112] [5111] [5110] [5109] [5108] [5107] [5106] [5105] [5104] [5103] [5102]

「アイドルメモリーズ」 3→3

 なんで最後まで観てた(もしくは録画してた)んだろね。俺にも分からんよ。

 まぁ、ほら、一応今をときめくアイドルアニメだしね。今後の発展も期待できるわけじゃない。続編につながって、「1期からちゃんと観てるわー、ずっと育つと思ってたわー」って言ってみたいじゃない。……いや、別に言いたくないです。ごめんなさい。ほら、画は別に悪くなかったでしょ、良くもなかったけど。

 今作の場合、画がどうとか、曲がどうとか、実写パートがどうとか、そういう諸々を乗り越えてやっぱりシナリオ部分に一切の盛り上がりが無かったのがすげぇと思うんだよ。いや、むしろ盛り上がったのかもしれない。SNSに溺れてひたすらツイッターやインスタに沈み込み本職がなおざりになるアイドルとか、案外世相を斬った内容といえる。……いや、でもあのくだりがあった時点で、なんかもう、ファンだったとしても興ざめになるやん? このアイドル応援するのやめとこ、ってなるやん? 結局目に見えるところで努力からの改善ってほとんど無いのよね。そりゃま、1クールで15分枠なんだからシナリオを進める余裕が無いってのも事実なんだろうけど、それにしたって中身が適当過ぎるだろ。なんだあの最終回。観客は一体どこを見て応援する気になったのかさっぱり分からん。「悪くなかったよな」→「運営がランキングいじってるだろ」っていうネットの圧力が突然生まれて、それによって救われるヒロイングループって……なんかもう、現代のくそったれネット文化を煽ってる作品にしか見えないのですがね。

 結局、その他のアイドルアニメと違って、「アイドルとファン」っていう繋がりが見えず、完全に「このアイドルグループは想像上の産物です」みたいな処理が実感を生まない原因だったんじゃなかろうか。女性向けアイドルアニメだと案外そういう流れは有効なんだけど、スポ根や友情物語の延長で見てしまう身としては、こうして「アイドル的概念の残滓」みたいなものをみせられても。

 これ、2期以降がある……のか……?

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
19 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[07/16 Chrolony ]
[07/15 Hito-oni]
[07/12 seachicken]
[07/07 DRAKE]
[06/24 NONAME]
バーコード
ブログ内検索
カウンター